試合日程・結果 / FIXTURES & RESULTS

2016年6月18日12時00分 KICK OFF練習試合

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスNTTコミュニケーションズシャイニングアークス

vs

サントリーサンゴリアスサントリーサンゴリアス

31vs26

前半14 - 7

後半17 - 19

アウェーでの今シーズン初戦を勝利で飾る

6月18日(土)、プレシーズンマッチ初戦がサントリー府中グランドで行われました。

相手は昨シーズン9位とはいえ、言わずもがなの強豪チームです。
サントリーのメンバーは、日本代表テストマッチに主力選手が派遣され外国人選手も揃っていないため若手主体になっており、トップリーグ本番では大きくメンバーが異なってくることが予想されます。それでも「ブランド・伝統」のあるチームとの初戦の戦い方は、今後を占う大きな指針となったのではないでしょうか。

試合写真

真夏を思わせる暑さの中、12時マイボールでキックオフ。

なお試合先発メンバーの9番SHは友井川拓。シャイニングアークス発足当初はSHを務めていましたが、先発での9番は実に久しぶりになります。

前半2分、敵陣40m付近で相手のギャップを見つけたSO小倉順平が自らボールを持って抜け出し大きくゲイン、フォローしていたCTB石橋拓也につないでトライ。小倉のゴールも決まり、7-0。

試合写真

続いて前半12分、敵陣ゴール前5mでのマイボールラインアウトからモールを組み、モール後方からすぐにFL小林訓也がブラインドサイドに回り込んでトライ。G14-0。

試合写真

しかしここから反則が多くなり、受けに回ってしまう時間帯が長くなります。

前半22分に自陣ゴール前での相手ボールラインアウトからトライを返され、14-7。

前半30分、選手入替。PR 庵奥翔太→上田竜太郎。

このまま得点は動かず前半終了。

アタックでは相手のスペースを見逃さず、スピーディな連動でトライを獲り切ることができました。しかし2トライを連続して奪った後は、反則が多く攻撃のリズムを失い守勢に回ってしまいました。また課題のセットピースでは、やはりやや相手有利の展開を許してしまいました。


サントリーボールで後半開始。

後半0分、メンバー入替。HO 白隆尚→種本直人。FL 鶴谷昌隆→目崎啓志。SH 友井川拓→西橋勇人。SO 小倉順平→小野寛智。WTB 菊池功一郎→小泉将。CTB 石橋拓也→溝口裕哉。CTB ブラッキン・カラウリアヘンリー→鶴谷知憲。FB 小川優輔→沼尻大輝。

後半1分、連続攻撃から左サイドをFB 沼尻大輝が抜け出し、つないだWTB 小泉将が大外を走り切ってトライ。G×19-7。

試合写真

試合写真

後半3分、PR 甲斐尚哉が交替。替わって秋葉俊和が入ります。※以後スクラムは、ノーコンテストで行われました。

後半7分、メンバー入替。LO アイザック・ロス→石神勝。

後半17分、メンバー入替。WTB 鶴田諒→小川優輔。

後半17分、敵陣40m付近でターンオーバー。ラックからSH 西橋勇人が抜け出して走り切りトライ。24-7。

試合写真

後半20分、選手入替。FL 小林訓也→鶴谷昌隆。

後半24分、選手入替。SH 西橋勇人→友井川拓。LO 杉浦直人→アイザック・ロス。

後半30分、選手入替。No.8 山下弘資⇒白隆尚

後半31分、相手ボールをターンオーバーするとWTB 小川が抜け出し、種本につなぎトライ。SO小野寛智のゴールも成功し、31-7。

試合写真

試合写真

後半34分、サントリーが自陣からフェーズを重ねてトライ。G31-14。

後半37分、またもタックルが甘くなったところからディフェンスラインを破られ、連続攻撃を受けてトライ。G31-21。

後半40分、暑さと疲れから足が止まってしまったシャイニングアークスに対し、大きく展開されてトライ。G×31-26。そのままフルタイム。

最後は体が動かなくなってしまいましたが、それでも強豪チーム相手にアウェーでの初戦を勝利で飾ることができました。

次戦は6月25日(土)、NTTラグビー大会でのドコモ戦になります。またアウェー・大阪での開催になりますが、ご都合のつくファンの皆さま、グランドで会いましょう。

目崎啓志選手の試合後コメント

目崎啓志選手

――初出場の感想を。

せっかく出場のチャンスを得たのにお粗末なプレーが多かったので、次の試合はもっと頑張れるようにします。

――良かったところと悪かったところを挙げてください。

まず反省点はラインディフェンスの場面で、抜かれた後にラインに戻るのが遅くなって自分のところから綻びができてしまったところです。良かった点は、臆せず挑めたことです。接点のところで引くことなく立ち向かえたかなと思います。

――これからの抱負を。

まずは一戦一戦しっかりとアピールしていきます。そして、自分は顔が暗いといわれるので(笑)、きつい時でも「いいね、明るいね」と言われるように頑張ります!

庵奥翔太選手の試合後コメント

庵奥翔太選手

――初出場の感想を。

半年ぶりの試合でしたので、久しぶりにラグビーをした感触があり、自分の足りないところもわかりました。今日は暑さですぐバテてしまってチームに迷惑をかけました。

社会人になってから体重を一気に10kg近く増やしたので、その分フィットネスがついていけなくなっています。今110kgぐらいなのですが、体重を落とさずに80分間動けるカラダに変えていきます。

体重を落とさずに以前のようなパフォーマンスをキープできなければ、「動けるプロップ」という自分の売りがなくなってしまいますので。

――スクラムの感触はどうでしたか?

一か月前にチームに合流して練習で本格的に組み始めましたが、その前は3,4ヶ月組んでいませんでした。社会人のスクラムにまだ自分がついていけてないことは実感しています。これからフッカーの選手ともっとコミュニケーションを取ってやっていきます。

今日は自分の実力不足を感じました。

――では良かったところは?

ビビらずに相手の正面からタックルを突き刺していけたし、先輩からも「ディフェンス、ナイス!」と声をかけていただけたので、そこは良かったのかなと思います。

――これからの抱負を。

80分間、120%で動けるカラダづくりをやっていくのと、プロップなので強いスクラムを組む努力を惜しまずにやっていきたいと思います。

試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。