Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

ニューノーマル時代のコールセンター、営業所、店舗運営へ! 密集を避ける対策が急務のなか「顧客応対の見直し」と「業務効率化」を実現

新型コロナウイルスの影響により、コールセンターの顧客応対、営業所、店舗などでの販売業務の見直しを検討されている企業が増えています。在宅勤務の導入は職場の密集を避ける有効な手段の1つですが、その際に懸念される顧客応対力を底上げし、業務を効率化する対策をご案内します。

  • 01

    出社前提のコールセンターにも在宅勤務の波

    本来、コールセンター業務に在宅勤務を導入するにはクリアすべき条件が多く、きわめて採用率は低い状況でした。しかし、コロナ禍で潮流が変わり、社員の健康面を優先して在宅勤務を採用するケースが増える見込みです。

  • 02

    密を避けて出社率を落とせば顧客応対や販売にも影響

    在宅勤務へのシフトといった出社率を抑える三密対策において、加えて配慮すべきは従来の顧客応対、販売業務が回らなくなり、顧客満足度や業績を低下させてしまうリスクを最小限に抑えることです。この取り組みは台風、豪雨などの災害時の事業継続への備えにもなります。

コールセンター、営業所、店舗の顧客応対を一新しませんか? コールセンター、営業所、店舗の顧客応対を一新しませんか?

お客さまをお待たせしない&本来の業務に集中できるニューノーマル時代の新たな顧客対応基盤をご提案します。 お客さまをお待たせしない&本来の業務に集中できるニューノーマル時代の新たな顧客対応基盤をご提案します。

 図:コールセンター、営業所、店舗の顧客対応基盤、業務工程イメージ

このページのトップへ