サービスインフォメーション
平成19年7月9日

「ウェブdeコール」の新機能提供について
〜ウェブサイトへの誘導・共有や複数回線対応による、より親密な顧客サポートが可能に〜

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、ウェブサイトを開設している企業・店舗向けサービス「ウェブdeコール」において、企業・店舗(サイト運営者)が顧客(サイト閲覧者)に対し、通話中にウェブサイトの画面を共有することで、わかりやすい商品紹介やサポートができるURL連携機能と、複数の顧客から同時に通話受付ができるグループ化機能を、平成19年7月9日から提供します。


1.サービス概要

(1)URL連携機能

「ウェブdeコール」で通話中に表示されるポップアップ画面中のアイコンをクリックすると、企業・店舗側が予め登録したウェブサイトを表示する機能です。顧客を特定のウェブサイトへスムーズに誘導することができます。

URL連携機能と、NTT Comで提供している「WebConnect」を連携させることで、顧客とパソコン画面が共有できるため、聴覚だけでなく視覚にも訴えるわかりやすい顧客サポートやセールスができ、成約率や顧客満足度のさらなる向上が期待できます。(別紙1参照)

(2)グループ化機能

導入企業・店舗側で着信する電話が代表番号を組んでいる場合、「ウェブdeコール」の番号を複数組んだグループを設定することで、他の顧客が通話中であっても、新たに着信が来た際にはグループで組んだ他の番号を利用することにより通話中にしないための機能です。

「ウェブdeコール」の1つのアイコンで複数の顧客からの電話を同時に受けることができるため、コールセンタなど、複数回線で受付を行っている業務にも対応が可能となります。(別紙2参照)

2.利用料金

今回の機能追加に伴う料金の変更はありません。

3.提供開始時期

平成19年7月9日提供開始

※画面共有をご利用する場合WebCoonectサービスの契約が必要です。
WebConnectについては、こちら(http://www.ntt.com/webc/scsotl.html)をご参照ください。
<本件に関するお問い合わせ先>
お問い合わせはこちらまで
URL:http://www.ntt.com/webdecall/