Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

環境宣言・環境目標

NTTコミュニケーションズグループでは地球環境に関する世の中の動向を見据えつつ、2020年からさらなる未来を目指して、私たちNTTコミュニケーションズグループの環境活動を2016年11月に見直し、環境宣言および環境目標2030を設定しました。

 

私たちNTTコミュニケーションズグループは、時代を先駆ける技術やサービスの提供を通じて、人と地球が調和する未来の実現に向け、世界中の全社員が一丸となり環境活動に取り組んでまいります。

NTTコミュニケーションズグループ 環境宣言

 

NTTコミュニケーションズグループ 環境宣言

人と地球が調和する未来のためのグローバル環境経営の最先端へ

時代を先駆ける技術やサービスの提供を通じて、3つのテーマに取り組んでいきます。

  • 社会が低炭素化している未来 社会が低炭素化している未来 世界が目指すCO2排出量の大幅削減と、気候変動リスクの適応に貢献します。
  • 資源が循環している未来 資源が循環している未来 資源の有効利用に貢献します。
  • 自然と共生している未来 自然と共生している未来 生態系の保全に貢献します。

環境目標2030

「環境目標2030」では環境宣言で掲げた未来を実現するための3つのテーマについて、それぞれ取り組み目標を設定いたしました。

目指す未来 取り組み施策
社会が
低炭素化
している未来
社会からの
CO2排出削減貢献量
NTT Comグループによる社会のCO2排出の削減貢献量を、
NTT Comグループ自身の排出量の10倍以上とします
通信事業の
電力効率
通信事業(データセンター含む)の通信量あたりの電力効率を、
2013年度比で10倍以上とします
気候変動適応への
貢献
気候変動への適応に貢献するため、あらゆる活動を通じた取り組みを積極的に推進します。
また、ステークホルダーの皆さまと協働していきます
資源が循環
している未来
廃棄物の
最終処分率
NTT Comグループが排出する廃棄物の最終処分率を1.5%以下とします
自然と共生
している未来
生態系保全の
取り組み
生態系を保全するため、あらゆる活動を通じた取り組みを積極的に
推進します。また、ステークホルダーの皆さまとも協働していきます

NTTコミュニケーションズ 環境戦略の指針

環境宣言とあわせ、私たちは環境活動に関するさまざまな指針を設けています。これらを常に順守し、多様化する環境問題に対し確実に責任を果たしていきます。

 

 

環境戦略を海外拠点と一体的に推進することを重要な責務と位置付け、2009年度から、環境経営の基盤整備を世界規模で進めています。
2012年度に、グローバル環境マネジメント体制の整備を目的に拠点単位に環境担当者を設置。
2013年度からは、各国の環境負荷低減の取り組みを共有化するグローバル環境マネジメント会議を開催し、取組活動のボトムアップを図り、活動を促進しています。

 

 

グリーンICTビジョン2020の振り返り

2010年10月に策定したグリーンICTビジョン2020の成果はこちらをご覧ください。

★各テーマごとの目標は、目標年度より前倒しで達成しました。現在は新しい目標を策定中です。

お問い合わせ

このページのトップへ