試合日程・結果 / FIXTURES & RESULTS

2017年11月18日13時00分 KICK OFF練習試合

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスNTTコミュニケーションズシャイニングアークス

vs

サントリーサンゴリアスサントリーサンゴリアス

14vs26

前半14 - 19

後半0 - 7

シーズン終盤へ向けて貴重な実戦機会!
サントリー相手にトレーニングマッチ。

トップリーグの中断期間を迎えている我らがNTTコミュケーションズシャイニングアークス(以下アークス)が、11月18日、NTT千葉総合運動場グラウンドでサントリーサンゴリアス(以下サントリー)と練習試合を行いました。

2017年度のリーグ戦も4試合を残すのみ。ここまでアークスは5勝4敗でレッドカンファレンス5位(勝ち点23)。

各カンファレンス上位2チームが進出できる日本選手権を目指し、12月の4試合でひとつでも多く勝ち星を重ねたいところです。

今季第4節で破れている昨季王者サントリーは、終盤戦へ向けたトレーニングマッチの相手としては十分。アークスはこの日、45人の登録メンバーを次々と入れ替えながら激しくプレーしました。

先制はビジターのサントリー。

前半4分、アークスがオフサイドを犯し、左ゴール前に侵入したサントリーは、22mライン付近からラインアウトモール。うまくモールをコントロールしながら前進し、そのまま左隅にトライ。ゴール失敗で0-5。

アークスの反撃は前半8分でした。

サントリーの長い連続攻撃を受け止めきってマイボールを獲得すると、クイックリスタートからSO小倉順平が無人の左奥へキック。

サントリーが捕球するも、キックに反応していたバックス陣がプレッシャーをかけて反則を誘発。

直後、FBブラッキン・カラウリアヘンリーのリスタート。ショートサイドにいたゲーム主将のFL栗原大介へ渡り、左隅からインゴールを奪取。SO小倉のゴールキックも成功し、7ー5と逆転します。

勢いに乗るアークスは前半16分、鮮やかなカウンターで追加点。

サントリーのキックを自陣22m内で受けたFBカラウリアヘンリーが、走り込んできたSO小倉へパス。守備網を突破すると、SO小倉がタックラーを吹き飛ばし豪快にディフェンス裏へ!

SO小倉から素早くサポートについていたFBカラウリアヘンリー、そしてふたたびSO小倉へパスが通ってそのまま中央へトライ!二人きりで王者サントリーから約80メートルの強烈なカウンターを決めてみせ、SO小倉がみずからゴールも決め、14-5とリードを広げます。

サントリーは9点を追いかける前半27分。アークス陣内で執拗にボールをキープして波状攻撃を繰り出し、最後は右サイドで14番がフィニッシュ。ゴール成功で14ー12。

【選手入替/前半29分】FL目崎啓志→鶴谷昌隆/SH湯本睦→光井勇人/SO小倉順平→友井川拓/CTB石橋拓也→シェーン・ゲイツ/CTB溝口裕哉→マックス・ウッドワード/WTB羽野一志→菊池功一郎/FBブラッキン・カラウリアヘンリー→小川優輔

黄色いジャージが追加点をスコアしたのは、アークスの反則が増え始めていた前半41分。

アークスはキック処理からラックでノットリリース・ザ・ボールの反則を取られ、サントリーがふたたび敵陣左ゴール前に侵入。

サントリーが今年注力しているラインアウトモールからこの日2度目のトライを決められ、ゴール成功で14ー19と逆転。ハーフタイムを迎えました。


【選手入替/後半0分】PR上田竜太郎→庵奥翔太/PR小野慎介→レイルア マーフィー/HO須藤拓輝→三浦嶺/LOアイザック・ロス→中島進護/FL栗原大介→金正奎/CTBマックス・ウッドワード→小野寛智/FB小川優輔→沼尻大輝

後半早々にもラインアウトモールで前進を許したアークスでしたが、途中出場のFL金正奎キャプテンがラックで奮闘。流石のプレーで反則を誘発して攻撃権を奪取。

アークスはその後ビッグゲインからSO友井川拓のグラバーキックをチェイスし、敵陣ゴール前へ。それから約10分以上、激しいスクラムバトルを何度も交えながら相手インゴールへ迫りますが、最後は連係ミスによるノックオンでスコアはならず。

【選手入替/後半17分】SO友井川拓→西村渉/SH光井勇人→西橋勇人/WTB菊池功一郎→髙悠也/CTBシェーン・ゲイツ→鶴谷知憲
【選手入替/後半20分】FL鶴谷昌隆→牧野内翔馬/LO金嶺志→杉浦直人

敵陣に入ったサントリーは後半20分、アークスの反則からエリア左隅に入ってゴール前ラインアウトモール。ここでもアークスのFW陣を攻め立てインゴールを割り、ゴール成功で14-26となります。

【選手入替/後半26分】PR庵奥翔太→楢山直幸/HO三浦嶺→種本直人/PRレイルア マーフィー→三宮累/WTB鶴田諒→大芝優泰

その後雨脚が強くなった影響もあってチャンス時にノックオンをしてしまうなど、アークスは敵陣でのチャンスを存分に活かすことができず。最終スコアは14ー26となりノーサイドを迎えました。

リザーブのほとんどが出場したアークスに対し、サントリーの交替は7人。それぞれの位置付けも異なったゲームで、アークスは多くの選手が終盤戦前に実戦を積みました。

リーグ中断明けの12月2日、秩父宮で対戦する神戸製鋼は、アークスの所属するレッドカンファレンスの2位。4強入りを目指すアークスにとって落とせない一戦です。

残りの中断期間でさらにチーム力を高め、アークスは重大決戦が続く12月へ挑みます。

試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。