Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.

データを集め、分析し、
活用することで、NTT Comのサービスと
お客さまの出会いを増やす。

Digital Marketing

デジタルマーケティング(マーケティング)

和田 健太 Kenta Wada

セールス&マーケティング部 デジタルマーケティング部門
商学部金融学科卒業 2012年度入社

01 学生時代について

02 ご自身の仕事内容と未来について

03 NTT Comについて

04 所属チーム相関図

05 1日のスケジュール

06 OFFTIME

07 学生へのメッセージ

01 学生時代について

02 ご自身の仕事内容と未来について

03 NTT Comについて

04 所属チーム相関図

05 1日のスケジュール

06 OFFTIME

07 学生へのメッセージ

01 学生時代について

学生時代にどんなことをされていましたか?

大学4年間、学部のゼミを総括する団体(生徒会のようなもの)に所属し、イベントの企画・運営に注力していました。例えば、全国の大学の経済学部・商学部系のゼミが成果発表するディスカッション大会やプレゼン大会、起業家の創出を目的とした学内のビジネスコンテストなどの企画・運営です。
大学入学当初、社会人になってから経験するであろうことを早くから擬似的に経験できる場所を探していたところ、友人から誘いを受け入会することになり、約4年間夢中になって取り組んでことで、企画・運営を通じて価値を創出する難しさ、楽しさを経験しました。イベントの企画・運営以外では、塾講師やホテルのレストラン、コールセンターなどのアルバイトに励んだり、友人たちとのドライブや旅行など、充実した学生生活を送りました。

就職活動ではどのような業界を志望していましたか?

通信・IT業界を中心に、大企業からベンチャー企業まで、幅広く就職活動を行っていました。当時、Twitter、FacebookといったSNSやiPhoneが流行し始め、個人が自由に情報を発信できるようになり、多様な情報を簡単に収集できるようになりました。
そのような環境の変化から、私は学生なりに“個人がコンテンツを創る時代”が来ることを予感し、情報がさらに加速的に流通していく中で、「その情報流通の加速を支えるITインフラ」や「感動を与えられるサービス」を創ることが可能で、それらを世界中の人に届けられる会社に入社したいと考えていました。
就職活動は多くの業界を見ることができる貴重な機会という意味では、業界を絞って就職活動していたことは反省すべき点でもありますが、通信・IT業界に身を置いている今でも価値観は変わっていないので、その時の決断に後悔はしていません。

NTT Comへ入社を決意した理由を教えてください。

一番の理由は“情報流通の加速”を支えることにより、多くの人生を幸せにできる会社だと考えたためです。
「幸せな人生=自身が納得して選択し、後悔が少ない人生」であり、そのためには選択肢(情報)の多さが不可欠であると考えていました。「あの時こうしていればよかった!が少ない人生」こそ、幸せな人生だと思っています。早くから選択肢(情報)を持つことができれば、状況に応じて納得できる選択が可能になり、結果として後悔が少ない人生、幸せだったと言える人生を送れると思っています。
情報がさらに溢れる時代が来ることは感じていたので、その情報の質を高めたり、情報収集ができない状況を可能な限り少なくすることが多くの人生を幸せにする上では重要と捉え、インフラやコンテンツで“情報流通の加速”を直接的にも間接的にも支えられるNTT Comはピッタリの会社でした。

02 ご自身の仕事内容と未来について

現在、どのような業務をされていますか?
どのような事業で、その中でどのような役割を担っているのか教えてください。また業務の中で課題があればどんなものか教えてください。

NTT ComのサービスをWEBで注文できるECサイト「ICT Business Mall」のデジタルマーケティングを担当しています。デジタルマーケティングとは、多様なデータやデジタルツールを活用し、お客さまとの接点を創出して受注につなげる活動のことです。これまで多くの企業で、営業担当がお客さまに自社サービスを提案し、受注する“対面営業”が主軸でした。しかし昨今では、お客さまがWEB上でサービスを注文するといった“非対面での売り方”の重要性が広く認識されるようになっています。そのような状況下で、お客さまに「ICT Business Mall」で注文していただくため、WEBサイトアクセスデータやお客さまのデータを活用したWEBサイトへの集客手段の検討、WEBサイトデザインの検討、WEB広告・メール・SNSを活用したアプローチの検討など、多様な視点とツールを駆使したマーケティング戦略を実行しています。よりお客さまへと「ICT Business Mall」の認知を広げ、ご利用いただくことで、「ICT Business Mall」を“NTT Comの事業の柱”に成長させることを主なテーマとして業務に取り組んでいます。

現在の業務を通じて、お客さまや世の中にどのような価値を提供できると考えていますか?

これまで以上に多くのお客さまへ、NTT Comのサービスを利用していただく機会を提供できることです。
例えば、みなさんが日々のショッピングに利用しているECプラットフォームが、逐一担当者とのやり取りが必要なサービスだったとしたら、どうでしょう。「この商品をください」「お会計はいくらです」といったメールの往復が発生するのは面倒ですよね。やり取りができるお客さまの人数にも限りが出ます。つまり、これまでのように、人が介すことでお客さまへ提供できる価値も存在しますが、人が介さないことで新たな価値を生むこともできるのです。
オンラインでは、お客さまがサービス・商品や解決方法を求めて検索サイトを訪れ、目的のWEBサイトを発見したら情報を集め、そのままWEB上で注文できるという行動モデルがあります。デジタルマーケティングでは、その中で取得できるデータから戦略を検討し実行することで、不特定多数の方々へNTT Comのサービスをご利用いただく機会を生むことができます。

03 NTT Comについて

NTT Comのマーケティングは、顧客にとってどんな存在ですか?

今までNTT Comの価値を届けることができなかった多くの方々へ価値提供の機会を生むことができる存在だと思います。
「不特定多数へのアプローチが可能」「多くのデータに基づいた戦略立案・実行」「データを利用したPDCAの高速化」などの強みを持つデジタルマーケティングは、NTT Comが今までアプローチできなかった方々とNTT Comの架け橋になります。その架け橋を多くの人へとつなぎ、強固にしていくことで価値提供の機会を創造できる仕事だと考えています。

NTT Comでは仕事を進める上で社員同士がどのようなチームワークを発揮していますか?

NTT Comには、「各個人の“得意”を上手く組み合わせる」「“心理的安全性”を自然と重視する」というチームワークがあります。
私自身、多くのプロジェクトに参画していますが、NTT Comのサービスが得意、WEBサイト制作が得意、データ分析が得意など、多様な強みを持つ社員が力を合わせ、各プロジェクトの成功率を高め推進しています。
また、その中でも、こんな発言をしたら変に思われるんじゃないか?失敗したら怒られるんじゃないか?という不安は誰でも持っていると思いますが、快くコミュニケーションをとれる社員が多く、NTT Comにおいてそのような不安は杞憂です。
挑戦した結果、失敗しても改善点を明確にし、次回に生かせばよい。そんな考え方が会社に根付いているため、今の世の中で重視されている“心理的安全性”が確保されています。失敗を恐れず、各々が自分の業務に集中して力を発揮できる。そんなチームワークを、NTT Comの会社規模で実践できているところは、社員として純粋に胸を張れるポイントだと思います。

04 所属チーム相関図

現在の業務におけるチームの相関図をご紹介ください。

NTT ComサービスをWEBで注文できるECサイトを企画・運営する上で、自チームではデータ分析・戦略策定・サイトへの流入強化施策などを行いますが、WEB広告・メール配信を行うチームともマーケティング戦略・配信における連携を図っています。また、外部パートナー企業にコンサルティングしてもらう事で、自社に知見があまり無い業務でも成果を出せるようにしています。

NTT Comの各組織の役割はこちら

05 1日のスケジュール

平均的な1日のスケジュールを教えてください

業務開始時には必ず現在抱えている業務を整理・確認し、優先度をつけています。全体の業務の中で、何にどの程度の時間を使うかを見極め、限られた時間の中で成果を出せるように心懸けています。また、会社の制度を活用し、毎日18:00頃には分断勤務を行うことで適度な休憩を挟み、メリハリのある働き方をしています。

DAILY SCHEDULE
オフタイム
オンタイム
7:00
7:00
起床
9:30
9:30
業務開始
1日のスケジュールを確認
10:00
10:00
社内で他部署と
オンラインミーティング
12:00
12:00
昼食
14:00
14:00
パートナー企業と
オンラインミーティング
16:00
16:00
ミーティングを踏まえて、施策資料の作成
18:00
18:00
一時、業務終了
19:00
19:00
夕食・入浴
20:30
20:30
分断勤務で業務再開。データ分析
22:00
22:00
業務終了
24:00
24:00
就寝

06 OFFTIME

休日の過ごし方を教えて下さい

映画か海外ドラマを鑑賞しています。特別多くはないですが、今までに800作品程度鑑賞しています。電子書籍を読むことも多いです。小説はあまり読みませんが、マーケティングやマネジメント、業務効率化などの本が好きで、よく読んでいます。自分のために時間を使える会社環境が大切であることは、年次を重ねる毎に実感しています。

07 学生へのメッセージ

学生の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

「練習の時は自分を最低だと思え。試合中は自分が最高だと思え。」学生の時に後輩が教えてくれた言葉です。就職活動はみなさんにとって試合だと思うので、自分が最高だと思って臨んでみてください。また、就職活動の中で失敗があったとしても、「失敗という経験を得た」と考え、すぐに次の行動へ生かしてみてください。現状維持は“退化”なので。