ニュース / NEWS

スーパーラグビー2018で全試合出場中。ヴィリー・ブリッツ選手(サンウルブズ)がチーフス戦に先発出場。

ヴィリー・ブリッツ選手

南半球最高峰リーグ「スーパーラグビー」に参戦3年目のサンウルブズ(日本)で、共同主将を務めているNTTコミュニケーションズ シャイニングアークスのヴィリー・ブリッツ選手が、3月24日(土)、東京・秩父宮ラグビー場で行われた第6節チーフス(ニュージーランド)戦に先発出場を果たしました。

今季の日本チーム・サンウルブズは、本拠地の東京・秩父宮ラグビー場で2試合を戦ったのち、過酷な南アフリカ遠征へ出発。ブリッツ選手はシャークス戦に先発、ライオンズ戦にも後半から途中出場し、ここまで全4試合に出場していました。

そして24日(土)、帰国したサンウルブズが秩父宮ラグビー場で相まみえたのは、スーパーラグビーを連覇(2012、2013)したこともあるニュージーランドの強豪チーフス。

怪我人が続出しているサンウルブズですが、ブリッツ選手はこの日ナンバーエイトで先発。全5試合に出場している数少ない選手として、また共同主将としてチームを牽引しました。

試合は序盤からニュージーランド代表“オールブラックス”の選手も多く在籍するチーフスのペース。
チーフスのFLサム・ケイン主将は再三のタックルで会場を沸かせ、LOブロディー・レタリックはラインアウトで見せ場をつくり、日本人ファンも多いSOダミアン・マッケンジーは得意のカウンター攻撃を披露。

ニュージーランド勢得意のオフロードパスを効果的につながれたこともあり、サンウルブズは前半20分までに失4連続トライ。

サンウルブズは前半36分にWTBセミシ・マシレワ選手、後半2分にWTBホセア・サウマキ選手がトライを返しますが、そこからさらに5連続トライを奪われ、10-61で大敗。

サンウルブズは海外遠征直後のため通常より試合週の練習期間が短く、国内で待機していた選手たちと連携を深める時間が足りなかったこともあり、この日は特にラインアウトでミスを連発。

チーフスが個々のスキルで上回っていたこともあって、サンウルブズは見せ場を作れずシーズン5敗目を喫しました。

80分間ピッチに立ち続けたブリッツ選手は試合後、駆けつけたファンに見守られるなか、共同主将としてグラウンド内のインタビューにこう答えました。

「チーフスは我々に本当にプレッシャーをかけ、良いプレーをしました。サンウルブズには(ゲームプランの)遂行力が足りなかったところもありますが、努力はチーム全員がしていました」

――休みの週(BYE WEEK)を挟んで、次はオーストラリアのワラターズと対戦します。

「しっかりと身体を休めて、やるべきことをしっかりとやっていきます。ファンの皆さま、毎回毎回試合に足を運んで応援して頂いて、本当に感謝しています」

ピッチでのインタビュー後、ブリッツ選手は、日本代表指揮官でもあるジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチと共に記者会見場へ登場。

前節のライオンズ戦から11人の変更があった先発メンバーについて問われ、共同主将として以下のように答えました。

「(前節ライオンズ戦から11人の)メンバー変更があったから上手く機能しなかった、とは思いません。新しく入ってきたメンバーは素晴らしい姿勢で、ベストを尽くしてくれたと思っています」

「しかし緩んでしまった場面があり、そこで(前半に)4本のトライを取られてしまいました。こちらが思い切って勝負した場面では、ミスが起こってしまい、流れを掴むことができませんでした。やはり追いかける試合というのは非常に苦しいです」

ニュージーランドの強豪チーフスに大敗し、開幕5連敗を喫したサンウルブズ。

一週間の休息を挟んで、4月7日(土)、秩父宮ラグビー場でオーストラリアのワラターズと対戦します。

3年目のシーズンも厳しい船出となったサンウルブズですが、新戦力も多く加入した今季の戦力は充実しています。チームを引っ張るブリッツ選手のリーダーシップ、ファンの心を掴む敢闘精神にこれからも期待したいところです。

今季初勝利を信じ、ブリッツ選手へ、そして日本を代表して海外強豪チームと戦うサンウルブズへ、ともに声援を送りましょう!