Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

社員紹介

Marketing

サービス企画

グローバルな舞台、
幅広い領域……。数多の困難を
乗り越え、新たなサービスを
世の中に届ける。

鈴木 萌

Megumi Suzuki

アプリケーション&コンテンツサービス部 アプリケーションサービス部門
法学部卒 | 2012年度入社

学生時代について

─学生時代にどんなことをされていましたか?

大学へ入学した当初は弁護士になることを夢見ており、大学3年まで法科大学院に進学するための予備校にダブルスクールで通っていました。大学の授業が終わってから予備校に行き、その後図書館で予習・復習をするという受験生のような日々でした。また、授業の合間を縫って、早朝のTV局や料理店でアルバイトもして、ハードながらも楽しい学生生活を送っていました。友人と一緒に大学の図書館で英字新聞を読んだりTOEICの勉強をしたりと、英語の勉強も好きで、そのときの経験は今の仕事にも役立っていると感じています。

─就職活動ではどのような業界を志望していましたか?

特に業界は絞らず、「グローバルに活躍できる会社」「長く働き続けられ、キャリアアップのできる会社」を軸に、就職活動を行っていました。自分の軸に合う会社を探して、幅広く活動していました。

─NTT Comへ入社を決意した理由を教えてください。

全世界40以上の国/地域に海外拠点があり、グローバルに活躍できる可能性が大いにあること、充実した海外研修制度があり、キャリアアップを目指せるということ、時間短縮勤務制度やeワークなど、働きやすい環境が整っており、またその制度を利用しながらキャリアを築いているロールモデルとなる女性社員が多くいること、ONとOFFのメリハリがあり、仕事もプライベートも充実させることができそうなこと、の4点に魅力を感じ、私の会社選びの軸にこれ以上マッチする会社は他にはないと、自信を持って入社を決意しました。

ご自身の仕事内容について

─現在、どのような業務をされていますか?
どのような事業で、その中でどのような役割を担っているのか教えてください。

私の所属するアプリケーション&コンテンツサービス部は、法人および個人向けのアプリケーションサービスの企画・販売戦略立案や開発業務を主なミッションとしています。その中で私は法人向けのクラウドストレージサービスを担当し、このサービスをご利用いただくことで多くのお客さまのビジネス拡大に貢献する、という役割を担っています。セールス担当者と一緒にサービスをご紹介・ご提案することはもちろん、セールス担当者がお客さまに提案しやすいよう勉強会を社内で開催したり、サービスを世の中に発信しPRするために各種プロモーション施策を企画・実行し、イベント出展や媒体への記事掲載を行ったりもしています。さらに、お客さまがサービスを申し込んでから実際にご利用いただくまでの一連のプロセスに責任を持ち、スムーズにご利用いただけるようにすることや、海外の協力会社とサービス品質の向上に向けた交渉を行うなど、業務内容は非常に多岐にわたります。

─現在の業務の中で、挑戦した出来事や困難について教えてください。

一番大変だったことは、海外企業と協業して新サービスを立ち上げたことです。
新たなサービスを正式に世の中に提供するためには、数えきれないほどのタスクを完了させる必要があります。特に海外企業との協業になると、課題もまた一段と増えていきます。例えば契約書1つをとってみても、もちろん資料はすべて英語のため、交渉を進める上で言葉の壁も立ちはだかります。協業企業との契約締結や、販売戦略および販売スキームの検討、価格設定に関する交渉や申し込みから提供までのプロセスの整理、保守運用の窓口の創設や体制構築など、サービスを世に出すまでの限られた時間の中で、優先順位を見極めながら複数の作業を同時進行させることは非常に困難でした。

─上記の質問に関連して、挑戦や困難をどのように乗り越えましたか?
具体的に教えてください。

すべてのミッションを作業単位に落とし込み、各プロセスでの課題を明確にすることで1つずつクリアしていきました。また、組織の垣根を越えて連携し、例えば契約締結にあたっては法務や財務、さらには資材調達の担当者と直接話し、契約の細かな内容について詰めていきました。また、マーケティングに関することについては広報の担当者とともにサービスのブランディング戦略やプロモーション方法を一緒に検討し、プロジェクトを進めていきました。海外企業との商習慣の相違を感じることも多々ありましたが、海外トレイニー制度を利用して、1年間米国の現地法人で業務を行った経験を活かし、電話会議やTV会議で積極的にコミュニケーションを図りながら意識合わせを行いました。

社員紹介

未来について

─NTT Comのマーケットクリエイターは顧客にとってどんな存在ですか?

お客さまの抱える課題を一緒に考え、解決に導く存在だと思います。表には見えない仕事も沢山ありますが、すべての仕事には意味があり、それらを1つひとつ達成することで、お客さまに自信を持ってお届けできるサービスをつくることができるのだと思います。サービス企画担当として、お客さまのニーズに応え、心からご満足いただけるソリューションを提供していくことに、今後も使命感を持って取り組んでいきたいと思っています。

─これからNTT Comで取り組んでみたいことはありますか?

新サービスを立ち上げた経験を活かし、新規事業開発の業務に携わりたいと考えています。シリコンバレーを中心とした世界最先端のICT技術を持つグローバル企業と協業し、NTT Comの付加価値を活かした新たなビジネスモデルの創出に向けて取り組んでいきたいです。

─最後に学生に向けて何かメッセージをお願いします。

勉強も遊びもすべて全力で行い、卒業するときに「やりきった!」と思える大学生活を過ごしてください。就職活動中は先が見えず不安になることもあるかと思いますが、自分らしさを忘れず全力で頑張ってください。

OFFTIME

OFFTIME
休みの日は旅行に行ったり、近所のカフェ巡りをしたり、ホットヨガに通ったりと、アクティブに過ごしています。
平日はなかなか運動できないので、最近は飲み物を片手に10kmほど散歩してリフレッシュしています。
ときには疲れて一歩も外に出たくない日もあるので、そんな日は一日中家にこもって気が済むまで寝ています(笑)
  • ICT Engineer

    フロントエンジニア

    榮永 道子

  • ICT Engineer

    サービス開発エンジニア

    栗生 雄佑

  • ICT Engineer

    サービス開発エンジニア

    斎藤 悠介

  • ICT Engineer

    オペレーションエンジニア

    武 佑香

  • ICT Engineer

    オペレーションエンジニア

    藤井 康生

  • ICT Engineer

    オペレーションエンジニア

    大松 友貴

  • Sales

    アカウントセールス

    大石 優子

  • Sales

    アカウントセールス

    飯塚 さおり

  • Sales

    パートナーセールス

    長尾 親治

  • Sales

    セールス

    牛田 景子

  • Marketing

    サービス企画

    鈴木 萌

  • Marketing

    サービス企画

    金夛 陽彦

  • Staff

    ファイナンス

    足立 有美

  • Staff

    ファイナンス

    平野 龍一

このページのトップへ