日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

クラウド化にまつわる"あるある"最新トラブル3事例

印刷

この数年で飛躍的な発展を遂げているクラウド市場。今まで様子見をしていた企業も、いよいよ現実的に導入を検討せざるを得ない段階まできていると言っていいだろう。そこでクラウドNAVI編集部では、実際にクラウド導入した企業にヒアリング調査を実施。すると、いくつかの企業に共通する、“クラウド導入で起きがちなトラブル”があることが判明した。今回は3つの企業事例をもとに、いったいどんな問題が起きたのか、また、その場合の解決方法ついて紹介しよう。

経営陣の鶴の一声でクラウド導入。手間は増えるいっぽうで一元管理は夢のまた夢

(情報システム担当/K.Tさん・30代後半・流通)

流通業界のとある企業で情報システムを担当しているK.Tさんは、現在の部署に12年在籍。クラウド導入に対しては消極的だった。しかし、経営層の要請でクラウド導入が決定。いきなり基幹システムでの導入には不安があったため、勤怠管理や経費管理、営業支援など小さなサブシステムから着手。目的ごとに使いやすさで選ばせたところ、複数のクラウドベンダーを利用することに。結果、オンプレサーバー時代よりも、ベンダー別に発行したアカウント管理が煩雑になったうえ、各クラウドごとに細かい質問が来ると、調べて回答しなくてはならない。K.Tさんの業務は減るどころか増えるいっぽうだ。どうしてこんなことに…?

ここに注目!

「とりあえずスモールスタートしてから考えよう」は多くの企業が陥りがちな落とし穴。全体を一元管理できてこそクラウド導入のメリットを享受できるため、まずはすべて連携することを前提に、全体の設計を考えた上で実際の移行を行えば、今回のような事態も防げたかもしれません。

ただ、事業部や現場の声が強いとシステム面での利便性だけでは強行できないケースも多く見られます。今回のケースのように「すでにバラバラのクラウドを導入してしまった」という場合にも、クラウド市場が活性化した今なら解決方法はあります。例えばNTTコミュニケーションズが提供する「クラウドマネジメントプラットフォーム(CMP)」というサービスでは、他事業者のクラウドを一元管理することが可能です。この効率的な管理運用力と統合された制御力を発揮するツールを利用することによって、マルチクラウド環境における運用の包括的なマネジメントが実現します。

例えば今回のケースで考えた場合、基幹システムをVPN接続やベアメタル等のセキュアなプライベートクラウド環境を提供できる「Enterprise Cloud」に移行したうえで、ここに統合できない各部門のシステムに関しては他事業者のクラウドを利用したまま、「CMP」にて一元的に管理していく、という方法もあります。「CMP」はAPI連携によって複数事業者のサービス情報を一画面に表示することができるため、コスト情報やリソース状況など、統合的なマネジメントで効率的な運用が実現します。

この記事のキーワード