Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

リモートワーク導入で、被災しても業務継続が可能に

印刷

リモートワーク導入で、被災しても業務継続が可能に

そこで注目したいのが、リモートワークです。最近は働き方改革の一環として、リモートワークを取り入れる企業が増えています。在宅勤務をはじめとするリモートワークは、通勤の負担減や、子育てや介護の支援、生産性向上など、さまざまなメリットがありますが、被災時においても大いに効果を発揮します。リモートワーク導入のメリットは、オフィスや施設が被災した場合や、通勤が困難な場合でもネットワーク環境さえあれば、比較的業務をスムーズに進めることができることです。

例えば、オンプレミスで業務サーバーを運用している場合、オフィスが被災してしまうと復旧まで業務が機能しなくなる可能性があります。それゆえ、遠隔地でITサービスを運用するクラウドサービスの活用が不可欠といえます。クラウドサービスは堅牢なデータセンターで管理運用されていることが多く、複数のリージョンを利用した冗長構成を取ることもできるため、BCPの観点からも有用です。

この記事のキーワード