日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
-->

社員紹介

Marketing

サービス企画

すべては“戦友”の期待に
応えるために。柔軟なアイデアと
スピードで格安SIM・格安スマホ
市場に革命を。

金夛 陽彦

Haruhiko Kaneta

ネットワークサービス部 オープンネットワークサービス部門
理工学研究科 理工学専攻 マネジメントテクノロジーコース修了 | 2006年度入社

学生時代について

─学生時代にどんなことをされていましたか?

大学では“統計学や会計も学びつつプログラミングも”という、いわば理系と文系の間のような研究室に所属していました。印象に残っているのは、勉強よりもむしろアルバイト。某戦略コンサルティング会社にてコンサルタントの手書き資料をパワーポイント化するという仕事で、クオリティーやスピードが要求に満たないと、容赦なく辞めさせられてしまう厳しい職場でした。しかし、第一線で働くコンサルタントの提案内容や論理展開に直接触れることができ、社会人になってからもこの経験は非常に活きていると思います。

─就職活動ではどのような業界を志望していましたか?

ICT・通信業界とコンサルティング業界の2つをを主に志望して就職活動をしていました。「自分で企画したサービスを世の中に提供するにあたり、どの業界・企業が最も社会に大きな影響を与えられるだろうか」という観点で業界選びをしていました。

─NTT Comへ入社を決意した理由を教えてください。

この会社であれば「自分で企画したサービスをインターネットというインフラに乗せて“全世界”へ届けられる。そしてそれを“若いうち”から実現できそう」と感じたからです。入社前にイベント等で社員のお話を聞くと、わずか入社2、3年目で第一線のサービス企画担当者として活躍できることがわかりました。コンサルティング企業も志望していましたが、企業コンサルティングを主な業務として、間接的に世の中に価値を伝えていくよりも、自らが企画したサービスが“ダイレクト”に世の中へ伝わっていくことに魅力を感じ入社を決めました。

ご自身の仕事内容について

─現在、どのような業務をされていますか?
どのような事業で、その中でどのような役割を担っているのか教えてください。

現在はNTTドコモ社のモバイル回線とNTT Comのサービスを組み合わせ、独自のモバイルサービスを企画・提供していく“MVNE”(Mobile Virtual Network Enabler)という事業を担当しています。一般的には「格安SIM・格安スマホ」と呼ばれている市場です。私は本事業において”BtoBtoC”モデルで法人パートナー企業さまと共に、新たなモバイルサービス・ビジネスモデルを企画し、またプロジェクト全体をマネジメントするという役割を担っています。
なお、以前は関連会社であるNTTぷららにて映像配信サービスである「ひかりTV」の企画や、電子書籍サービス・クラウドファンディングサービス等の立ち上げを担当していました。入社以降、一貫してサービス企画業務に従事しています。

─現在の業務の中で、挑戦した出来事や困難について教えてください。

某法人パートナー企業さまと共に「カウントフリー」という機能を利用したモバイルサービスの提供を開始しました。「カウントフリー」とは、特定のコンテンツサービスをデータ通信量としてカウントしない(使い放題にする)というもので、国内”MVNO”業界ではほぼ前例がありませんでした。そのため実現方式やビジネスモデル、また法制度の解釈を自らが切り拓き、業界スタンダードをつくっていかねばならないという非常にチャレンジングな経験でした。

─上記の質問に関連して、挑戦や困難をどのように乗り越えましたか?
具体的に教えてください。

このプロジェクトにおいては従来のやり方ではパートナー企業さまの要求に応えられないと考え、部署・部門を超えたプロジェクトチームを立ち上げることにしました。特徴は若手中心の営業・企画・技術混成チームであったこと。前例にとらわれないゼロベース思考とスピード感を重要視した結果でした。
パートナー企業さまとのミーティングでは必ずこのメンバーで対応し、課題を持ち帰らずその場で即時対応。自社に戻ってからもそのメンバーでお互いの業務の垣根を越えて取り組み、品質とスピードを両立することに集中しました。
私はプロジェクトリーダーとしてサービス仕様・ビジネスモデルの策定を担当しましたが、自分一人でできることは限られています。チームプレイの大切さはもちろんのこと、チームが完全に噛み合ったときの「仕事の楽しさ」を感じられたことはとても良い経験になりました。

社員紹介

未来について

─NTT Comのマーケットクリエイターは顧客にとってどんな存在ですか?

私の業務は「マーケットクリエイター/サービス企画」になりますが、法人パートナーのお客さまからすると“戦友”のような存在だと思っています。受注側・発注側という違いはありますが、マーケットの中でいかに競争優位を獲得できるか、という点においては同じ方向を向いています。また、技術革新やマーケットの動きが非常に早い“ICT業界”において、同じ方向を向いて共に挑戦し困難を乗り越えサービスリリースできたときには、発注者・受注者という立場を超えた”戦友”のような関係になりたい、と思っています。

─これからNTT Comで取り組んでみたいことはありますか?

私が思うNTT Comの強みは、全世界に張り巡らされたネットワークとクラウド基盤、また日本中、世界中のパートナー企業さまとの強固な信頼関係です。一方で、マーケットはますます複雑化しており、その中で勝ち残っていくには、NTT Com1社ではなく他社とコラボレーションすることで市場に新しい価値を生み出していくことが重要だと考えています。ですから、現在の業務で実施しているようなパートナー企業さまとのコラボレーションモデルをグローバルに数多く生み出したいと思っています。

─最後に学生に向けて何かメッセージをお願いします。

いち利用者として世の中のさまざまなサービスを使い倒しておいてほしいです。特定業界や企業に入るとどうしても“バイアス”がかかりがち。学生時代のうちから素の状態で世の中のさまざまなサービスに触れ「何に価値を感じるのか?」という利用者目線での感覚を研ぎ澄ませておいてほしいですね。その上で社会に出て、価値を提供する側になったとき、自分の想い・WILLを存分に発揮できる方と、一緒に仕事ができればと思っています。

OFFTIME

OFFTIME
夏はまとまった休みが取れるので毎年どこかに出かけています。昨シーズンは石垣島へ。カヌーをしたあと、石垣牛とオリオンビール、最高でした。日焼け止めを塗り忘れてひどい目にあいましたが・・。
  • ICT Engineer

    フロントエンジニア

    榮永 道子

  • ICT Engineer

    サービス開発エンジニア

    栗生 雄佑

  • ICT Engineer

    サービス開発エンジニア

    斎藤 悠介

  • ICT Engineer

    オペレーションエンジニア

    武 佑香

  • ICT Engineer

    オペレーションエンジニア

    藤井 康生

  • ICT Engineer

    オペレーションエンジニア

    大松 友貴

  • Sales

    アカウントセールス

    大石 優子

  • Sales

    アカウントセールス

    飯塚 さおり

  • Sales

    パートナーセールス

    長尾 親治

  • Sales

    セールス

    牛田 景子

  • Marketing

    サービス企画

    鈴木 萌

  • Marketing

    サービス企画

    金夛 陽彦

  • Staff

    ファイナンス

    足立 有美

  • Staff

    ファイナンス

    平野 龍一

このページのトップへ