Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録
  • ICT Business Online TOP
  • クラウド
  • Enterprise Cloud 2.0 上で、オープンソース「pfSense」、「pound」を利用してファイアウォール、ロードバランサーを構築してみた

Enterprise Cloud 2.0 上で、オープンソース「pfSense」、「pound」を利用してファイアウォール、ロードバランサーを構築してみた

印刷

NTTコミュニケーションズのICTビジネスオンライン編集部です。

機能拡張されたEnterprise Cloud(以下、ECL2.0)では、ネットワーク系のメニューとして高機能なファイアウォール(Brocade 5600 vRouter)、Managed Firewall/UTMおよびロードバランサー(NetScaler VPX)を提供しており、ご利用いただくことが可能です。 しかし、もっと簡易にお手軽にファイアウォールやロードバランサーを利用したいという方向けに、今回オープンソースの仮想アプライアンスやソフトウェアを利用してEnterprise Cloud 上でファイアウォール、ロードバランサーを構築してみました。

1.ファイアウォール

仮想ネットワークアプライアンス用のISOイメージとして提供されている「pfSense」を利用します。
公式サイトはこちら

では、さっそくはじめていきます。

1.1 pfSenseのインストール方法

はじめに、pfSenseサイトよりISOイメージをダウンロードします。

「pfSense-CE-2.3.2-RELEASE-amd64.iso.gz 」をダウンロードしました。

ECL2.0のカスタマーポータルにログインして、「クラウドコンピューティング」をクリックします。 以降、文中出てくるポータル操作の詳細はKnowledge Centerのチュートリアルを参照ください。

  • イメージ保存領域のご利用方法
  • 仮想サーバーのご利用方法

など

「サーバー」>「仮想サーバー」>「イメージ保存領域」をクリックします。

プライベートテンプレート/ISOアップロード機能より、最初にダウンロードしたpfSense のISOイメージをアップロードします。

イメージを作成します。

③ ②でアップロードしたテンプレートよりインスタンスを作成します。

この記事のキーワード