日本 Select Language : English 日本語

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

×閉じる

Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

いまさら聞けない「デジタルトランスフォーメーション」ビジネスを変える3つのフェーズと2つの力(後編)

テクノロジーの急激な進化によって、私たちの社会が大きく変わろうとしています。前編では、企業が「デジタルトランスフォーメーション」の実現に必要な3つの段階(フェーズ)に分けて解説しました。後編では、「デジタルトランスフォーメーション」を実現している企業の取り組みを例に、デジタルトランスフォーメーションが企業にもたらす「2つの力」について紹介していきます。


デジタルトランスフォーメーションで、人間に求められる能力も変わる

デジタルトランスフォーメーションを実現する取り組みは、「IT(デジタル・テクノロジー)を駆使して、現場のニーズにジャスト・イン・タイムでビジネス・サービスを提供できる、組織や体制、ビジネス・プロセス、製品やサービスを実現する」ということです。顧客や店舗、営業や工場など、ビジネスの現場は時々刻々動いています。その変化をデータで捉え、現場が“いま”必要とする最適なサービスを即座に提供することは、ビジネス環境がめまぐるしく変化しているいまの世の中で、企業として生き残り、成長を持続させるために必要なことです。

これらは、業務手順を変えるとか、ITで業務処理を早くするというレベルで実現できるものではありません。製品やサービスのあり方や収益の上げ方、顧客に提供する価値の中身までを変えないと実現できないでしょう。つまりは「事業目的」を変えなくてはなりません。そうなれば、ビジネスに携わる人たちに求められるスキルや能力も変わります。そんな変革がデジタルトランスフォーメーションといえるでしょう。

関連記事

ビジネスを変える3つのフェーズと2つの力(前編)

クラウドの普及やAI(人工知能)の進化とともに、デジタル・テクノロジーが私たちの日常に広く浸透し、社会の仕組みやビジネスの在り方に影響を与えています。そんな社会やビジネス…【続きを読む】

昨今多くのユーザーが業務に積極的にクラウドを活用するようになっています。多くのユーザーが一つのサービスを共同で利用する、「Amazon Web Services」のような…【続きを読む】

公開している自社のWebサイトをエンドユーザーに快適に閲覧してもらう上で、レスポンスは極めて重要なポイントになります。もし、少しでも反応の鈍さを感じているのであれば、エン…【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ