試合日程・結果 / FIXTURES & RESULTS

2016年8月19日17時00分 KICK OFF練習試合

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスNTTコミュニケーションズシャイニングアークス

vs

キヤノンイーグルスキヤノンイーグルス

40vs13

前半12 - 6

後半28 - 7

後半4トライの猛攻で、開幕戦へ弾みとなる勝利

8月19日(金)、町田・キヤノンスポーツパーク。
トップリーグ開幕を一週間後に控え、最後の練習試合が行われました。

相手のキヤノンイーグルスはトップリーグ入りでは一年遅れながら着実な強化を行い、2013年度以降の順位では常に上位チームとなり、今シーズンのトップリーグでも厳しい順位争いのライバルとなることが予想されます。

試合写真

17時、シャイニングアークスボールでキックオフ。

高温多湿のコンディションで芝生が濡れていたためか、両チームともハンドリングエラーが目立ちます。

シャイニングアークスは、ノックオンやラインアウトの乱れからボールを継続できず流れを掴めません。

前半7分、自陣ゴール前での反則にキヤノンがPGを選択。G0-3。

前半15分、またしても自陣ゴール前での反則にキヤノンがPGを選択。G0-6。

本番仕様のシビアなゲームメイクが行われます。

ミスが多く、試合の入りが悪かったシャイニングアークスですが、相手ディフェンスのわずかな乱れを見逃しません。

前半19分、敵陣35m付近でのマイボールスクラムを起点に、No.8アマナキ・レレィ・マフィがボールを持って相手ディフェンスを引き付けます。そこからクイックハンズで逆サイドに展開し、最後は左大外のWTB鶴田諒がスピードで走りぬきトライ。SO小倉順平のゴールは決まらず、5-6。

試合写真

前半40分、相手の反則からSH友井川拓がクイックスタート。自らボールを持って縦に走り込んで相手を引き付けてから、SO小倉順平→CTB石橋拓也と繋ぎトライ。SO小倉のゴールも決まり、12-6。ここで前半終了。

試合写真

試合写真


後半0分、選手入替。PR甲斐尚哉→佐藤勇人。

後半1分、相手のキックオフボールをキャッチミス。そこから展開されてトライ。G12-13。

ここから徐々に流れを掴み始めるシャイニングアークス。幾度かのチャンスを得ますがトライには至りません。

後半12分、選手入替。SH友井川拓→西橋勇人、No.8アマナキ・レレィ・マフィ→ヴィリー・ブリッツ、LO石神勝→鶴谷昌隆。

後半15分、選手入替。FB菊池功一郎→沼尻大輝。

後半18分、選手入替。HO須藤拓輝→種本直人。

後半21分、選手入替。SO小倉順平→シェーン・ゲイツ、LOアイザック・ロス→杉浦直人。

後半25分、ハーフウェイライン付近でのこぼれ球を素早くSH西橋勇人が拾い上げ、そのまま走り切ってトライ。SOシェーン・ゲイツのゴールも決まり、19-13。

試合写真

後半27分、選手入替。WTB鶴田諒→小泉将。

後半30分、敵陣ゴール前でのマイボールラインアウトを起点にラックからモールを形成して押し込んでトライ。G26-13。

後半30分、選手入替。FL中島進護→ラーボニ・ウォーレン・ボスアヤコ、CTBブラッキン・カラウリアヘンリー→鶴谷知憲、庵奥翔太→秋葉俊和。

後半32分、選手入替。FL栗原大介→小林訓也。

後半35分、自陣ゴール前スクラムでの相手反則からSH西橋勇人がクイックスタートして敵陣までビッグゲイン。走りながらグラバーキックを相手の裏に出し、フォローしていたSOシェーン・ゲイツがボールを拾い上げてトライ。G33-13。

試合写真

後半41分、ターンオーバーしたボールがSH西橋に渡るとパスをせずにボールを持ってスピードを上げて走り、ショートパントキックで相手の頭上を越し、自らキャッチしてトライ。G40-13。そして、試合終了。

試合写真

試合の入りは、ミスが多く悪かったのですが、終わってみれば6トライを上げて盤石の勝利を収めることができました。

これで6月から始まった今シーズンのプレシーズンマッチを7戦全勝。しかも、全ての試合で4トライ以上を上げ、3試合で相手より3トライ以上を挙げるなど、「Arcs ATTACK」の進化した姿を見せてくれました。

シャイニングアークスのトップリーグ開幕戦は、8月27日(土)に神戸製鋼コベルコスティーラーズを相手に行われます。

アウェイでの戦いになりますが、グランドで会いましょう。

試合後の金正奎キャプテンのコメント

金正奎キャプテン

――試合の感想を。

まず、勝てたことは良かったです。ただ、ボールが滑るというコンディションがあったとしてもミスが多かったし、ディフェンスで不用意なペナルティが多かったことは反省点ですね。組織としては守れていたと思うのですが、個人の綻びによって苦しむ場面がありましたので、そういったところを無くしていけばもっと強くなれると思います。

――試合の入りが良くなかったと思いますが。

いろんなチャレンジをやった結果がミスになって相手にペースを与えてしまいました。もちろんミスは良くないのですが、何もせずに流れを掴めないよりもチャレンジできたことは良しとしたいと思います。

――昨シーズンに比べてレベルアップしたと思うところは?

やっぱり、セットプレーですね。特にスクラムに関しては安定してきました。またフィジカル面でもみんな強くなりました。そして選手層がかなり厚くなったと思います。

――今、キャプテンとして。

外から見て気づいたことがあったら、個人個人に直接声をかけて伝えるようにしています。

――これで、プレシーズン7戦全勝ですね。

負けていないことは何よりです。ただ、シーズンに入るとプレシーズンとは違う厳しい試合が続くと思いますので、いい準備をしていくだけです。

――では最後にシャイニングアークスファンの皆さまへ。

これから長いシーズンが始まりますが、一戦一戦しっかり準備して戦っていきます。そしてファンの皆さまが応援してくださるのに値するような試合を重ねていきます。グランドで会いましょう。

試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。