Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

上司のパソコンがランサムウェアに感染!繁忙期にパソコンが使えなくなり現場が混乱

印刷

このようなマルウェアによる被害を防ぐ上で重要となるのは、ウイルス対策ソフトの適切な利用です。ただ、昨今ではウイルス対策ソフトでは検知できないマルウェアも多く、それだけでは十分な安全を確保することはできません。そこでセキュリティ対策の新たなトレンドとして広まっているのが、さまざまなポイントでセキュリティ対策や監視を実施する「多層防御」と呼ばれる考え方です。

具体的には、不正侵入の挙動の検知や感染防止、社内での拡散防止、ネットワーク上の異常な振る舞いの検知など、複数のセキュリティ対策を組み合わせます。その上で異常な通信やマルウェアの侵入などを検知した場合には迅速に対応を図り、被害を最小化するというものです。NTTコミュニケーションズでは、クラウド上のサーバーを保護する多様なセキュリティサービスを提供する「Enterprise Cloudセキュリティオプション」や、セキュリティ専門家が企業のリスクマネジメントをさまざまな形で支援する「WideAngle」、未知のマルウェアを検知して被害を最小化する「マイセキュア ビジネス」などを提供しており、マルウェアや標的型攻撃への多層防御による一元的な対策を可能にしています。

ランサムウェアだけでなく、標的型攻撃やサーバーに対する不正アクセスなど、企業を狙ったサイバー攻撃は続発しているのが現状です。少しでも不安があるのであれば、大きな被害を受ける前に対策を見直すべきでしょう。

関連サービス