日本 Select Language : English 日本語

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

×閉じる

Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

クラウドで進化する仮想化基盤 vol.2

社内IT基盤とパブリッククラウドを組み合わせて利用するハイブリッドクラウドを効率的に運用するためには、社内IT基盤の運用手順や管理者のスキルセットを大きく変えないでパブリッククラウドを管理できる事が必要です。パブリッククラウドを利用することで現在の運用がよりシンプルになるような工夫が必要となります。

例えば、現在社内の仮想化環境で使用している管理ツールで、社内環境とパブリッククラウドを全く同じように運用管理できれば、以下のステップで、無理のないペースでITの俊敏性を高めることができます。

  • 現在使用している管理ツールにパブリッククラウド環境を登録し利用を開始
  • 馴染みのある移行手法でパブリッククラウドへシステムを移行
  • クラウド移行が完了したシステムのハードウェアを廃棄
  • 管理対象のハードウェアが減ることにより、運用工数が軽減
  • 運用工数が減ることにより、新しいソリューションの開発により多くの時間が使え、環境の変化への対応が迅速になる

NTT Communicationsの機能拡張したEnterprise CloudサービスではIT基盤のハードウェアがクラウドサービスとして提供されており、パブリッククラウド上に慣れ親しんだ仮想化基盤を構築することが可能になっています。

前回の記事では主にアプリケーションの移行性の観点から、こうした「持たない仮想化」あるいは「仮想化基盤-aaS」の優位性をご案内しましたが、今回は運用性の観点からの利点をご紹介しました。運用のシンプル化を促進し、ITサービスの俊敏性を実現する方法として「仮想化基盤-aaS」をぜひご検討下さい。

ソリューション紹介

Enterprise Cloud ベアメタルサーバー
最低利用期間なし、初期費用なしのサービス型で、占有型の物理サーバーを利用できるサービスが「Enterprise Cloud ベアメタルサーバー」です。この物理サーバー上に仮想化基盤ソフトウェアを組み込み、プライベートクラウドとして利用することが可能です。

関連記事

この数年で飛躍的な発展を遂げているクラウド市場。今まで様子見をしていた企業も、いよいよ現実的に導入を検討せざるを得ない段階まできていると言っていいだろう。そこでクラウドNAVI編集部では、実際にクラウド導入した企業にヒアリング調査を実施。【続きを読む】

いまクラウド化が困難なオンプレミス環境を持つ多くの企業で「ハイブリッドクラウド」の導入が進んでいます。しかしハイブリッドクラウドにはさまざまな利用形態があり、事前の充分な検討、準備なしには想定した効果は得られません。【続きを読む】

日本各地に拠点を設立しているが、拠点間を接続するネットワークに問題があり、システムを安定して使えないといった状況が生じている。また、拠点によってセキュリティ対策の内容が異なるなど、ガバナンス面にも問題がある。【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ