Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

次世代のマルウェア対策は脅威への知性を備えた、高機能Webフィルタリング

印刷

サイト改ざんには、「評判」機能で対抗

日々、巧妙化するマルウェア対策をより強固にするため「次世代Webフィルタリング」ともいえる機能を搭載した製品/サービスが登場しています。その1つが「レピュテーション機能」です。レピュテーションは「評判」という意味で、カテゴリーだけでなく複数の要素によってWebサイトの安全性を判断する手法です。その要素には、「マルウェア感染」「改ざん履歴」「フィッシング」「スパムメール送信元」「IPアドレス」「更新履歴」などがあります。こうした情報を常時収集し、レピュテーション専用のデータベースに蓄積していきます。

そして、ユーザーがあるWebサイトにアクセスしようとすると、Webレピュテーション機能がそのWebサイトについてのデータベースを参照し、危険な要素がないかチェックします。例えば、過去に改ざんされた履歴があり、IPアドレスが頻繁に変更されている場合は、「危険なWebサイトである可能性が高い」と判断されます。このように複数の要素からWebサイトの安全性をチェックするのがWebレピュテーション機能です。

NTT Comの「Enterprise Cloud」で利用できるManaged WAFでは、攻撃通信や不正アクセスの検知/防御を行うWAF(Webアプリケーションファイアウォール)機能、アンチウイルス機能に加え、IPレピュテーション機能をセットとすることで、より強固なWebアプリケーションサーバーへのセキュリティを提供しています。

この記事のキーワード

関連サービス