日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
-->

社員紹介

ICT Engineer

サービス開発エンジニア

社会を支える「凄腕の黒子」
でありたい。その想いを胸に、
ビジネスコミュニケーションを革新!

栗生 雄佑

Yusuke Kuriu

ボイス&ビデオコミュニケーションサービス部 テクノロジー部門
電気通信学部/情報工学科卒 | 2013年度入社

学生時代について

─学生時代にどんなことをされていましたか?

学業!と言いたいところですが……大学体育会での「アメリカンフットボール」活動、これに尽きます。
同期・先輩・後輩、暑苦しくも楽しい仲間たちとともに、楽しさも苦しさも痛みも味わいながら、一つの目標に向けてとことん戦い抜く、そこで得られる達成感とチームワークの素晴らしさを求め続けた4年間でした。
この魅力に取りつかれ、社会人となった今でも現役プレイヤーとして続けています。

─就職活動ではどのような業界を志望していましたか?

漠然と始まってしまった就職活動でしたが、「社会に対して影響力のある仕事をしたい」という想いがあったため、その想いを実現する姿が想像しやすい場所として、通信、SIer、メーカーなどさまざまな業界におけるトップランナーを志望しました。

─NTT Comへ入社を決意した理由を教えてください。

当時はインターネットが爆発的に普及、拡大、進化している最中であったため、「社会に対する影響力」を生み出す手段の1つとして、インターネットが秘める可能性には疑う余地もありませんでした。
またその業界におけるトップランナーであり続けているNTTグループの持つ信頼感やわくわく感、そして蓄積した技術と研究開発力、中でも「インターネット事業、アプリケーション事業」の急先鋒の役割を担うNTT Comこそが、自分の想いを実現するために最も適したフィールドであると確信し、入社しました。

ご自身の仕事内容について

─現在、どのような業務をされていますか?
どのような事業で、その中でどのような役割を担っているのか教えてください。

ビジネスにおけるコミュニケーションを効率化させる「Web電話帳」というアプリケーションサービスの開発を担当しています。
このサービスは、仕事で利用する電話番号やメールアドレスをクラウド上で一元管理し、どこにいても、どんな端末からでも安全・便利に利用できるものです。
「連絡を取りたい人のステータスがわかる」「電話・メールができないときに簡単にメッセージを残せる」といった便利な機能も搭載し、ビジネスにおけるコミュニケーションを改革できるサービスであると自負しています。
このサービスの開発において、クラウド上の仮想サーバ、サーバソフトウェア、スマホアプリケーションなど、サービスを構成するすべてのパーツに関する設計・開発・検証などの役割を担っています。

─現在の業務の中で、挑戦した出来事や困難について教えてください。

「サービスを育てていくこと」に挑戦しています。
めまぐるしく変化するお客さまや市場のニーズ、新たに求められる機能といった「理想」がある一方で、開発にかけられるコストやリソースは有限であるという「現実」もあります。
理想と現実のギャップを正しく把握しながらも、サービスの利便性・品質・価値を向上させるために育てていくことは、開発エンジニアの業務において常に向き合わなければならない非常にチャレンジングなことだと考えています。

─上記の質問に関連して、挑戦や困難をどのように乗り越えましたか?
具体的に教えてください。

「サービスを育てていくこと」について、計画を立て遂行していく上で、当然「理想」のすべてを実現することは不可能です。こうした中でみんなが納得できる最適解を見出すためには、タフな議論は避けて通れません。
異なる立場・異なる意見を持つさまざまなメンバー同士での議論にあたり、「とにかく対話すること」。私はこのことに労力を惜しみません。
「自らの意見を伝え、理解してもらう」「他者の意見を正しく理解する」「意見を組み合わせて最適解を導き出す」、これらを実現するためには、メールや電話などの簡単・便利な手段にばかり頼らず、できる限り足を運び、そして顔を見ながら対話することこそが、最も効果的な手法であると信じ、徹底して取り組むようにしています。

社員紹介

未来について

─NTT ComのICTエンジニアは顧客にとってどんな存在ですか?

「凄腕の黒子」でありたい、と考えています。
開発担当という立場上、実際にお客さまにお会いしてお話しすることは多くはありませんが、自らが開発したサービスは、お客さまの手元に確実に届き、そしてご利用いただくことになります。
私が開発したサービスが、時にはお客さまのライフスタイル・ワークスタイルを変革させるかもしれない、また時には新たな文化や常識を創ることになるかもしれない、こんな理想を抱きながら日々業務に取り組んでいます。
オモテ舞台には決して見えませんが、主役であるお客さまがより快適に、より便利になるためのアシストをする当たり前の存在、でも居なくなったら困る存在、そう考えると私は「黒子」でありたいと思います。

─これからNTT Comで取り組んでみたいことはありますか?

現在、開発を担当するサービスは主に日本国内向けに提供されていますが、NTT Comは日本国内はもとより、広くグローバルな影響力を持つICTカンパニーです。
サービスを広く世界に向けて発信することができれば、自らの仕事が世界の文化や生活、コミュニケーションシーンを変革し得る可能性も十分にあります。
そんな目標を目指して、今後もNTT Comの持つ影響力を生かしたグローバルに響く素晴らしいサービスの開発を続けていきたいですね。

─最後に学生に向けて何かメッセージをお願いします。

「自分は何を成したい?」「どんな自分になりたい?」といった、自分を中心にした想い・ビジョンを持つことが大事だと思います。就職活動、会社選びはあくまでそれを実現するための「1つの手段」でしかありません。まずはとことん自分の本音と向き合ってみることをおすすめしたいですね。

OFFTIME

OFFTIME
プライベートリーグのチームに所属し、アメリカンフットボールを続けています。 最高の仲間たちと真剣にぶつかり合い、太陽の下で思い切り汗をかき、時には馬鹿になって楽しむ……そんなリフレッシュする時間があるからこそ、毎週月曜日からの業務にも真剣に取り組めている、ような気がします。
  • ICT Engineer

    フロントエンジニア

    榮永 道子

  • ICT Engineer

    サービス開発エンジニア

    栗生 雄佑

  • ICT Engineer

    サービス開発エンジニア

    斎藤 悠介

  • ICT Engineer

    オペレーションエンジニア

    武 佑香

  • ICT Engineer

    オペレーションエンジニア

    藤井 康生

  • ICT Engineer

    オペレーションエンジニア

    大松 友貴

  • Sales

    アカウントセールス

    大石 優子

  • Sales

    アカウントセールス

    飯塚 さおり

  • Sales

    パートナーセールス

    長尾 親治

  • Sales

    セールス

    牛田 景子

  • Marketing

    サービス企画

    鈴木 萌

  • Marketing

    サービス企画

    金夛 陽彦

  • Staff

    ファイナンス

    足立 有美

  • Staff

    ファイナンス

    平野 龍一

このページのトップへ