Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

ニューノーマル時代に「価値を生み出すオフィス」とは?

印刷

メルマガを登録する!(無料)

テレワークなどが広がる今、多くの企業ではオフィスのあり方についても見直しを始めています。新しい時代のオフィスは、これまでとどのように変わってくるのでしょうか。

1.テレワークで通勤がなくなり、オフィスに通う必要がなくなった

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの企業が、テレワークや時短勤務、分散出社といった制度を導入しました。

こうした新しいワークスタイルに対して、当初は戸惑いを感じる人もいたかもしれませんが、実際に取り組んでみると、連絡はメールやチャット、打ち合わせはWeb会議で問題なく対応することができます。今ではむしろ、このような直接顔を合わせない働き方が当たり前になっているケースも多いでしょう。

オフィスに出社しない働き方は、従業員に感染予防以上のメリットをもたらします。たとえば、通勤時間を気にせず、会社から離れた場所に住むことができる点や、家事や育児などにも時間を取りやすい点、家族と離れて単身赴任をする必要がなくなる点などがあります。

テレワークで通勤がなくなり、オフィスに通う必要がなくなった

最近ではテレワーク勤務を前提にオフィス環境を整える企業も増えてきています。国土交通省が2020年9月に企業に対して行ったヒアリング調査(※)では、小規模のオフィス「サテライトオフィス」を採用する企業が増加しているようです。どうしても対面して業務をしなければいけない場合に、自社で小規模のオフィスを設置したり、あるいは他社が設置したサテライトオフィスをレンタルで利用しているようです。

国土交通省「ヒアリング調査」

2.オフィスの規模は縮小傾向にある

このように働き方が大きく変わりつつある今、オフィスの規模や機能の見直しを検討する企業は増えているようです。

ザイマックス不動産総合研究所が2021年6月に発表した「大都市圏オフィス需要調査2021春」(※)では、オフィスの在籍人数に対する座席数について調査しています。現状ではオフィスの在籍人数に対して「100%超」の座席数を確保している企業が最も多い(56.8%)ものの、今後の意向について見てみると、今後も「100%超」の座席数を確保したいという企業は24.9%と半減しています。一方で、「100%未満」にしていきたいという企業は、45.4%にも上っています。

(※)ザイマックス不動産総合研究所「大都市圏オフィス需要調査2021春」

つまり、オフィスのスペースや機能を、縮小していきたいと考えている企業が増えているのです。

オフィスの規模は縮小傾向にある

(※)ザイマックス不動産総合研究所「大都市圏オフィス需要調査2021春」

従来のオフィスは、従業員全員が常に出社しているという状態を想定して設計されていたケースが多かったと思われますが、これからはオフィスをコンパクトに、必要最低限のスペース・機能だけを持たせるという企業も珍しくなくなることが予想されます。

3.それでもオフィスの価値がなくなったわけではない

とはいえ、「もうオフィスはいらない」という話ではありません。

たしかにテレワークによって、ネットにつながる場所であればオフィスでなくても働けるようになりました。しかし、意見交換やブレインストーミングなど、より濃密なコミュニケーションを取りながら新しいアイデアを生み出す業務では、引き続きオフィスが必要になってくるでしょう。

簡単な連絡であればメールやチャット、電話で行うことができますが、その場に集まった人で活発に議論し、アイデアを出し合う機会を設けることで、より高い新しい価値を生み出すことにつながるでしょう。

加えて、オフィスは従業員のエンゲージメントを高める場でもあります。これまで、オフィスは毎日働く仲間と顔を合わせる場であり、そのなかで従業員は企業理念などの理解や自社に対する帰属意識を自然と育んでいました。しかしテレワークが進んだことによって、以前より社内コミュニケーションがとりにくくなったり、組織・事業としての結束などを維持しにくくなるというデメリットも生まれています。

働き方が多様化した今だからこそ、企業の理念を反映したオフィスを設けることで、企業風土の醸成やチームビルディングに力を入れ、所属する従業員のエンゲージメントを高めることには、価値があるといえるでしょう。

それでもオフィスの価値がなくなったわけではない

さらにいえば、オフィスは専門性の高い業務を行う場としての価値もあります。たとえばハイスペックPCでデータを大量に処理する業務の場合、同等の環境を自宅に揃えるというのは難しい話です。高度な業務を行う場を従業員に提供することも、オフィスの役割といえます。

コロナ禍で働き方が大きく変わった今、オフィスの役割は「働く場所」ではなく「価値を生み出す場所」へと変わり始めています。もし従来のオフィスのままで気になることがあれば、変えられるところから変えてみてはいかがでしょうか。

メルマガを登録する!(無料)

  • docomo business Forum'22
  • 法人サービスを24時間365日 オンラインで注文できる! ICT Business Mall
  • パートナー共同開発 サービス・ソリューションのご案内