Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.

法的なリスクを見極め
未然に回避することで、
ビジネスを活性化させる。

Legal

法務(スタッフ)

岡 夏実 Natsumi Oka

法務監査部法務部門
法学部法律学科卒業 2014年度入社

01 学生時代について

02 ご自身の仕事内容と未来について

03 NTT Comについて

04 所属チーム相関図

05 1日のスケジュール

06 OFFTIME

07 学生へのメッセージ

01 学生時代について

02 ご自身の仕事内容と未来について

03 NTT Comについて

04 所属チーム相関図

05 1日のスケジュール

06 OFFTIME

07 学生へのメッセージ

01 学生時代について

学生時代にどんなことをされていましたか?

サークルは自大学の新入生をターゲットとした2000人規模の新歓イベントを開催するサークルに所属していました。1年生が主体となりイベントをつくっていくルールだったので、1年生の時はサークル活動中心の生活でした。私は会場探しや予算管理を担当するチームの責任者を務めていたのですが、なかなかチームがひとにまとまらず苦労した記憶があります。イベント成功という同じ目標に向かって全員が同じ方向を向けるよう各々の意見に耳を傾け、最適な方法を探っていくことで無事イベントを成功させることができました。あの時の達成感は今でも鮮明に覚えています。ゼミは日本国憲法のゼミに所属していました。私の学部では知らない人はいないというほどの名物教授のゼミで、毎週無作為に指名された学生が教授と問答をするというゼミ内容でした。正しい回答を出せないと座らせてもらえないというかなり緊張感漂うゼミでしたので、毎回緊張してお腹が痛くなっていた記憶があります。しかし、極限状態でも思考停止させない訓練を積むことができ、それは社会人になった今でも私の大切な糧になっています。

就職活動ではどのような業界を志望していましたか?

特に業界は絞っていませんでしたが、振り返ってみるとインフラ系に興味を持っていたと思います。私は中学卒業まで父親の仕事の関係で海外に暮らしていたのですが、その経験から、将来は海外とつながりのある仕事をしたいと幼いころから漠然と考えていました。そのため自ずと「グローバルに活躍できる環境があること」が就活の軸となりました。また、長く働き続けたいと考えていたので「女性が働き続けやすい環境が整備されていること」も軸のひとつでした。

NTT Comへ入社を決意した理由を教えてください。

父の仕事の関係でインドネシアに暮らしていた時、インターネットの品質が悪く(遅い、つながらない)不便を感じることがよくありました。インターネットは世界中の誰もが環境さえあれば使えるものなのに、品質は住んでいる国によって大きな格差があることに疑問を抱いていたので、日系企業がグローバル進出する際のICT支援も行っているNTT Comに興味を持ちました。特に入社の決め手となったのは、入社1〜2年目でも海外勤務を経験できる海外トレーニープログラムとジョブローテーション制度があることです。人事異動によって全く違う職種を経験できると自身の業務の幅を広げスキルアップにつなげられると考えています。現に私は入社6年目までグローバルネットワークサービスの保守運用業務を担うICTエンジニアとして業務経験を積んでいましたが、自身のキャリアプランから法務業務を経験したいと考え、入社7年目に法務監査部に異動しました。

02 ご自身の仕事内容と未来について

現在、どのような業務をされていますか?
どのような事業で、その中でどのような役割を担っているのか教えてください。また業務の中で課題があればどんなものか教えてください。

法務監査部は4つのプロフェッショナル機能(法務/リスク/コンプライアンス/内部監査)を有している複合的な部署です。”RiskをChanceに”というスローガンを掲げており、いち早くリスクを見極めそれを手当てすることで、今よりもさらなる高みへ到達するためのチャンスへ転換していくことを目標としています。
私は、製造業のお客さまを担当している営業部や、先進的な技術を使って新たなビジネスをつくり上げていくイノベーションセンター、料金回収業務などを担うプロキュアメント&ビリング部の法的サポート業務に従事しています。業務内容は、契約交渉から、ビジネスのデザインへの関与まで多岐にわたります。私が業務の中で課題と感じていることは、まだまだ法務とビジネスとの間に距離があることです。法務は新たなビジネスを機動的に世の中に出すために障壁となりうるリスクを察知し、未然に回避する方法を検討するという「攻め」の役割を担っています。しかしそのことを十分に部外に発信しきれていないためか、契約締結直前に契約書チェックだけを依頼されることがしばしばあります。ビジネスの構想段階から法務がプロジェクトに入り込めれば、プロジェクトの中身や条件について法務的観点からより貢献できることがあるのではないかと考えるため、今後の業務における課題と考えています。

現在の業務を通じて、お客さまや世の中にどのような価値を提供できると考えていますか?

NTT Comは、お客さまの事業創造や競争力の強化を導くデジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて、社会課題を解決する「Smart World」の実現を目指しています。Smart Worldを実現するためには、収集したデータを他のデータと組み合わせ、目的にあった形でデータを利活用することが肝となります。しかしデータには個人情報が含まれる場合があるため、みだりにデータ利活用を行うことはできません。個々人のプライベートな情報が不正に流通、利用されることがないよう、データ利活用に並行してデータ保護に取り組むことがSmart Worldを実現する上で重要です。法務監査部は、データ利活用、流通における法令上のルールや契約上の留意点、業界別に捉えるべき視点といった、データに関する多岐に渡る法的なポイントを発信しています。このようなデータ利活用に関する法的基盤整備の視点から、NTT Comのビジネスひいてはお客さまや世の中に価値を提供しています。

03 NTT Comについて

NTT Comのスタッフは、顧客にとってどんな存在ですか?

私の今の業務はお客さまと直接お会いする機会はそう多くありません。しかし、契約書を介したお客さまとのやり取りは日々行われています。契約交渉業務は、「交渉」とはいえ一方に有利な条件を勝ち取ることが目的ではなく、お客さまとNTT Comが取り組むプロジェクトについて、一方が過大に負うべきリスクが存在しないか、存在する場合にはそのリスクを回避する方法を模索することをゴールとしています。法務はお客さまとNTT Comの双方が納得してプロジェクトを進めていくための支援の役割を担っているのです。上記のようないわゆる法務業務に加え、法務としてはよりプロアクティブに各プロジェクトへ参加していきたいと考え構想中です。今後お客さまとの直接の接点が増えるのではないかと考えています。

NTT Comでは仕事を進める上で社員同士がどのようなチームワークを発揮していますか?

多くのNTT Com社員が感じていることだと思いますが、社内には支え合いの精神が浸透しています。私が所属しているチームは週に1度、業務対応上出てきた疑問をチームメンバーに共有し意見をもらう時間があります。メンバー各自がこれまでの経験をベースにアドバイスや役立ちそうな情報を共有してくれるため、多様な視点のアイデアをもらえ業務遂行にとても役立っています。他にも、これは私が法務監査部に異動した時に感じたことですが、法務監査部には各自がプロフェッショナルであり続けるため、日々自身を成長させ続けようとする空気があります。先述した支え合いの精神と相まって、とても頼もしいチームメンバーと一緒に日々仕事を進めることができています。

04 所属チーム相関図

現在の業務におけるチームの相関図をご紹介ください。

社内では、自身が担当している営業部、料金回収部門、新ビジネス構想部門とのやり取りが主です。相談を受ける中でサービス仕様の確認が必要となった場合は、各サービスのサービス企画部門と連携します。相談内容に法的論点が含まれ、専門家の意見を仰ぐ必要がある場合は、弁護士に相談して対応を進めます。

NTT Comの各組織の役割はこちら

05 1日のスケジュール

平均的な1日のスケジュールを教えてください

複数の案件を並行して進められるよう、各案件の対応時間を自分の中で割り振って業務を進めるよう心がけています。

DAILY SCHEDULE
オフタイム
オンタイム
6:30
6:30
起床・朝食
6:45
6:45
ラジオ英会話を聞きながら
家族と朝食
9:00
9:00
案件定例
10:00
10:00
案件定例で決まった事柄を関係部署に共有
12:00
12:00
家の近所のレストランで
テイクアウトしたランチを頂く
14:00
14:00
法務相談対応(契約書チェック等)
15:00
15:00
弁護士とのオンラインミーティング
16:00
16:00
契約審査案件について営業部と
オンラインミーティング
19:00
19:00
ジョギングもしくは筋トレ
20:30
20:30
夕食
23:20
23:20
ラジオ英会話
24:00
24:00
就寝

06 OFFTIME

休日の過ごし方を教えて下さい

最近、体を動かすことが嫌いではないと気づき、毎日ジョギングや筋トレをすることで気持ちをリフレッシュさせています。
休日は友人とオンラインリアル脱出ゲームをしたり、家族とショッピングに行ったり東京近郊を観光して過ごしています。コロナ前は定期的に海外旅行をしていたので、早く海外旅行が解禁されることを願ってやみません。

07 学生へのメッセージ

学生の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

コロナ禍という特殊な環境での就職活動ということで大変に感じられている部分もあるかと思います。しかし心の余裕をなくさず、自分は社会に出て何を実現したいのか、どのようなスキルを身に着けたいのか、そういったことを自分自身に問いてみてください。気負いすぎず自然体で就職活動に臨んでいただければ、自分に合った会社というものが自ずと見えてくると思います。