日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

DX成功のカギを握る、プロフェッショナルなマネージドサービスの活用法

ビジネスに新たな価値を付与するDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進。最優先のミッションと理解してはいるものの、既存システムの運用管理に追われ遅々として進まないケースも多いのではないでしょうか。そのようなシステムの運用管理をアウトソースするマネージドサービスをご紹介します。

なぜ、日本企業のDX推進はいっこうに進まないのか?

まず大前提の原因として考えられるのはITの進展に伴って拡大、複雑化、多層化したシステム環境です。これらを安定して適正に運用管理することがDX推進のカギを握ります。一方で深刻なIT人材不足を抱える企業が多いという現実もあり、日々の運用管理に稼働を割かれ、なかなか本丸のDXにリソースを集中できない問題も生まれています。

さらにDXの推進が進まない2つ目の原因は、新たなビジネスリスクへの対応が大変なことです。多様なシステムを連携させるDXでは、サイバー攻撃などの脅威の影響を受ける範囲も拡大。たった1つでも脆弱なシステムがあれば、たちまち侵入され、他のシステム、さまざまなデータに次々と被害が及び、自社のみならずパートナーやサプライチェーンを含むエコシステムにまで飛び火する可能性もあります。

つまりDXを推進させるカギは先進IT活用のリソースを確保するとともに運用管理を適正化、システム連携先のグループ企業やパートナーも含めた、包括的なセキュリティ対策の実施が必須となります。とりわけ後者のセキュリティ対策については、毎日のように登場する新たな脅威への対処を含めたプロアクティブな施策が欠かせません。

こうした課題を解決すべく、セキュリティ対策を含むシステムの運用管理をアウトソースする企業が増えています。日々の煩雑な運用業務を高度なスキルとノウハウを持つプロに委ねることで自社のリソースを開放。DXの推進に向けた取り組み、ビジネス価値を生むコア業務に専念できる体制を構築できるアウトソースサービスをご紹介します。

ホワイトペーパー

ダウンロード

フォーム入力ページに遷移します。フォームの項目を入力していただき、記事のPDFをダウンロードしてご覧ください。

関連サービス