日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ニュース

このページのPDFを開く

 

2014-R125

2014年10月14日

日経BP社「第9回 クラウドランキング」において
「ベストブランド」と「ベストサービス」に選出

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、日経BP社(本社:東京、代表取締役社長:長田公平)が2014年10月14日に発表した「第9回クラウドランキング」において、「ベストブランド(12社)」と「ベストサービス(43サービス)」に選出されました。これにより、NTT Comは、第1回クラウドランキング以降、毎回連続してベストブランド・ベストサービスに選出されたことになります。

NTT Comは引き続き、グローバルクラウドビジョンに基づき、お客さまのICT環境のクラウド化/データセンターへの移行を契機に、ネットワーク/音声などのアプリケーション/セキュリティまで含めたグローバル共通品質のサービスを最適に組み合わせ一括運用する、通信事業者ならではのシームレスICTソリューションを通じ、お客さまの経営改革に貢献いたします。

<選出内容>

  • ベストブランド

    NTT Com

  • ベストサービス クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)部門

    NTT Com「Bizホスティング」

  • ベストサービス 汎用情報系SaaS部門

    NTT Com「WideAngle マネージドセキュリティサービス」

  • ベストサービス プライベートクラウド構築支援サービス部門

    NTT Com「クラウドマイグレーションサービス」

  • ベストサービス データセンター部門

    NTT Com「Nexcenter」


第9回 クラウドランキング

(参考1) 第9回クラウドランキングの概要

日経BP社のIT系総合メディアである日経コンピュータとITproは共同で「第9回クラウドランキング」を制定しました。クラウド時代をリードするとの期待を集めるベンダーを「ベストブランド」に、クラウドらしく移行もしやすいサービスを「ベストサービス」に選定し、参入相次ぐクラウドコンピューティング市場でユーザーの指針となることを目指しました。

ベストブランドは6,029人から有効回答を得たアンケート調査を基にクラウドベンダーとしての認知度と、技術力や信頼性などのイメージを総合評価して選びました。第9回クラウドランキングでは、クラウド関連で事業展開をするベンダー200社の中から12社を「ベストブランド」に選出しました。

ベストサービスはベンダー218社に依頼したアンケート調査から、クラウド関連サービスの仕様を詳しく調べた結果に基づいて選びました。評価は「クラウドらしさ」と「既存システムからの移行のしやすさ」、「情報公開の程度」などを重視して一定の基準で実施しました。「ベストサービス」には[1]クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)、[2]汎用業務系SaaS、[3]汎用情報系SaaS、[4]特定業種業務向けSaaS、[5]パブリッククラウド導入支援サービス、[6]プライベートクラウド構築支援サービス、[7]データセンターの7部門で43サービスを選出しました。

(参考2) 第8回クラウドランキング(2014年2月25日発表)の選出内容は以下参照

http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20140225.html

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

経営企画部 広報室 アナリスト担当

03-6700-4030

このページのトップへ