ニュース / NEWS

2月3日(金)に、CSR活動の一環として市川市立真間小学校にてタグラグビー教室を行いました。

タグラグビー教室写真

シャイニングアークスがタグラグビー教室を行う日は毎回快晴です。今回も青空のもと、市川市立真間小学校にて約80名の6年生に対してタグラグビー教室を行いました。

講師として友井川拓選手、白隆尚選手、佐藤勇人選手、目崎啓志選手が参加。今回も様々なセッションをゲーム形式で小学生の皆さんが楽しめるように実施しました。

タグとり鬼ごっこでは目崎選手、白選手も小学生の皆さんと対決し、いい勝負を繰り広げていました。また、パスゲームでは2つのチームに分かれ、勝負形式で対戦。友井川選手チームと佐藤選手チームに分かれ、それぞれアドバイスをしながら、少しずつパスも上手にできるようになりました。

ゲーム形式でタグラグビーを行った後は「小学生vs.シャイニングアークスの選手」を実施。シャイニングアークスの選手4人に対して小学生は約30名!シャイニングアークスの選手も苦戦し、白熱するあまり佐藤選手は小学生に囲まれ転倒も。6年生のみなさんも選手の凄さを間近に見ることができ、興奮している様子でした。タグラグビー教室終了後には給食をおいしくいただき、小学生のみなさんとの交流を深めました。

真間小学校のみなさん、ありがとうございました!

また、タグラグビー教室の前には真間小学校の最寄駅である市川真間駅にて清掃活動を行い、地域の美化に努めました。

シャイニングアークスは今後も様々な学校でタグラグビー教室を行います。
グランドで会いましょう。

タグラグビー教室写真
タグラグビー教室写真
タグラグビー教室写真
タグラグビー教室写真