Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.

お客さまの事業成長を後押しし、
お客さまとともに新たな事業を生み出す
パートナーへ。

New Development Sales

新規開拓セールス(セールス)

川名 建 Ken Kawana

第四ビジネスソリューション部
法学部政治学科卒業 2012年度入社

01 学生時代について

02 ご自身の仕事内容と未来について

03 NTT Comについて

04 所属チーム相関図

05 1日のスケジュール

06 OFFTIME

07 学生へのメッセージ

01 学生時代について

02 ご自身の仕事内容と未来について

03 NTT Comについて

04 所属チーム相関図

05 1日のスケジュール

06 OFFTIME

07 学生へのメッセージ

01 学生時代について

学生時代にどんなことをされていましたか?

高校時代はテニス部に所属し、受験期まではひたすらテニスばかりしていました。厳しい部活でしたが、チームで一体感を持ち目標に向かって努力するプロセスは、今の仕事にも共通する部分があります。
大学では国際政治理論を学ぶゼミに所属していました。テーマに沿った論文を読み漁り、ディスカッションを通じて自分たちの考える理論をぶつけ合うことで、自分の考えを整理して説明したり、相手の意見を理論立てて理解する力を養えたと思います。また、いくつかの飲食店でアルバイトをしており、毎日の売り上げをどう上げたらよいかを、みんなでアイデアを出し合い、新たな施策や改善につなげた活動は、社会人でも重要な取り組みなのだと今になって実感しています。

就職活動ではどのような業界を志望していましたか?

学生時代に海外で生活していた経験から、「グローバルに活躍できる企業に就職したい」という軸で、企業探しをしていました。当初は商社やメーカーを主軸にしていましたが、多様な業界の説明会やインターンに参加しているうちに、IT・通信業界という「カタチのないものを売る」可能性の大きさに魅力を感じて、IT企業や通信キャリアを志望するようになりました。また、グローバルを軸にしている中で、物理的な国の垣根がないIT・通信という業界の可能性に魅力を感じたことも記憶に残っています。

NTT Comへ入社を決意した理由を教えてください。

通信インフラという現代の生活に欠かせないライフラインを、サービスとして提供する通信キャリアに強い興味を持ちました。NTT Comは通信キャリアとして、安心・安定のインフラを提供しながらも、お客さまと新たな価値創造をすべく、グローバルに挑戦している企業だと感じました。自分の就職活動の軸ともマッチしていることから、強く志望するようになりました。
話を聞いた先輩社員の方々からも生き生きと仕事をしている雰囲気が感じられ、社員のチャレンジを応援してくれる職場環境があり、自分自身が成長できる企業であると感じたことが入社の決め手となりました。

02 ご自身の仕事内容と未来について

現在、どのような業務をされていますか?
どのような事業で、その中でどのような役割を担っているのか教えてください。また業務の中で課題があればどんなものか教えてください。

私は流通業界のお客さまの営業担当部署に所属し、主に総合商社のお客さまの担当をしています。お客さまの生産性向上や業務効率化を実現するために、どのようなICTソリューションを提供すればよいかを考え、社内メンバーと話し合いながらサービスのカタチをつくり、お客さまへ提案しています。すでに提供しているサービスに関しても、時には故障が発生し、お客さまにご迷惑をお掛けすることもあります。お客さまの業務への影響を少なくするために社内関係者と連携して迅速に対応し、お客さまからの信頼や満足度を維持することも営業の大切な役割です。お客さまにとっては自分がNTT Comの「顔」になるので、自分が会社の代表という意識で、責任感を持って対応していくことが大事だと考えています。

現在の業務を通じて、お客さまや世の中にどのような価値を提供できると考えていますか?

お客さまの課題の解決や要望の実現を通じて、社員一人一人が快適に業務を行えるICT環境を提供したり、お客さまの事業をさらに拡大する支援ができると考えています。NTT Comはお客さまのICTインフラの土台として必要となるネットワーク、データセンター、クラウド、セキュリティだけでなく、AI、IoTなどの最新技術も含めたトータルソリューションを提供できることが強みです。お客さまに寄り添いながら、お客さまの実現したい未来をともに実現できる共創パートナーを目指し、業務に励んでいます。

03 NTT Comについて

NTT Comのセールスは、顧客にとってどんな存在ですか?

今後さらに、NTT Comがお客さまにとっての価値を高めていくためには、ICTインフラ基盤を支えるだけでなく、お客さまとともに新規事業を創出してビジネス領域を拡大できるような活動が欠かせません。そのため、お客さまとWin-Winの関係を構築できる共創パートナーという存在になれるよう、意識して業務を行っています。重要なのは、お客さまの事業を深く理解し、NTT Comだけでなく、NTTグループの総合力を駆使してどのように事業に貢献できるかを検討すること。日々試行錯誤しながら新規事業創出に取り組んでいます。

NTT Comでは仕事を進める上で社員同士がどのようなチームワークを発揮していますか?

営業部署に限ったことではありませんが、業務においてはチームメンバーや他部署と協力することが必要になります。その点、NTT Comは役職や年齢の壁がなく、風通しのよい雰囲気で、チームワークが発揮しやすい社風だと感じています。営業においても、お客さまへ提案するにあたって、マーケティングチームや開発チームと協力しながら課題やニーズを発掘し、提案活動を行っていきます。また受注後のサービス構築でも、関連部署からプロジェクトメンバーをアサインし、一枚岩でお客さまの求めるサービスをスケジュール通り、要件通りに構築することが重要です。その中で、営業は橋渡し役として、お客さまの声を社内に届けつつ、社内部署のチーム活動の推進やリーディングを行うことがミッションであり、影響力の大きさを実感できることがやりがいになっています。

04 所属チーム相関図

現在の業務におけるチームの相関図をご紹介ください。

営業担当は事業計画に基づき営業戦略を策定し、お客さまへ提案を行うことが基本的な業務です。多様なサービスを提案していく上では、マーケティング・コンサルティング・サービス部署に営業支援をしてもらったり、技術的な支援が必要な場合は、エンジニア部署のメンバーとも協力しながらお客さまへの提案に臨みます。NTT Comだけでは実現できない提案の場合は、パートナー企業や海外グループ会社と連携して共同提案をすることもあります。

NTT Comの各組織の役割はこちら

05 1日のスケジュール

平均的な1日のスケジュールを教えてください

現在NTT Comでは、基本的にリモートワークで在宅勤務となっていますので、仕事のON/OFFを意識しています。プライベートの時間を確保するために、勤務時間はメリハリをつけて、集中して業務をするようにしています。また、リモートワークにおいては、社内メンバーとの打ち合わせもリモート会議になりますが、お互いに時間を有効活用できるよう、会議時間を30分程度と短めに設定し、その時間内に目的が達成できるようにポイントを事前に整理をして議論するように心がけています。

DAILY SCHEDULE
オフタイム
オンタイム
7:00
7:00
起床
7:30
7:30
起床
9:00
9:00
メール・チャット返信・スケジュール確認
10:00
10:00
海外グループ会社とのオンラインミーティング
11:00
11:00
エンジニア部署との週次オンラインミーティング
12:00
12:00
昼食
13:00
13:00
チームメンバーとのオンラインミーティング
14:00
14:00
資料作成・メール、チャット返信
16:00
16:00
お客さまとのオンラインミーティング
(プレゼンテーション)
18:00
18:00
メール返信・資料作成
20:00
20:00
家族と夕食
21:00
21:00
映画鑑賞
23:00
23:00
読書・サッカー観戦
24:00
24:00
就寝

06 OFFTIME

休日の過ごし方を教えて下さい

コロナ禍で家にいることが多いので、会社の同僚とオンライン飲み会やオンラインゲームをしたり、家族と映画鑑賞や読書をすることが多いです。コロナ前は、休日前後で平日に休みをとって、旅行することもありましたので、また落ち着いたら行きたいと思っています。

07 学生へのメッセージ

学生の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

就職活動は企業分析や面談準備などとても大変かと思いますが、自分がどういう人物か、何をやりたいのかを考えるとてもよい機会ですので、じっくり考えていただければと思います。企業選びにおいては、実際に働いている先輩社員に話を聞くとイメージがしやすかったり、思っていた印象からガラッと変わることもあるので、ぜひいろいろな方に話を聞くことをお勧めします。NTT Comは、風通しがよく、社員の強い思いがあれば、チャレンジを応援してくれる企業だと思っています。IT・通信業界に興味があり、その分野でチャレンジしてみたいと思えたら、説明会や先輩社員の話を通して理解を深めてもらえれば幸いです。