REPORT

2021.06.11

「幸福に働く」ための働き方改革を。ワークスタイルソリューション創出のために考えるべき「働く人の感情」とは


BtoCに比べて、デジタル化が遅れているBtoE(企業−社員)領域。「スマートワークスタイル」を叶えるには、どのような要素が必要でしょうか。
NTTコミュニケーションズは、データ利活用に必要なデータ収集・蓄積・管理分析等で働き方改革のためのワークスタイルソリューションを提供している各社と共創していますが、そうした企業とともに顧客と向き合うDX Lander(お客様と一緒に新しいビジネスアイディアを発想し、ビジネスを世の中に発表するところまで伴走する水先案内人)の佐藤良幸は、まず熟慮すべきは「働く人の感情」だと語ります。 「働く」に対する価値観が大きく変化するいま、ワークスタイルの変革を促す企業が顧客にどのような働き方を提案できるかをひもときます。
※本稿と連動したC4BASEイベント「理想の働き方を叶えるソリューションを考える~スマートなワークスタイルが当たり前の世の中になるためには~」を開催します。最後にお知らせがありますので、ぜひご覧ください。

コロナ禍のいま考えたい「働く人の感情」

さまざまな企業において、コロナ禍をきっかけに半ば強制的に取り入れられたリモートワーク。これからの働き方をどのようにとらえ、社員にどのような働く環境を提供していくべきかを思念している企業が多くあり、そうした企業向けにサービスを提供する事業者も、多様化する働き方をふまえてサービスを提供していかなければなりません。

「コロナ禍でリモートワークを実践した企業もたくさんあると思いますが、どこでも働けるというメリットを体感できた反面、懸念点も見えてきました。中でも注目したいのは、『働く人の感情』です。
たとえば子どもの体調が悪くなってしまったとき、看病しながら仕事ができることがリモートワークのメリットですが、一方で業務時間に子どもの看病をしていることに後ろめたさを感じてしまうこともあります。会社からは問題ないと言われていても、有給申請しなければいけないのではないかと思ってしまう方も少なくありません。経営層が多様な働き方を謳っていたとしても、実際のシステムと社員の感情にギャップがあるのです。
私がワークスタイル変革のためのサービスを企画検討している企業の方々や、その先の顧客の皆様と働き方について話すとき、共通して行っているのは、まず“ありたい姿”を描くこと。スマートワークスタイルを叶えるには、単に業務効率化を目的としたサービスを導入するのではなく、社員の違和感やギャップを解消し、ありたい姿を実現するために、細かなハードルを一つひとつ超えられるサービスを考える必要があると感じています」(佐藤良幸/C4BASE DX Lander)

実際に“ありたい姿”を設定してのスマートワークスタイルを実現するにあたり、佐藤はテーマの解像度を上げることから始めました。

「例えば『ボーダーレスな働き方とは?』をテーマに据えたとします。このテーマを見ると、『働いているか遊んでいるかわからないほど、仕事と生活が混ざり合っている世界』ととらえる人もいると思います。しかし、ワークショップや、リサーチを進めていくうちに、求められているのはそういった『仕事と生活が完全に混ざり合った世界』ではなく、『仕事と生活を頻繁に行き来できる世界』であることがわかってきます。いわば社員一人ひとりが主となり、生活と仕事をコントロールできる世界です。
このようにコンセプチュアルな言葉の解像度を上げ、ありたい姿を示すことができれば、導入すべきサービスや、その見せ方なども自ずと考えられるようになるはずです。企業がスマートワークスタイルを模索するときに陥りがちなのが、つい目先に見えている課題を解決しようとしてしまうことですが、少し広い視点で『働く』をとらえ直してみと良いのではないでしょうか」(佐藤/C4BASE DX Lander)

「ありたい姿」を描くときの2つのポイント

目先の課題にとらわれず、広い視点で「働く」をとらえることは、“ありたい姿”そのものを描くうえでも大切です。

「目先のことばかりを考えていると、“ありたい姿”は現状をベースにしたイメージに終始してしまいがちです。しかし、それは本当の意味での“ありたい姿”ではないことが多い。そこで私がクライアントに投げかけるのは、『3年後や5年後、どうなっていたいですか?』『どんな状態であれば嬉しいですか?』という問いです。
まずは積み重なったバイアスを外すこと。そしてポジティブな言葉で未来のワクワクする姿を思い浮かべてもらうことができれば、その姿が目標値になると考えています」(佐藤/C4BASE DX Lander)

もう一つポイントとなるのは、企業の中で異なる立場の社員同士の目線を合わせていくことです。たとえば、営業部門と総務部門の社員では、普段の業務内容や成果の出し方が異なるため、働くことに対する想いは違っていて当然。向いている方向を完全に合わせることは難しくとも、言語によって一定の共通認識をつくることができるはずです。さまざまなバックグラウンドを持つ方に参加してもらいながら、まずは大きな視点で「こんな姿を実現したい」という目線合わせをしていきましょう。

“「働く」は生活の一部”をマインドセットに

そして“ありたい姿”を描くときや、導入するシステムについて考えるとき、マインドセットとして意識したいのが、働くことが生活の一部であることを念頭に置いておくことです。

「働き方について考えるとき、働くことだけについて語るべきではありません。『働く』と生活はつながっているもの。『そもそもなぜ私たちは働くのか?』という問いを考えるうえでも大切な視点です。
『働く』を仕事だけで括ってしまうと、仕事という型の中でしか働き方について考えられなくなってしまうので、生活も含めて、『働く』はどのようなものであるべきか、どうあれば嬉しいかを語ると良いのではないでしょうか」(佐藤/C4BASE DX Lander)

多様な働き方を提供する各社の事例

●コクヨ 働き方の実験場「THE CAMPUS」

時代の動きをとらえながら、ビジネスの様々な課題を解決するために、オフィス空間を提案してきたコクヨ。ビジネス環境の変化に伴い、オフィスの在り⽅や働き⽅が変化する中、未来につながる価値を探求するため、様々な専門性や経験を持つ人々と全館通して実験・実践する場所として設立されたのが、働き方の実験場「THE CAMPUS」です。

レポートイメージ

レポートイメージ

“みんなのワーク&ライフ開放区”をコンセプトとし、自社のオフィスに加えて、お客様や地域の方々に利用していただけるエリアを併設。このエリアでは、創造性を刺激するコクヨ製品を取り扱ったショップ、多様な交流や発見をもたらすイベント、心身を満たす食の提供、感性に訴求するアートや緑を通して、働くことや暮らすことをより豊かにする学びや気づきを提案していきます。
施設内には、「創造性を加速させる場」としての役割を果たすためのコンセプトと機能を実装したライブオフィスとショールームがあるほか、新規技術の研究や新事業開発の場としてのラボがあり、他企業との協業も実施予定。親しい仲間と語り合ったり、ゆったりと過ごせる街に開かれた環境を通して、多様で豊かな混ざり合いを生み出しています。

レポートイメージ

レポートイメージ

●NECネッツエスアイ 3Dバーチャルワークプレイス

空間×人×ICTをメインに長年にわたって働き方改革を実践・展開しているNECネッツエスアイ。コロナショックが始まる前から、分散型ワーク(オフィス・サテライトオフィス・在宅ワーク)を推進し、「分散しながらハイブリッドで働く(分散していてもつながる、共創がおきる)」事を目指しています。
しかし、これだけたくさんの人が一度にリモートワークに突入したことで、社内外のコミュニケーション不足、マネジメント機能や会社への帰属意識の低下、雑談やセレンディピティ(偶然性)の減少など、様々な課題が表出しています。こうした課題に対応するのが、3D-VRではないかと考え、実証を開始しています。
参照:NECネッツエスアイ「プレスリリース

レポートイメージ

とりわけ注目されているのが、“共創空間”としての3D-VR。場所や空間の制約なしでコミュニケーションできることに加え、資料・動画・3Dモデル等のデータ共有、3Dペン・付箋等の機能が実装されていることで、社内外との会議やワークショップにも活用することができ、実際に、トークセッションやグループワーク、社員のエンゲージメント向上を目的とした社内イベント開催に活用されています。
現在、ユーザーのプロフィールやVR上での行動・振る舞いのデータをもとに、必然の出会いを創出する機能も準備中で、現実世界とは異なる共創の形の実現が期待されます。

レポートイメージ

レポートイメージ

場所やシステム、制度など、企業ごとの働く環境に慣れてしまうと、働き方を考えるときに視点が凝り固まってしまうもの。ワークスタイルソリューションを提供する各社は、時に顧客が持つ既存の働き方に課題提起をしながら、その企業ならではのスマートワークスタイル構築に貢献していくことが求められます。働き方について半ば強制的に考えざるを得なかったコロナ禍は、顧客の働き方改革を後押しできる絶好のタイミングなのです。

C4BASEイベント情報

「理想の働き方を叶えるソリューションを考える~スマートなワークスタイルが当たり前の世の中になるためには~」
日時:2021年7月2日 (金) 14:00〜16:00
延期となりました。日程決まり次第更新いたします。
場所:THE CAMPUS 東京都港区港南1丁目8番35号

本イベントでは、“みんなのワーク&ライフ開放区”をコンセプトとする働き方の実験場「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」を2021年2月にオープンした株式会社コクヨの植田隆さん、バーチャル空間でワークプレイスの可能性を探るNECネッツエスアイ株式会社をゲストに迎え、これからの働き方について、事例を交えながらお話ししていただきます。

こんな方におすすめです!
・働き方改革のサービス展開をお考えの方
・働き方改革につながる商品・サービスをご担当されている方
(飲食やインテリア、デジタルなど働く環境に関わる全ての商品・サービス)
・働く環境をよくするアイデアをお持ちの方
・シェアオフィスやコワーキングスペースなどを提供している方

登壇者:
株式会社コクヨ 植田隆さん
NECネッツエスアイ株式会社 西川明宏さん、田中涼子さん

ファシリテーター:
NTTコミュニケーションズ株式会社 佐藤良幸(C4BASE DX Lander)

※イベント内容は変更となる場合があります。

SHARE

共創のご相談、記事や
イベントに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

CONTACT

c4BASE

このページのトップへ

C4BASE

JOIN C4BASE
C4BASEに参加する
JOIN C4BASE
C4BASEに参加する

JOIN C4BASE
C4BASEに参加する
JOIN C4BASE
C4BASEに参加する