試合日程・結果 / FIXTURES & RESULTS

2016年11月19日11時30分 KICK OFF練習試合

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスNTTコミュニケーションズシャイニングアークス

vs

東芝ブレイブルーパス東芝ブレイブルーパス

19vs19

前半14 - 19

後半5 - 0

怪我からの復帰メンバーも躍動、戦力の充実を示す

11月19日(土)、東芝府中グランド。ウィンドウマンス中の練習試合第一戦は、リーグ第9節で熱戦を繰り広げた東芝ブレイブルーパスが相手となりました。12月からの後半節を迎えるにあたって、前半節でのノンメンバーや怪我からの復帰戦となるメンバーのテストともなる試合です。

光井勇人が約11か月ぶり、金正奎が約4か月ぶりにメンバー登録され、今シーズン初出場となりました。また春先の手術とその後のリハビリのため、入団後に試合経験の無かった新人の髙悠也もリザーブ登録されています。

試合写真

雨はほぼ上がりましたが、肌寒い天候の中、11時30分に東芝ボールでキックオフ。

前半0分、自陣深くからキックで返したボールを、ハーフウェイを超えたフィールド中央で相手がキャッチ。そのままカウンターアタックを仕掛けられ一気にトライを奪われてしまいます。G0-7。

さらに前半6分、自陣ハーフウェイ手前から展開され、22m付近からラインブレイクされてトライ。G×0-12。

自らがラッシュをかけたかった試合の入りで連続トライを奪われてしまいます。

次のトライを相手に奪われてしまうと試合の行方が大きく傾きそうな状況でしたが、前半17分に敵陣ゴール前5mからのマイボールラインアウトを起点にラックで近場を攻め続けてから展開し、SO川本祐輝が相手のスペースが空いたのを見逃さず切り込んでトライ。自身のゴールも決まり、7-12。

試合写真

さらに前半35分、敵陣中盤からSO川本→PR楢山直幸→PR上田竜太郎へと素早く繋ぎ、そこからNo.8山下弘資が大きく突破してトライ。G14-12。

試合写真

試合写真

しかし、前半終了間際の39分、自陣中盤のラックから一瞬プレーが止まってしまった隙を相手に突かれてトライ。G14-19。ここで前半終了。

スリッピーなコンディションのため、グランドをワイドに使って外に大きく展開するようなアタックはあまり行わず、お互いにキックを多用しアンストラクチャーな状況が多く出現。接点でのフィジカルバトルで譲らずに応戦し、スクラムも安定して組むことが出来ていました。

試合写真


後半シャイニングアークスボールでキックオフ。

後半0分、選手交替。HO白隆尚→種本直人、FL金正奎→目崎啓志、SH光井勇人→西村渉、SO川本祐輝→シェーン・ゲイツ。WTBフランクリン・カルゲイ→髙悠也。

小雨がまた降り始めたこともあり、後半も両チームともにキックを多用してエリアを奪い合い、相譲らない勝負を繰り広げていきます。

後半6分、敵陣22m内でのラックから展開し、最後はSOシェーン・ゲイツが鋭く縦に切り込んでトライ。G×19-19。

試合写真

後半10分、選手交替。PR上田竜太郎→秋葉俊和、PR楢山直幸→佐藤勇人。

後半15分、選手交替。CTB鶴谷知憲→鶴田諒。

後半はスクラムで圧力をかけて相手のコラプシングにさせるなど、セットプレーでの改善も見られました。

試合写真

試合写真

後半22分、選手交替。FB沼尻大輝→フランクリン・カルゲイ。
●後半27分、HO種本直人がシンビンで10分間の一時退場。

その後もお互いに粘り強いディフェンスで得点を許さずに、19-19のまま試合終了。

お互いに3トライずつを挙げ、ブレイクダウンやセットプレーでも互角の戦いを繰り広げ、後半節に向けて期待感を抱かせる試合内容でした。またシーズン前の怪我から復帰して今シーズン初出場となった光井勇人、金正奎選手、髙悠也の3選手の他、鶴田諒と中島進護もシーズン中の怪我から復帰して無事試合を終えることが出来ました。

試合写真

試合写真

試合写真

必ずや後半節に巻き返しを図ってくるであろう強豪チームに対して、ここまでリーグ公式戦にあまり出場できていなかったメンバー同士の試合でも互角の戦いをできたことは、選手たちの自信にもなったことと思えます。

12月3日のサントリー戦から始まる後半節に向け、フレッシュなメンバーも戻ってきて、楽しみが増すばかりです。

リーグ再開前には、11月25日(金)に練習試合 vs リコー戦がNTT千葉総合運動場グランドであります。また、グランドで逢いましょう。

金正奎選手の試合後コメント

金正奎選手

4か月間、自分にフォーカスしながらしっかりとリハビリをやってきましたが、怪我や手術自体が自分にとって初めてのことでしたので、この試合に対して不安や緊張はありました。無事に40分できたことには、ほっとしています。

ファーストコンタクトは緊張しましたが、それ以降は普通にできたと思います。怪我の箇所は全然問題ありません。

4か月空きましたので、試合勘に関してはこれからですね。

怪我をしている間にファンの皆さんからエールや温かいメッセージをいただきまして、励みになりました。これからプレーでしっかり恩返しをしていきます。

光井勇人選手の試合後コメント

光井勇人選手

昨日から緊張していて、試合前は不安と楽しみの気持ちが半分半分ぐらいありました。パフォーマンス的にはそれほど良くは無かったと思いますが、40分間怪我無くプレーすることが出来てほっとしています。

怪我をした膝に関しては全く問題無く、万全の状態になりました。

復帰戦の相手がフィジカルの強い東芝さんだというのは意識していました。グランド状況が悪かったのですが、うちのFWも頑張ってくれましたのでいいゲームだったと思います。

約1年ぶりに出場した練習試合となりましたが、これからもっとパフォーマンスを上げていって、昨シーズン以上のプレーができるように頑張りますので応援よろしくお願いします。

髙悠也選手の試合後コメント

髙悠也選手

大学選手権から11か月試合に出ていなかったので、正直に言えば体力的にきつかったです。ただコンタクトに関しては、思っていたよりも通用した部分はありました。チームに入ってからウェイトしかやってこなかったので、体はしっかりできていることを実感しました。フィットネスは試合で培っていかないと戻らないかなと思います。

これからまず40分動けるだけのフィットネスを身に付けて、サインもしっかり覚えて周りと連携を取れるようにしていきます。

ファンの皆さまには大変長らくお待たせしてしまって申し訳なく思っています。シーズンの残り試合に出場できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。

試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。