Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

既存PBXの一斉クラウド化に踏み切る

実はコスト削減の観点からPBXを撤去しようという動きは以前からあった。

「クラウドサービスであるArcstar Smart PBXなら、これまでオンプレミスのPBXの運用管理にかかっていたコストなども削減できる上、社員に貸与したスマートフォンを内線電話として使うことで、コミュニケーションを改善して、外出中の社員のスキマ時間の有効活用にもつながる。コスト削減と働き方改革の2つを両立できるのは大きな魅力でした」と野阪氏はArcstar Smart PBXの導入を決めた理由を語る。

全拠点の既存のPBXの中には、保守契約を残しているものもあったが、管理をシンプルにするために同社は一斉にリプレースすることを決めた。

エネサーブ株式会社
総合システム室
室長
西澤 徹 氏

同時に社内の固定電話(ビジネスホン)については必要最小限にして、IP-Phoneやスマートフォンへと入れ替え。「Arcstar Smart PBXは、スマートフォンにアプリをインストールすることで内線端末として利用できる。営業職を中心に配布するスマートフォンも簡単に内線端末としても活用できます」と同社の西澤 徹氏は説明する。

現在、会社の代表電話にかかってきた電話も、社内からそのまま内線で保留転送が可能だ。これにより営業担当者や技術者は、顧客や取引先などからの電話を直接受け、素早く対処するようになった。

また、社員同士の連絡も相手がどこにいるのかを気にすることなく、通話コストのかからない内線電話で互いに通話を行っている。「いったん内線にかけてから外線でかけ直す」「外出している社員の帰りを待つ」といった二度手間はなくなった。「携帯は緊急時だけという心理面ハードルもなくなり、相手がどこにいるのかを気にせずに、気軽に電話をかけています」と西澤 稔氏は話す。

図●現在のエネサーブの電話システムの構成

図●現在のエネサーブの電話システムの構成

クラウド型PBX(Arcstar Smart PBX)によって、
PBX設備を持たずにスマートフォンを活用した内線化が実現されている

この記事のキーワード

働き方改革(ワークスタイル変革)に
関するサービスの

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

社内共有資料にお役立てください

働き方改革(ワークスタイル変革)に
関するサービスの

印刷用ページ

印刷用ページはこちら

働き方改革(ワークスタイル変革)に
関するサービスの

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから