日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

要約コンタクトセンター業務の可視化ができていない

フリーダイヤル/ナビダイヤル、FAQ支援ツールで
コンタクト業務の可視化を行うには

コールの見える化は業務改善の第一歩

企業にとって、コンタクトセンターはユーザーニーズの把握や、お客さま満足度を上げるための重要な接点の1つとして捉えられるようになり、業務部門や経営層からの期待は日増しに高まっています。とはいえ社内からの期待に応えたいが、まず課題を解決することが先というケースも多いのではないでしょうか。

人材確保や応対品質、あるいは業務効率など、コンタクトセンターで課題となりうるポイントはいくつもありますが、それらを解決する前に取り組みたいのが「コールの見える化と分析」です。課題を明確な形として捉えることができれば、解決に向けた具体的な対策も検討しやすくなるでしょう。

音声ダイヤルサービスの機能を有効活用

音声ダイヤルサービスの機能を有効活用コンタクトセンター向けに提供されているシステムには、そうしたニーズに応えるためのレポート機能が搭載されています。ただ、それらのシステムの導入や運用には多額の費用がかかるため、特に小規模なコンタクトセンターでは敷居が高いのも事実です。

分析用の費用を別途かけてツール導入等を行わなくても、音声ダイヤルサービスのオプションを活用してできることもあります。

着信側で通話料金を負担するフリーダイヤル、そして「0570」から始まる全国統一の電話番号が使えるナビダイヤルには、コンタクトセンター業務を効率化する豊富なオプションが提供されています。

コンタクトセンターソリューション
導入検討 ご相談

お問い合わせはこちらから

導入事例

関連サービス

社内共有資料にお役立てください

コンタクトセンターソリューション
導入検討 ご相談

お問い合わせはこちらから