日本 Select Language : English 日本語

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

×閉じる

Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ITマネジメント(内部統制)

IT技術やインターネット、クラウドサービスの進化により、今では個人用デバイスでも業務を行うことが可能になりました。こうした状況は、働き方改革の主要な施策であるリモートワークを後押ししますが、同時に企業が【続きを読む】

スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスの進化によって、個人が持つデバイスでも業務が可能になりました。これは業務効率を向上させるという意味では効果的ですが、一方で大きなリスクも伴います。その1つが【続きを読む】

社内システムやグループウェアへのログイン、PCへのリモートアクセスなど、ビジネスシーンのさまざまな局面において個人認証が使われるようになりました。一方で、情報漏えい事件が頻発し、個人情報が大量に流出している昨今【続きを読む】

Office 365などのクラウドサービス活用で業務の生産性向上、働き方改革に取り組む企業が増えています。インターネット接続が前提となるクラウドサービスを利用することで、企業ネットワークが「遅く」「重く」なるトラブルが多発。その原因はどこにあるのか、どのようにすれば改善できるのかを解説します。【続きを読む】

サイバー攻撃の手法は日々進化しており、昨今では“人の脆弱性”を狙ったソーシャルエンジニアリングの手法を組み合わせた攻撃が使われるようになってきました。その代表例といえるのが「BEC:ビジネスメール詐欺」です…【続きを読む】

フィッシング詐欺やBEC(ビジネスメール詐欺)といった、ソーシャルエンジニアリングの手法を使用したメール攻撃が急増しています。これらは、人間心理の隙を突くため、受け手側もうっかりひっかかってしまうことが多くなっています…【続きを読む】

企業へのサイバー攻撃の約9割が、「メール」を経由したものといわれています。それだけにメールを巡るサイバー攻撃とセキュリティ対策の攻防は激しく、サイバー攻撃者は次から次へと新たな手法を生み出してきました…【続きを読む】

マルウェアの種類は多彩で、新種が発生するとそれを改変した亜種も大量に登場します。これらは巧妙化、複雑化が進んでおり、マルウェア検知には、セキュリティ対策ソフトによる「検知」だけではない防御手法が求められます…【続きを読む】

マルウェアに感染する経路は、メールとWebアクセスによるものがほとんどを占めています。このうちWebアクセスにおけるリスク対策については、ブラックリストやホワイトリストを使ってアクセスを制限する…【続きを読む】

かつては「怪しいWebサイトにアクセスしなければ大丈夫」ともいわれていた「マルウェア対策」。しかし、最近では企業や組織の正規サイトが改ざんされ、マルウェア配布サイトとして悪用されるケースが増えています…【続きを読む】

企業で使用するPCやサーバーでは、OSに加え複数のアプリケーションが動作しています。これらのOSやアプリケーションにはしばしば脆弱性が発見され、修正パッチやアップデートが提供されます…【続きを読む】

昨今、Webサイトからの情報漏えい事件・事故が増えていますが、その多くはWebアプリケーションの脆弱性を悪用されたものです。こうした脆弱性が発見されると、開発元などから修正パッチなどが提供されますが…【続きを読む】

全国に事業所を展開する企業の多くは拠点間を結ぶ企業ネットワークを導入。円滑なコミュニケーション、迅速な情報連携など、その役割は多岐にわたります。一方で近年では拠点間通信が「遅い」「重い」といったトラブルが多発。その原因はどこにあるのか、どのようにすれば改善できるのかを解説します。【続きを読む】

経済産業省が発表した「2025年の崖」では、DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みが遅れることで、日本企業が直面する暗い未来を予言しています。また一般社団法人日本情報システム【続きを読む】

日本企業の海外進出先は中国やベトナム、タイ、ミャンマーなど多様化する一方です。ところが海外進出の過程においてさまざまな問題に直面するケースも少なくありません。代表的な例として挙げられるのが「現地における適切なシステム運用管理手法の確立」です。日本国内であればヘルプデスクの設置や運用により、大半の問題はクリアにできますが、これが海外になると勝手が大きく異なってきます。海外拠点におけるヘルプデスク設置、運用のヒントをご紹介します。【続きを読む】

日本国内のテレワーク環境の導入状況は、大企業が23.6%であるのに対し、社員500人未満の中堅中小企業では4.7%にとどまっているという調査結果があります。この導入格差の大きな要因は3つあります。1つ目の導入障壁は「慢性的なIT人材不足」です。情報シ【続きを読む】

2019年、2020年に様々なイベントが立て続けに日本で開催されます。いまから楽しみにしている方も多いかと思いますが、一方で注目度の高いイベントだけに、サイバー犯罪者は日本へ攻撃を仕掛けるチャンスと考えています。そこで2020年に向けて増加すると思わ【続きを読む】

ict技術やデバイスの進化により、個人保有のスマホやタブレット、ノーとPCなどを業務使用するBYOD (Bring your own device)が拡大しています。一方、セキュリティ面のリスクが増大していることも忘れてはなりません。「従業員のノート【続きを読む】

企業や団体、自治体などからの個人情報の漏えい事件が後を絶ちません。しかも、そのほとんどが攻撃を受けた組織ではなく、第三者からの指摘による発覚です。なぜサイバー攻撃者はデータを気づかれることなく盗み出すことができるのでしょうか。典型的な個人情報漏えい事【続きを読む】

標的型攻撃や不正送金、情報漏えいなどによる被害が後を絶ちません。こうした被害を防止するためには、マルウェアに感染させた「ゾンビPCやIoT機器」などを操って情報を盗み出すC&Cサーバとの通信を遮断する手段が有効です。そのひとつが、C&C(コマンド&コ【続きを読む】

従来の標的型攻撃や不正アクセスだけでなく、IoTデバイスや仮想通貨などにも拡大しているサイバーセキュリティ・リスク。次々と登場する新たな脅威にどう対応すれば良いのでしょうか。セキュリティリサーチャであり、OWASPの活動や総務省CYDER実行委員なども務める岡田良太郎氏が、2019年に企業が計画的に取り組むべきセキュリティ対策について、5つのヒントを紹介します。【続きを読む】

2019年に企業が取り組むべきセキュリティ対策について5つのヒントとは?前編では、ビジネス推進のステークホルダー拡大の影響、また働き方改革によるワークプレースの多様化について解説しました。後編では、情報システムの管理において不可欠なアップデートマネージメントについて、また広範なクラウドサービスでのセキュリティ、企業におけるセキュリティ実践のリーダーシップとスタイルについて紹介します。【続きを読む】

最初にクラウドありきの事業変革は、ときに想定外の悲劇を招きます。「サーバーをクラウド基盤に移行したのに、思うような成果が得られていない」【続きを読む】

モバイル決済の普及に加え、AIやFinTechなど、イノベーションの進展に合わせて、付加価値の高い金融サービスを創出する明るい話題がある一方、最近の金融セクターを巡るサイバー攻撃の状況をみると、ランサムウェア攻撃やメール詐欺による被害など、金融システムの信頼に関わる大規模な被害が発生しています。【続きを読む】

場所を問わずにネットワークに接続できる無線LANは便利な技術ですが、セキュリティ面での注意も必要です。家庭利用とは異なる、企業における無線LANセキュリティのポイントを解説していきます。【続きを読む】

国内のIoT市場は2017年の約4,850億円から2020年に1兆3,800億円へと急速に拡大すると予測されており、2018年以降、企業のIoTへ向けた投資意欲の高まりとともに、加速度的に市場成長が見込まれます。業界における標準的なビジネス手法や採用技術を短期間のうちに塗り替える可能性を示します。【この続きはダウンロードしてご覧ください】

※フォーム入力ページに遷移します。フォームの項目を入力後、PDFをダウンロードしてご覧ください。

Webサイトがビジネスにおいて大きな役割を担うようになった今、その存在を脅かすDDoS攻撃は企業にとって大きなリスクとなっています。ただDDoS攻撃の対策は難しいことも事実であり、多くの企業が頭を悩ませています。このDDoS攻撃からビジネスを守るために、具体的にどのような対策を講じるべきでしょうか。【続きを読む】

マルウェア感染による情報漏えいや、重要ファイルを人質にした身代金の要求など、サイバー攻撃への対策に不備があると企業活動が大きな被害を受ける可能性があります。こうしたサイバー攻撃への新たな対策として、注目され始めているのが「インターネット無害化」と呼ばれる手法です。【続きを読む】

機密情報の漏えいや重要ファイルを人質にした身代金の要求、あるいはIT環境の破壊など、サイバー攻撃への備えが欠けていると、甚大な被害をもたらす可能性があります。セキュリティ対策を経営課題の1つとして捉えているとはいえ、新しい手法や取り組みでさらにセキュリティを強化したいと考える企業も多いのではないでしょうか。その対策として今、急速に注目を集めているのが「Web分離」です。【続きを読む】

企業が、クラウド等のICT基盤を活用してビジネスを加速する時、運用フローや体制をどのように設計するかは、非常に重要なポイントです。例えば、国内・海外で新しいビジネス展開を行う際や、新システムを構築する際など、アプリケーション側、ICT基盤側、それぞれ誰がそのシステムを運用するのでしょうか。【続きを読む】

いまクラウド化が困難なオンプレミス環境を持つ多くの企業で「ハイブリッドクラウド」の導入が進んでいます。しかしハイブリッドクラウドにはさまざまな利用形態があり、事前の充分な検討、準備なしには想定した効果は得られません。そこで失敗しないハイブリッドクラウド活用のヒントをクラウドスペシャリストがわかりやすくムービーで解説します。【続きを読む】

今、企業が自社システムをクラウドに移行する際に、「ハイブリッドクラウド」の形態をとることが多くなってきています。これは、企業内には低コストで、利便性の高いクラウドに適したシステムと、セキュリティ要件が高く、すぐにはクラウド化できないシステムの2つの側面があり、それを同時に管理し、最適化することが求められているからです。【続きを読む】

情報セキュリティ対策を考える際、「セキュリティに詳しい人材がいないから対策が進まない」などと考えてはいないでしょうか。【続きを読む】

ランサムウェアを使って多くの企業に影響を与える、大規模なサイバー攻撃が立て続けに発生するなど、インターネットにおけるセキュリティリスクは高まり続けているのが現状であり、対策の強化は喫緊の課題となっています。【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ