Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

5Gによる自由な視点は、エンタメ業界にどんな価値をもたらすのか

印刷

メルマガを登録する!(無料)

高速・大容量通信を可能にした5G時代の到来で、エンターテインメント業界に新たな潮流が生まれています。5Gによるライブ体験の進化について紹介します。

1.ライブイベント市場が、コロナ禍と5Gの登場で変化

日本で5G(第5世代移動通信システム)がスタートしてから、今春で1年が経過しました。高速・大容量通信により、低遅延のサービス、多数端末同時接続など可能にした5Gの登場で、今エンターテインメント業界が変貌を遂げつつあります。

新型コロナウイルス感染症の流行によって、緊急事態宣言下でのライブイベントの休止など、大きな影響を受けたエンターテインメント業界ですが、それ以前、過去10年ほどの間に市場に大きな変化が現れていました。音楽産業を例にとると、2007年にはCDや音楽DVDなどパッケージの売り上げが年間で約5,050億円だったのに対し、2016年には約3,160億円へと減少しています。

しかし音楽業界全体が落ち込んでいるというわけではく、コンサートやライブなどの市場は拡大していました。2007年にはコンサートなどの入場料収入は約1,450億円、入場者数は2,376万人でしたが、2016年には入場料収入が約3,370億円、入場者数は約4,305万人まで増加(※)しています。

(※)一般財団法人デジタルコンテンツ協会、経済産業省商務情報政策局「デジタルコンテンツ白書」より引用

このように、消費者ニーズは、CDなどを購入する「購買型」から、会場に足を運び、現地での一体感や高揚感を求める「体験型」へと向かっていました。

しかし、2020年から続くコロナ禍で、観客を集めてのイベント開催は難しくなってきました。厳重な感染症対策を施してイベントを開催する例もあるものの、以前のように頻繁に、大勢の人を集めて実施することはハードルが高くなっている現状があります。

そこで注目が集まっているのがライブ配信です。無観客の会場から、コンサートやイベントを配信することで、安全な環境でエンターテインメントを楽しむことができます。さらに、5Gの登場はこの流れを加速させました。高速・大容量通信により、通信の負荷の高い映像も、遅延することなく、リアルタイムで配信することが可能になったのです。

たとえばバラバラの地点で演奏しているアーティストの音楽をひとつの合奏として聞くこともできるなど、新しいライブの形も考えられるようになりました。

2.マルチアングル映像でライブ配信に付加価値を

5Gの技術は、エンターテインメントの可能性を広げました。5Gを活用して、これまでになかったライブ体験を提供する映像サービスの一つに、ドコモの「SwipeVideo」があります。SwipeVideoは、撮影対象を取り囲むように設置した、複数台のカメラで撮影した映像を、5G回線を通じてクラウド上のサーバにアップロード。360度の高画質な映像がリアルタイムで生成され、ほぼ遅延なく視聴者に届けることが可能です。

視聴者が画面をスワイプして自由に視点を切り替えられるのがSwipeVideoの大きな特徴です。複数の視点に切り替え可能なマルチアングル映像なので、好きなアーティストを好みの角度から自由に見られるなど、リアルイベントでは得られなかった体験ができ、オンラインによるライブ配信に新たな付加価値を加えることを可能にしました。

3.エンタメ以外でも活用される5Gのライブ配信

SwipeVideoは音楽以外でも、スポーツやゲームなどさまざまなイベントに導入できるほか、教育現場でもその活用に注目が集まっています。たとえば製造業や美容、調理といった専門学校などの技術教育分野であれば、実技の細かい動きや作業の過程をさまざまな角度の映像で撮影し、それを配信したり電子教材化したりすることで、生徒の理解度の向上に役立てることができます。

このほかにも、5Gを使った配信システムは、基幹病院と診療所をつなぐ遠隔診療ツールや、自動運転を支える遠隔監視ツールとしての利用も想定されます。加えて、ブライダルやアニバーサリーイベントなど個人的に記念に残したい映像の撮影手段としても、今後ニーズの高まりが期待できます。

コロナ禍により、在宅勤務や外出自粛が続くなかで、自宅で楽しめるエンターテインメント体験への需要が高まりました。今後、コロナウイルスの影響が落ち着いても、利便性の高いライブ配信やオンラインイベントは日常的なものとなり、さまざまなビジネスへと広がりを見せていくことは間違いないでしょう。

サービス案内

  • SwipeVideo

    視聴者が画面をスワイプする事で、自由に視点を切り替えての視聴を可能にするサービス。国際特許取得済み技術を用い、映像処理負荷等が原因で配信や再生が困難だった自由視点映像の配信を可能にします。

    SwipeVideo

メルマガを登録する!(無料)

  • 法人サービスを24時間365日 オンラインで注文できる! ICT Business Mall
  • パートナー共同開発 サービス・ソリューションのご案内