Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

本格導入期に突入した「OpenStack」のエンタープライズ利用実態|クラウドスペシャリスト・リレーインタビュー第7弾

印刷

本格導入期に突入した「OpenStack」のエンタープライズ利用実態

NTTコミュニケーションズ株式会社
クラウドサービス部クラウドスペシャリスト
沓沢 賢治氏

クラウドコンピューティングの基盤ソフトウェアの代表ともいえる「OpenStack」(オープンスタック)。「OpenStack」とは、そもそもどのようなものなのでしょうか。そして、OSS(オープン ソース ソフトウェア)である「OpenStack」を、既に利用している企業は、どのような点を評価しているのでしょうか。

今回は、企業における「OpenStack」の利用実態やメリット、現状の課題について、NTTコミュニケーションズ クラウドスペシャリストの沓沢 賢治(くつざわ けんじ)氏に解説していただきました。

「OpenStack」 とは何か

― 最近、「OpenStack」という言葉を耳にすることも多くなってきましたが、具体的にどのようなものなのでしょうか。

NTTコミュニケーションズ 沓沢氏(以下、沓沢):

「OpenStack」とは、簡単にいえば「IaaSの構築・管理ソフト」です。ただし、一般的なクラウド管理のソフトウェアとは異なり「OpenStack」自体がAPIを持っていて、世の中の一般的なハードウェア、ソフトウェア、仮想化基盤を取り込んで「抽象化」できることが最大の特徴です。

また、OSS(オープンソースソフトウェア)であるため、コミュニティで改良を重ねていく点も特徴ではないでしょうか。例えば、開発者として自社開発した技術をコミュニティに提供することによって、今度はユーザーとしてそのメリットを享受できるようになります。

また、「OpenStack」の展開やコミュニティ運営を行う非営利団体 「OpenStack Foundation」にはグローバルで500社以上が参画しており、その中には、世界中に市場を持つIBM、HPE、Dell、Red Hat、Intelなど大手企業が名を連ねています。それぞれ、自社のハードウェアやソフトウェアを「OpenStack」上で動かせるようなドライバーを提供するなど、利便性を高めていますので、その点でも利用者のメリットは大きいと言えますね。

この記事のキーワード