日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
-->

社員紹介

ICT Engineer

フロントエンジニア

お客さまから信頼される
真のパートナーとして直面する
経営課題を解決へ導く。

榮永 道子

Michiko Einaga

ICTコンサルティング本部 ICTコンサルティング部門
社会理工学研究科修了 | 2007年度入社

学生時代について

─学生時代にどんなことをされていましたか?

e-learningを活用した教育手法の研究をしていました。実験検証のシステムを組むため、初めてプログラミングを行ったとき、想像を超えるボリュームのコードを書く必要があり悪戦苦闘したのを覚えています。また、当初はサーバーにはあまり触れる機会がありませんでしたが、研究室サーバーの管理をさせていただく機会や授業用のサーバーを準備する機会をいただき、触れる中で徐々にサーバーをはじめとするICT機器に少しずつ興味を持つようになりました。学生らしく部活もエンジョイし、所属していたオーケストラで楽器演奏も楽しんでいました。暇さえあれば部室に行き楽器を吹いていたように思います。

─就職活動ではどのような業界を志望していましたか?

就職活動初期はさまざまな業界の説明会に参加していました。初めから業界を決めていたわけではなく、活動する中でふと自分の周りに「ICTがあること」が当たり前になっているなと気づいたのです。ICTがこれからの新しい時代をさらに作り上げていくであろうし、ICTはすべての業界のベースのため関われる業界も多く、ICT業界の可能性を徐々に魅力的に感じるようになっていきました。

─NTT Comへ入社を決意した理由を教えてください。

ICT業界もさまざまですが、通信会社であるNTTにはネットワークがあります。たくさんのICTサービスがありますが、どれもそのベースにネットワークがあるから成り立つサービスばかりです。そのころの私の夢は、多くの人に使ってもらえるようなサービスをつくることでしたが、これからのサービスはネットワークなしには存在しえないという点で、通信会社は私にとって魅力的でした。多くの人の役に立つサービス開発とネットワーク、双方に強みを持つ会社=NTT Comということで第一希望でした。

ご自身の仕事内容について

─現在、どのような業務をされていますか?
どのような事業で、その中でどのような役割を担っているのか教えてください。

入社してから約10年間、NTT Com本社だけでなくグループ会社であるNTTレゾナントやNTTぷらら、現地法人(マレーシア トレイニー)などのさまざまな組織を経験しながらも、一貫して上位サービスの企画・開発や保守に携わってきました。電子書籍やセキュリティ等のコンシューマ向けサービスから、法人のお客さまが業務を効率的に図るうえで必須となるコミュニケーションツールまで、多くのサービスを世の中にリリースしてきました。その後、現在はICTコンサルティング本部でお客さまへの提案業務を行っています。これまでの開発業務とはまた違った視点で、お客さまの経営課題や業務課題に向き合い、お客さまにとってよりよい解決策は何かを考える日々です。NTT Comのサービスやソリューションがお客さまの課題解決に役立ち、お客さまに「やっぱりNTT Comさんだね」と言われたときは本当に嬉しいです。また、お客さまの経営課題という大きなテーマに携われることも非常にやりがいがあります。

─現在の業務の中で、挑戦した出来事や困難について教えてください。

製造業のお客さまの次期ITプラットフォーム検討に提案プロジェクトマネジャーとして携わったときのことです。検討範囲はネットワークからサーバー、セキュリティ、保守運用と非常に幅広く、また、多方面から検討する必要がありました。さらには、システムの安定性向上や運用効率化、費用対効果の向上など現状のお客さまが抱える課題を同時に解決できる提案でなければなりません。提案初期はお客さまの抱える真の課題を把握すること自体が困難でしたが、社内メンバーとの打ち合わせだけでなく、お客さまとのディスカッションも重ね、最終的にはお客さまにとっても戦略的な提案をすることができました。これは、お客さまに真のそして対等な戦略的パートナーとして認められたからこそ実現できた提案だと感じています。

─上記の質問に関連して、挑戦や困難をどのように乗り越えましたか?
具体的に教えてください。

お客さまからの「信頼」を得るために先回りしてお客さまにとって有益な情報を展開するように常に心がけていました。多くの企業で直面している課題とその解決策や先進的技術の動向とその活用策…といった具合です。なるべく多くの知見を集めるために、社内でもたくさんの方に協力を募り意見交換を重ねました。繰り返していくうちに徐々にお客さまご自身も気づいていない重要な課題を見つける機会が増えてきました。時には厳しい課題に直面してしまうこともありますが、お客さまと一体となってどうするべきかを考えていくのは非常にやりがいを感じます。

社員紹介

未来について

─NTT ComのICTエンジニアは顧客にとってどんな存在ですか?

お客さまのビジネスを支える、なくてはならない存在です。どんな業界のお客さまでも、ビジネスには必ず通信/ICTが関わります。時にはお客さまのコアビジネスを支えることもあれば、お客さまの業務改善のために活用されることもあり、関わり方はさまざまです。そのため、お客さまの多種多様なご要望に対し、常にその真の課題や目的を見つけ、それを解決できるよう、我々全組織が連携しながらPDCAサイクルを回し、お客さまと共に成長し続けないといけないと日々感じています。

─これからNTT Comで取り組んでみたいことはありますか?

現在の仕事をもう少し経験し、最終的にはもう一度サービス企画・開発業務に携わりたいと思っています。それは、提案経験から見えてきたお客さまのニーズを自社のサービスに活かしたいからです。また、さらにタイムリーにニーズをキャッチアップしサービスに導入していくというサイクルの懸け橋に自身がなっていきたいとも思っています。このサイクルがうまく回り続けることが、お客さまの役に立つNTT Comであり続けることにもつながると思っています。

─最後に学生に向けて何かメッセージをお願いします。

いま一度、皆さんが学生の間にやってきたことを思い起こしてください。勉強や部活、アルバイトなどさまざまなフィールドでいろいろな経験をしてきたと思います。その中には失敗したことも成功したこともたくさんあると思います。失敗したときにどう考えて次の行動に活かしましたか?成功したとすればなぜ成功したと思いますか?振り返ることで自分の根底にある考え方や自身の強みや弱みが見えてくることと思います。ぜひ、自身を知ることから始めてみてください。実はこういった振り返りは社会人になっても常に求められることでもあります。皆さんが納得のいく就職活動ができることを心より応援しています。

OFFTIME

OFFTIME
昨年ダイビングのライセンスを取得しました。それ以来、会社のダイビング仲間と温かいシーズンに月一度程度、海に出向いています。普段とは違った海の中の魚やきれいな珊瑚を見たときは大興奮と感動です。
  • ICT Engineer

    フロントエンジニア

    榮永 道子

  • ICT Engineer

    サービス開発エンジニア

    栗生 雄佑

  • ICT Engineer

    サービス開発エンジニア

    斎藤 悠介

  • ICT Engineer

    オペレーションエンジニア

    武 佑香

  • ICT Engineer

    オペレーションエンジニア

    藤井 康生

  • ICT Engineer

    オペレーションエンジニア

    大松 友貴

  • Sales

    アカウントセールス

    大石 優子

  • Sales

    アカウントセールス

    飯塚 さおり

  • Sales

    パートナーセールス

    長尾 親治

  • Sales

    セールス

    牛田 景子

  • Marketing

    サービス企画

    鈴木 萌

  • Marketing

    サービス企画

    金夛 陽彦

  • Staff

    ファイナンス

    足立 有美

  • Staff

    ファイナンス

    平野 龍一

このページのトップへ