Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

セキュリティを意識するあまり便利さが犠牲に

そもそもNTT Comは、ICTを活用した働き方改革に率先して取り組んできた企業でもある。例えば、同社がテレワーク制度を導入したのは約9年前。在宅勤務に限らず、社外からいつでも、どこでもモバイルPC経由で業務システムにアクセスし、仕事が進められる環境を当時から整備してきた。

NTTコミュニケーションズ株式会社
システム部
第三システム部門
担当部長
久野 誠史氏

「ネットワークや情報システムを扱う企業である以上、当社自身もお客様に対して恥じないICT環境を整備する必要があります。そのため、業務上の必要なデータはすべて厳重なセキュリティ対策を施した社内のオンプレミス環境に置き、端末側には一切のデータを持たせないシンクライアントによるVDI環境を整備してきました」と同社の久野 誠史氏は語る。

ところが近年、この仕組みにおいて、社員から利便性における不満が寄せられるケースが増えていたという。

例えば、通信の利用が前提となるシンクライアントでは、営業担当者が客先でプレゼンを行おうとしても、ネットワーク接続しなければ資料を開くことはできない。また、新幹線での移動中など、通信が不安定な状況では、接続が切れるたびに業務を中断せざるを得ないといった問題があったのだ。

NTTコミュニケーションズ株式会社
アプリケーション&コンテンツサー
ビス部
アプリケーションサービス部門
第一グループ
担当課長
新村 道哉氏

「安定したネットワーク環境下でも課題はありました。作業を開始しようとPCを立ち上げても、セッションを確立する際の処理によって待機時間が発生してしまうのです。さらに、シンクライアントにアクセスするためには何度もID/パスワードの入力を行わなければならないという不便さもありました」と同社の新村 道哉氏は明かす。場合により、作業が開始できるまでに10分以上かかってしまうケースもあったという。

セキュリティを重視するあまり、業務上の便利さが犠牲になっている。このままでは生産性の向上にはつながらないと感じた同社は、改善策を検討し始めた。

働き方改革(ワークスタイル変革)に
関するサービスの

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

社内共有資料にお役立てください

働き方改革(ワークスタイル変革)に
関するサービスの

印刷用ページ

印刷用ページはこちら

働き方改革(ワークスタイル変革)に
関するサービスの

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから