Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの事業拡大につながる
ICTインフラの構築を目指し、
力を合わせて試行錯誤し続ける。

Sales

セールス

榎本 美里 Misato Enomoto

第三ビジネスソリューション部
法学部政治学科卒業 2014年度入社

01 学生時代について

02 ご自身の仕事内容と未来について

03 NTT Comについて

04 OFFTIME

01 学生時代について

学生時代にどんなことをされていましたか?

国際政治/安全保障のゼミやテニスサークルに所属していました。また学生のうちにいろんな国へ行きたいと思っていたことや、働くことに興味を持っていたことから、さまざまなアルバイトを経験しました。そのうちの一つ、映画館でチケット販売のアルバイトをしていた時のことです。ある日「今後は機械でチケットを売っていくため、辞めるか他のセクションへ異動を」と言われ、単純作業の機械への置き換わりを実感しました。その後は新聞・不動産の斡旋のアルバイトを始め、頑張った分だけ成果として返ってくることや、人を相手にした時の正解がない難しさ、そして工夫したことで得られる成長を実感した経験から“営業”という職種に漠然と興味を持ちました。

就職活動ではどのような業界を志望していましたか?

就職活動を始めた当初、業界は幅広く、グローバルに活躍できる環境、営業職で女性が長く働ける環境を中心に数多くの会社の説明会やインターンに参加しました。その中で、自身が苦手としていて、かつ今後も必ず重要になってくるICT分野への苦手意識を克服しないと時代に取り残されると思い、興味を持ちました。そこでNTT Comをはじめとする通信キャリアの会社を志望するようになりました。

NTT Comへ入社を決意した理由を教えてください。

若いうちから海外で活躍できるチャンスがあったこと、女性社員の割合が多く制度が整っていたこと、そして部署異動を希望して通れば異動できることです。1つ目は考え方や文化がまったく異なる海外で若いうちから実務を経験し、力をつけたいと考えていたからです。2つ目に関しては、長く働きたいと考えていたので、そのためには続けられる環境がないといけないと思い、女性社員の方に実際に話を伺っていました。3つ目の部署異動につきましては、仕事をしていく中で挑戦したいことも変わっていくと思い、その時に挑戦できる土台があるかどうかという点で重要視しました。今では当たり前になってきていますが、私が就職活動をした当時は「BYODやどこでも働ける環境」に興味を持ち、最終的にNTT Comに入社しました。

02 ご自身の仕事内容と未来について

現在、どのような業務をされていますか?
どのような事業で、その中でどのような役割を担っているのか教えてください。また業務の中で課題があればどんなものか教えてください。

私の所属する部署では、主に製造業のお客さまへの営業を担当しています。その中でも私は飲料・食品・包装容器の大手企業のお客さまを担当しています。日頃の業務をスムーズにするための快適な回線、システムの基盤となるクラウドやデータセンター、最近ではかなり重要度の高いリモートアクセス基盤、メール・セキュリティの商材をご利用いただいています。さらに、ご提案の範囲はこのようなインフラ領域だけにとどまりません。お客さまの工場生産ラインにおいて機械の故障によるロスを削減するために、機械周辺に取り付けたセンサーデータから異常を事前に検知する故障検知・予知のAIシステムなども仮導入いただいています。
日々仕事をする上でさまざまな課題に直面しますが、最近ではこのような工場内での異常検知システムの取り組みを始めた時に、なかなか思っていたような成果が出ず、エンジニアと共に進め方を模索することがありました。他社での分析事例を参考にさまざまな手法を試すだけでなく、お客さまと相談し、実際の工場を見に行き、「センサーにどのような意味があるのか」「数字の裏に隠された背景とは何か」を知ることで分析精度を上げようと考えました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、結局工場見学は中止となってしまいましたが、リモートによるお客さまとの打ち合わせや現場の作業員の方のコメントなどから、数字だけでは見えてこなかった因果関係が少しずつ明らかになり、分析の質の向上につなげることができました。まだ本番導入という段階には来ておりませんが、このように日々試行錯誤しながら周りのエンジニア、お客さまと力を合わせて課題解決に取り組んでいます。

現在の業務を通じて、お客さまや世の中にどのような価値を提供できると考えていますか?

お客さまが描いているICTインフラのイメージに近づけられるよう手段を考えること、そしてお客さまが知らない情報を提供することで、次世代インフラ基盤をより具体的に描けるようサポートすることだと思います。インフラ基盤は企業にとってなくてはならない存在ではありますが、一方でインフラ基盤への投資は一般的にコストとして見みられています。単なるコストではなく、お客さまの事業拡大につながるようなインフラ基盤にしていくことが理想だと思っています。

03 NTT Comについて

NTT Comのセールスは、顧客にとってどんな存在ですか?

お客さまの実現したいことを一番に相談する相手、でしょうか。そのためにはお客さまのことを深く知り、お客さま目線で物事をとらえるよう意識する必要があると思っています。そして基本的なことではありますが、自分で考えて行動に移すことを大切にしています。日々業務を経験する中で、ルーティーンとなってしまい、頭で考えなくてもある程度業務をこなせるようにはなるのですが、そうではなく常にこれが最善のやり方なのかを考えた上で社内の関連部署に相談し、ベストな選択ができるよう心がけています。そしてお客さまを深く知っているからこそ考えられる、お客さまの事業拡大につながるようなアイデアを提案できるような存在でありたいと思います。

NTT Comでは仕事を進める上で社員同士がどのようなチームワークを発揮していますか?

当たり前のことですが、営業だけで案件は完結しません。提案を始める前から、サービス部門のメンバーとお客さま環境におけるメリットやデメリットを検討します。その上で、今度はエンジニアと実際に構築・運用をする見積もりを算出するなど、多くのメンバーと協力しています。案件の成功のために、何か課題が出てきた時はメンバ―同士協力して知恵を出し合い、解決に向けて粘り強く取り組みます。それぞれが幅広い業界のお客さまへICTソリューションを提供した経験とノウハウを持っているので、課題に対して出てくる解決策にも多様性があります。営業にとっては、こういった社内の強力なメンバ―がいることで安心して提案ができます。

学生の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

入社してから思っていた以上にやりたいことを応援してくれる会社だと感じました。何かに挑戦したいと思った時、若手でもその想いを発信すると機会が与えられるような風通しの良さがあります。ベストな選択ができるよう、まずは多くの業界・会社を見ることが重要だと思います。想像していなかったような働き方変革がわずか1年で起きている今、企業にとっても「変化」を柔軟に受け入れ、適応していく力は重要だと思います。実際に見て、社員と話して、具体的に働くイメージをしてみてください。

04 OFFTIME

休日の過ごし方を教えて下さい

海外旅行が大好きで夏季休暇ではヨーロッパやロシアなどへ行っていました。最近では国内の温泉地へ行ってリフレッシュしています。