日本 Select Language : English 日本語

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

×閉じる

Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

クラウドネイティブの新常識「OpenStack」とは(後編)OpenStackで作るプライベートクラウドの「実力」

オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアとして利用が進む「OpenStack」について、「日本OpenStackユーザ会」会長の水野伸太郎氏とNTTコミュニケーションズのクラウド・エバンジェリストである林雅之氏にそれぞれ「クラウドネイティブの新常識「OpenStack」とは」と題して、関連テーマについて語っていただきました。


NTTコミュニケーションズ株式会社
クラウドサービス部 クラウド・エバンジェリスト
林 雅之氏

オープンソースで開発が進められているクラウド基盤ソフトウェアである「OpenStack」は、商用クラウドサービスでの利用が広まっているほか、プライベートクラウドを構築する際にも活用されています。OpenStackは拡張性や柔軟性の高さが最大の特徴であり、ビジネスの変化に応じたスピーディな開発や、大幅なコストダウンが図れるほか、さまざまなメリットがあります。

今回は企業がプライベートクラウドを構築する背景や、そこでOpenStackを採用する理由などについて、NTTコミュニケーションズのクラウド・エバンジェリストである林雅之氏に解説してもらいました。

今、パブリックではなく“プライベート”を選ぶ理由

既存のシステムを一斉に見直して全体最適を図りたい、IoTやデジタル・トランスフォーメーションといった新たなトレンドに追従できるようにIT基盤を強化したいといった場面において、それを実現するインフラとして多くの人が思い浮かべるのは「Amazon EC2」や「Microsoft Azure」に代表される、共用型パブリッククラウドの利用ではないでしょうか。パブリッククラウドはリソースのコントロールが容易で、なおかつ自社でサーバーなどを資産として持つ必要がないことから、柔軟にインフラを運用できるというメリットがあります。この利点を生かし、新たなITトレンドに対応していこうというわけです。

一方、そのようなIT基盤として共用型パブリッククラウドを使うのではなく、自社で独自に構築したプライベートクラウドを利用するという選択をする企業も増えています。その背景はいくつか考えられますが、そのひとつとして「自社でクラウド環境をコントロールしたい」というニーズが考えられます。

クラウドをとりまく技術は日々進化していますが、当然ですが共用型パブリッククラウドでは、利用できる技術や機能の選択はサービス提供者側が行うため、ユーザー側は提供されるのを待つしかありません。これを自社のビジネスにおけるリスクと捉えた場合、プライベートクラウドを選択するのは必然と言えるでしょう。

エンタープライズ領域でも採用例が増えるOpenStack

このプライベートクラウドの構築に利用するクラウド基盤ソフトウェアとして、昨今シェアを高めているのが「OpenStack」です。前回も解説したとおり、OpenStackはオープンソースで開発が進められているクラウド基盤ソフトウェアであり、RackSpaceやドイツテレコムなどが商用クラウドサービスの基盤として採用しているほか、アメリカのYahoo!やPayPal、NTTレゾナントなどの企業では、開発環境やPayPal、NTTレゾナントなどの企業では、開発環境やサービス提供基盤などとしてOpenStackを活用しています。

さらに現在では、B2C系のサービスだけでなく、エンタープライズ領域でもOpenStackを採用する企業が増えていると話すのは、NTTコミュニケーションズのクラウド・エバンジェリストである林雅之氏です。

「プライベートクラウドの構築において、従来はVMware社のプロダクトを利用してオンプレミスで構築するというケースが一般的でした。しかし最近になり、エンタープライズ系システムの基盤として一般の企業がOpenStackを採用するケースが目立ち始めています。その背景としては、特定のサービスに依存することで生じるリスクの回避、あるいはオープンな技術を採用することによる拡張性や柔軟性の確保などがあると考えています」

関連記事

この数年で飛躍的な発展を遂げているクラウド市場。今まで様子見をしていた企業も、いよいよ現実的に導入を検討せざるを得ない段階まできていると言っていいだろう。そこでクラウドNAVI編集部では、実際にクラウド導入した企業にヒアリング調査を実施。【続きを読む】

いまクラウド化が困難なオンプレミス環境を持つ多くの企業で「ハイブリッドクラウド」の導入が進んでいます。しかしハイブリッドクラウドにはさまざまな利用形態があり、事前の充分な検討、準備なしには想定した効果は得られません。【続きを読む】

日本各地に拠点を設立しているが、拠点間を接続するネットワークに問題があり、システムを安定して使えないといった状況が生じている。また、拠点によってセキュリティ対策の内容が異なるなど、ガバナンス面にも問題がある。【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ