日本 Select Language : English 日本語

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

×閉じる

Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

エバンジェリスト対談 2020年に向けたエンタープライズクラウドの展望

2020を見据えたクラウドの展望とは

桂島:

ヴイエムウェアでは、「SoftwareDefined Data Center」という、サーバー上でストレージやネットワークの機能もソフトウェア ベースで実現していくアーキテクチャを提唱しています。10年前、サーバーの仮想化技術を利用している会社は少数派でしたが、今や当たり前になっています。同じように、今はネットワークやストレージまでを仮想化している会社は少なくても、10年も経たないうちにソフトウェアで動く時代になると思っています。

ネットワークやストレージが仮想化されると、低コストで俊敏なクラウドサービスが提供できるようになるので、その点でもNTTコミュニケーションズさんとご一緒したいと思っています。近い将来Enterprise CloudにVMware NSXやVMware Virtual SANのようなネットワーク/ストレージ仮想化を実装しサービス提供頂ける事を楽しみにしています。

林:

今後、クラウド化を進めるNTTコミュニケーションズでも、「グローバルクラウドビジョン」の中でサービスのSoftware Defined(SDx)化を謳っています。今後はネットワークを含め、フルレイヤーでソフトウェア化を推進することになるので、その点でもヴイエムウェアさんと強く連携できるのではないかと考えています。

私個人としては、「Software Defined(SDx)」は、将来的に「AI-Defined(AIx)」のようにソフトウェアの延長線上で、AIがあらゆることを自動で定義できるようになるのではないかと思っています。そうなると、両社の連携がますます重要になりますね。

サービス紹介

Enterprise Cloud
NTT Comの「Enterprise Cloud」であれば、VMware vSphereをクラウド環境でも利用可能なため、既存のシステムを非常にスムーズに移行することができます。従来蓄積してきた運用ノウハウをそのまま継承できることも見逃せないポイントでしょう。

関連記事

この数年で飛躍的な発展を遂げているクラウド市場。今まで様子見をしていた企業も、いよいよ現実的に導入を検討せざるを得ない段階まできていると言っていいだろう。そこでクラウドNAVI編集部では、実際にクラウド導入した企業にヒアリング調査を実施。【続きを読む】

いまクラウド化が困難なオンプレミス環境を持つ多くの企業で「ハイブリッドクラウド」の導入が進んでいます。しかしハイブリッドクラウドにはさまざまな利用形態があり、事前の充分な検討、準備なしには想定した効果は得られません。【続きを読む】

日本各地に拠点を設立しているが、拠点間を接続するネットワークに問題があり、システムを安定して使えないといった状況が生じている。また、拠点によってセキュリティ対策の内容が異なるなど、ガバナンス面にも問題がある。【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ