Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

ネットワークと端末の保護施策を強化し、利便性を改善

「新たなシステムで当社が目指したのが、従来の環境で達成されていたセキュリティレベルは維持しながら、社員が『使っていて気持ちのいいシステム』を追求することでした」と久野氏は言う。

このコンセプトの下、同社はオフライン環境での作業が容易なファットクライアントへのリプレースを前提に、ネットワークや端末の保護施策を拡充する方針を決定。具体的には、SSL-VPNをはじめとするセキュアな通信環境の下、統合型ソリューション「Microsoft 365」ベースで業務を行う環境を用意することにしたという(図1)。

図1●NTT Comが構築したファットクライアントベースのモバイルワーク環境

図1●NTT Comが構築したファットクライアントベースのモバイルワーク環境

クラウド、エンドポイントの両側で複合的なセキュリティ対策を施すとともに、
SOC(Security Operation Center)による不審な通信の監視・分析も行う

NTTコミュニケーションズ株式会社
システム部
主査
銅直 峻志氏

「まずネットワークについて、各端末は常時インターネットとSSL-VPNの両方に接続しますが、利用するサービス/アプリケーションに応じて、どちらのネットワークを使うかを自動的に判別する仕組みを実装しています」とNTT Comの銅直 峻志氏は紹介する。これにより、ユーザーがアクセス先のシステムを意識してVPN接続を行ったり、セキュアブラウザを起動したりする手間は必要なく、安全性が担保される形にした。

また「Microsoft 365」は、セキュリティを強みとするOS「Windows 10 Enterprise」と「Microsoft Office 365」、さらにエンドポイントセキュリティ対策「Enterprise Mobility+Security」で構成される業務ツール。これを標準ツールに採用することで、マルウエア対策から暗号化、多要素認証まで、必要なセキュリティ対策を網羅的に揃えた。

さらに、配布する端末自体にも生体認証機能を搭載。一層のセキュリティ強化を図るとともに、Microsoft 365各サービスへのシングルサインオンも実現し、業務開始時の手間や時間を削減している。

「加えて、端末と社内システム/クラウド間の通信は、当社のSOCがリアルタイムに監視・分析を行っています。これにより、不正アクセスなどの早期発見と、万一のインシデント発生時の迅速な対応を可能にしています」と新村氏は付け加える。

働き方改革(ワークスタイル変革)に
関するサービスの

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

社内共有資料にお役立てください

働き方改革(ワークスタイル変革)に
関するサービスの

印刷用ページ

印刷用ページはこちら

働き方改革(ワークスタイル変革)に
関するサービスの

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから