Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

クラウド導入を最優先すると足元をすくわれる?悲劇を未然に防ぐ3つの足まわり対処法とは

印刷

ケース3働き方改革=クラウドサービスの快適利用
ローカルブレイクアウト(LBO)の実装が成功のカギ!

顧客C社

業種サービス
拠点数80拠点
既存WAN回線MPLS
既存インターネット接続DC集約型

要約

  • クラウドサービスの利用増で、通信の遅延を慢性化させない対策
  • 基幹系システムの通信を遅延させない対策
  • 最適なパートナーが見つからないLBO実装を再検討

課題

  • クラウドファーストの弊害

    急増したトラフィックがWANを圧迫、基幹系システムにも影響

  • LBO実装パートナーへの不満

    大掛かりなSI案件として扱われるためコストが見合わない

効果

LBO実装をレンタル機器で解決!

C社では働き方改革、業務効率化に向けてクラウドサービスであるG Suiteを導入。しかしG Suiteの利用に伴い急増したトラフィックが社内WANを圧迫し、ネットワークの遅延が慢性化していました。さらにWindows Updateの配信による回線圧迫も深刻な課題となっており、これら特定のトラフィックをWANから切り離し、拠点から直接インターネットに逃がすLBO(ローカルブレイクアウト)の実装が急務になっていました。

パートナーを選定する段になり、同社ではLBO実装に潜む大きな問題が顕在化。いずれの事業者も現場にエンジニアを投入する大掛かりなSI案件として扱うという回答だったためです。一般的にネットワークサービスは規約上の型が決まっており、少しでもカスタマイズの必要があればNIからSIの領域にシフトしてしまいます。SI案件となればお客さま資産となる機器の購入が必要になり、それが同社のLBOプロジェクトを停滞させていました。

そんな矢先、従来のネットワークサービスではカバーできない個別対応が必要な課題にエンジニアを投入、SIの領域にも関わらずNIサービスとして解決する「Network Support Services(NSS)」が登場。同社ではNSSを提供するNTTコミュニケーションズをパートナーに選定し、併せて「OCN光 IPoEサービス ワイドプラン」の導入でLBO実装後の回線環境を整備することになりました。

  • 効果1:ネットワークサービスの枠内、レンタル機器でLBO実装を完了
  • 効果2:特定トラフィックをWANから分離することで慢性的な通信遅延を解消
  • 効果3:VPN回線のトラブル時には迂回ルートとしてLBOを利用

最適なパートナーとの出会いが同社のLBOプロジェクトを加速。想定内の予算、想定以上のスピードでLBO実装は完了。特定のトラフィックを完全に別ルートに分離したことで、社内WANのパフォーマンスは劇的に改善しました。しかも、クラウドに直結するインターネット接続にIPoEを採用したことで、G Suiteが格段に快適に利用できていることも大きな収穫です。さらに「OCN光 IPoEサービス ワイドプラン」は、従来サービスから6倍の帯域設計であるほか、Windows Updateによる通信を識別し、アップデートが実行中でもクラウドサービスはその影響を受けることなく、安定した通信が可能になります。ネットワークの冗長化により、事業継続性も向上しています。

関連サービス