日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録
  • ICT Business Online TOP
  • クラウド
  • クラウドパートナービジネスを加速するICT基盤の条件とは | クラウドスペシャリスト・リレーインタビュー第5弾

クラウドパートナービジネスを加速するICT基盤の条件とは | クラウドスペシャリスト・リレーインタビュー第5弾

印刷

クラウドパートナーのビジネスを加速するICT基盤の条件とは

NTTコミュニケーションズ株式会社
クラウドサービス部クラウドスペシャリスト
木村 幸夫氏

以前は、オンプレミス環境を利用しシステムインテグレーションやパッケージサービスを提供していた、いわゆるパートナービジネス事業者の間にも、まず真っ先にクラウドの利用を検討する「クラウドファースト」の考え方が浸透し、外部のIaaSやPaaS基盤を活用しながら、自社のサービスを強化する動きが定着してきています。

次のステージとなる「クラウドノーマル」が、文字通りあたりまえのようになってきた今、パートナービジネスを展開する事業者はどのような点に目を向け、どのようなポイントで基盤となるクラウドサービスを選定すべきでしょうか。NTTコミュニケーションズ クラウドスペシャリストの木村 幸夫氏に聞きました。

今、クラウドを取り巻く事業者は

― ユーザー企業ではICT基盤のクラウド化が加速していますが、クラウドを活用してサービスを提供する事業者(以下、クラウドパートナー)は、今、どのような状況に置かれているのでしょうか。

NTTコミュニケーションズ 木村氏(以下、木村):

まず、クラウドサービスに関連する事業者を大きくわけると以下の3タイプにわけられると思います。

クラウドプロバイダー:システムリソースやアプリケーション機能を、インターネットを介してサービスとして提供

クラウドアダプター:クラウドプロバイダーが提供するサービスの課題を補完する製品やサービスを提供

クラウドインテグレーター:クラウドプロバイダーやアダプターが提供する商品やサービスをお客さまごとに組み合わせて提供

木村:

その中でも、「クラウドプロバイダー」には、ネットワークやデータセンター事業者のようなインフラに強い会社から、ハードウェア事業者、ソフトウェア事業者のように、アプリケーション側の製品やサービスに強い会社があります。現状、それぞれの強みを活かしたサービスを提供していますが、各社のサービス単体では、必ずしもユーザー企業にとって使い勝手のよいものになっていないこともあります。

このような機能やサービスの不足を補完するような形で「クラウドアダプター」や「クラウドインテグレーター」が、コンサルティングやオペレーションサービスなど、クラウド基盤を活用した新たな事業を展開しています。

さらに、クラウドを取り巻く環境として、ユーザーのノウハウや経験値を活かすような「コミュニティの形成」や、安全性や信頼性に対する「第三者機関の評価」なども進んでおり、クラウドを活用する事業者やユーザーの間でエコシステムができあがっています。

― その中でも、クラウド事業者が最近特に注目しているのは、どのような分野になりますか。

木村:

先に、ユーザー企業の動向に目を向けると、以前はクラウド化をためらっていたような基幹系システムにおいても、今やクラウドで運用するのが当たり前になりつつあります。その一方で、IoTやビッグデータ解析など、もともとクラウドと親和性が高いシステムでの利用も拡大しています。まさに、NTT Comが提唱している「トラディショナルICT」と 「クラウドネイティブICT」2つの領域で、それぞれ大きく伸びてきていることを実感します。

また、サービスを提供する「クラウドパートナー」の視点でいうと、お客さまの基幹システムをクラウド化するにあたり、最初からすべてのシステムを仮想サーバーに移行するというような方法を提案しても、お客さまの不安が大きく、うまくクラウド化が進まないという事態に陥ります。

サービスの中断を極力排除し、高度にセキュアな環境で利用したいシステム、または既存オンプレ環境での運用やツールをそのまま引き継ぎたいシステムは、ベアメタルのような物理サーバー上で運用する。一方で、価格を抑えてスケールアウトしたいようなシステムは、仮想サーバーを使うといった「ハイブリッドクラウド」が、最近のトレンドではないでしょうか。

実際に、専有でクラウドを利用したいというユーザー企業のニーズに応える形で、多くのクラウドプロバイダーがベアメタルサーバーや専用サーバーを使ったサービスを主力商品として提供しており、この1~2年で大きく伸びています。

この記事のキーワード