選手FOCUS / IN FOCUS

八藤後 裕太 Yuta Yatogo

フォワード・FL

高校でラグビーを始めた時から、練習も楽しかったし、仲間が増えていって増々楽しくなっていったと語る。運動量と足の速さを武器に一歩一歩レベルアップして、少しでも試合に出る時間を増やしていって欲しい。

八藤後 裕太

最初からFWしかやらなかった

――ラグビーを始めたのはいつから?

新潟県の北越高校に入学して、高校1年生から始めました。

――何故ラグビーをやろうと思ったのですか?

中学までは部活で野球をやっていて、高校でも続けようかとは思っていたのですけど、あんまり野球が上手くなかったので。ポジションはレフトでしたが、まあどちらかと言うと外野に追いやられた感じですね(笑)。それで、僕は新潟出身なんですけど、新潟はほとんどみんなラグビーを始めるのは高校からなんです。スクールも無くて、中学校でもラグビー部が無いので、それなら高校からでもラグビーなら皆と同じスタートで始められるなと思ったので、ラグビーを始めました。

――それは、入学してからそう考えたのですか?

そうですね。入るまではラグビー部があるのはわからなかったのですが、オリエンテーションの時に、体育教師が、体のデカイ奴を捕まえて「ラグビーやらないか?」と勧誘していて、その時に捕まりました(笑)。それで仮入部してそのまま入っちゃいました。

――では初心者で入部した人も多かったわけですね。

コンピューター部から来た人もいました。「自分を変えよう」みたいな人もいました(笑)。僕らの高校は商業科とかスポーツ課とか、進学クラスもあったりして。僕は何気に3年の時は進学クラスだったんです(笑)。勉強は意外に出来ましたね、今は全然出来ないですけど。

――最初は誰にラグビーを教えてもらっていたのですか?

顧問の体育教師も偉い立場の人になってしまっていて、会議とかで練習に参加できないことが多かったので、先輩から教わることが多かったですね。その時のキャプテンや副キャプテンが練習を決めていたりしていました。

――北越高校はスポーツの盛んな学校みたいですが、練習は大変だったんじゃないですか?

思ったほどはキツくなかったですね。どちらかと言うと楽しい感じで高校3年間はやっていました。

――ポジションはどこをやっていましたか?

最初からFWでした。BKの練習は一回もやっていないですね。ガリガリの体型だったんですが、体が大きかったのですぐに「FWにいけ」って言われました。
最初はロックに入って、高校2年生になるタイミングぐらいでNo.8になりましたね。

――すぐにラグビーを理解できましたか?

いや、できなかったですね。最初にやったタッチフットで、タッチされたくないために逆走をしてしまって、それからしばらくは「逆走」というあだ名をつけられましたね(笑)。鬼ごっこみたいになってしまって、でもボールは離したくないみたいな。

――ボールを持ちたいタイプですか?

そうですね、それは今もたぶんそうです。試合中もボールを持ったらほぼ離さないんじゃないかと思います。パスはたまにしますが、パスをしてもいい方向に行ったためしがないんですよね。ライン際に出ちゃったとかもありますので。

――高校3年でNo.8になりますが、ラグビーに対して考え方は変わりましたか?

ボールキャリーする機会が増えたことと、スクラムを組まない分、自分の運動量でチームの中心というか、心臓部にならなくてはいけないのかなと思いました。仕事量・運動量を増やすことを考えていました。

――タックルなどのディフェンスは得意でしたか?

タックルとかが好きになったのは、ここ(ShiningArcs)に来てからかもしれないですね。大学まではどちらかと言うとアタックの方が好きだったんですけど。最近は体も出来てきたのでディフェンスにいくのも好きになりましたね。

――大学は京都産業大学に入学します。ラグビーは続けるつもりで?

ラグビーを続けようとは思っていました。それでレギュラーを取れるかわからないけど関東学院でやってみたい、という気持ちも持っていました。1つ上の高校の先輩もいましたので。京産大に行くきっかけになったのは、10コ上くらいに、今は神戸製鋼でスタッフをやっている方がいらっしゃって、その方の紹介で行くことになりました。高校の監督に関東学院に行きたいと言ったのですが、「お前は関東学院では出られないから、京産大に行ってもうちょっと頑張れ」と言われました。その頃の関東学院は1、2位を争っていたチームで強かったですからね。

――大学ではすぐレギュラーになれました?

公式戦に出ることが出来たのは3年の秋からです。その時のポジションはNo.8でした。2年の秋に膝の靭帯を切ってしまって1年間くらいプレー出来なくて。それまでずっとロックだったんですけど、復帰するタイミングくらいでNo.8になっていましたね。

――何故No.8に抜擢されたのでしょうか?

なんでしょうかね?結構リハビリでガンガン走らされて、復帰した練習でも運動量が目立ったと思うんです。「アイツ走れるな」みたいな。それでNo.8にさせられたと思うんです。

――大学当時に心がけていたことは?

京産大というのは本当にFWのチームで、試合に負けていてもFW戦で勝っていればいいくらいのチームだったんですよ。特にセットプレーにはこだわっていて、スクラムやモールにとてもこだわっているチームでしたね。「他の事をやる前にスクラム、モールをやれ」という指導を受けました。ゴリゴリのFWのチームでしたね。

――そうですか。でも例えば卒業選手では大畑選手だとか...

そうなんです。有名になっていく選手はBKの選手が多いんですよ。大畑選手とか吉田明さん(現京産大監督)とか、他にもいっぱいいらっしゃいますよね。

――4年生のときもレギュラー選手でしたか?

レギュラーで始まって、最後はリザーブに落ちる、そういう感じでしたね。

――レギュラーを勝ち取るまでの道のりは大変でしたか?

1年目は全く出られなくて、かなり腐りかけていた時期もあったのですが、2年の春くらいから段々と上のチームで試合に出られるようになってきました。そして試合に出られるので練習も段々と楽しくなっていきました。自分の強みは体力がある事と背が高い事だったので、その部分をアピールしながら試合に出ていました。

――いわゆる「当たり」は好きですか?

当たりは僕むちゃくちゃ弱いと思いますね。

――ではどうやって相手を抜いていくのですか?

自分でも良く分からないのですが(笑)、ステップを切っているつもりなんですけど、それか人が抜けた裏からももらうことを狙っていたりしていますね。

――大学時代、自分の中でのベストプレーは?

4年の春の法政戦ですかね。ぼくらはリーグ戦が始まるに連れ、下るような感じで調子が落ちていったんですよ。春のときがチームも一番まとまっていて、良い試合が出来ました。勝利しましたし、しかもその時の先制のトライが僕だったので、その時の試合は印象に残っていますね。公式戦ではなく、どこかのラグビー祭だったと思います。

――京都産業大学は練習量が多いと聞きますが?

結構凄いですね。とりあえず毎日朝練があって、6時に起きて6時半には始めるみたいな感じでした。朝練は寮の隣にある柔道場でウエイトをやるんですよ。そのウエイトがまた結構きつかったですね。サーキットドリルみたいなのをずっとやらされていて。あとは時期によってはマラソンもしていました。山の中を20kmほど走るんです。折り返し地点の山頂に監督が立っているんですよ(笑)。だから体が大きくなるというよりかは絞れていく感じでした。

――そしてShiningArcsに入団しますが、経緯を教えてください。

ラグビーを社会人になっても続けるかどうするかは、考えました。自分のレベルで通用するのか?と気を揉んでいたときにちょうどお話をいただきました。せっかくお話をいただいたので、チャレンジをしようという気になりました。当時の監督(前山本和林監督)が一度練習を見に来てくれていたみたいです。

苦手な面を克服して、もっとピッチに立ちたい

――当時ShiningArcsのことは知っていましたか?

全く知らなかったです。でもアダム・パーカー(NTT東日本時代のLOの選手。東芝府中ブレイブルーパスでも活躍していた)のような有名な選手が過去に在籍していたのでちょっと驚きました。入部した当時に栗原さんも移籍してきて、こんなに補強するんだと感じました。

――入部してみて、環境をどう思いましたか?

最初はちょっと緊張しました。でも大学の時もそうでしたが、やっていくうちに慣れてくるし、仲間が増えていくと練習も楽しくなったりするので。今でも練習は面白いですね。

――入部して1年目に感じたことは?

大学の時の練習がハードでしたので、練習自体はそこまではきついとは思わなかったですけど、レベルは高いなと思いました。個人個人のスキルが高いので、この中でどう試合に出られるかというのは、もっと体を大きくしなくてはいけなかったり、体力をつけなくてはいけないなと思いました。

――やはり体は大きくなりましたか?

かなりでかくなりましたね。入社した時の体重は85,6kgだったと思うのですが、今は98kgありますから。僕1年目で相当でかくなりましたね。10kg以上ですからね。

――公式戦デビューはいつでしたか?

デビューはトップイーストのリコー戦だったと思います。本当に最後の5分くらいにチョロっと出たくらいですけど。そしてトップチャレンジにも少し出ました。リザーブで出ることが多かったので、そこまで緊張は無かったのですが、出ている時間が短かったのであまり印象は残って無いですね。もっと試合に出たかったなという思いはあります。

――社会人を相手にして、通用している部分・していない部分は?

コンタクトスキルは人より劣っていると思います。ただ、高校、大学も売りだった「運動量」と「足の速さ」、そこが強みだと考えています。チームの中でもそれが期待されていると思っています。

――今、自身が目指しているところは?

セットプレーがまだ安定していないのかなと思っていて、ラインアウトにしろ、スクラムにしろ。セットプレーでもっと中心になれる選手になりたいと思っています。

――今チームには同期の選手が多いですよね?

多いですね。今5人います。それでも全体で言えば、僕らの若手世代は少ない方ないほうです。けれど、大学とは違って上下の関係があまり無くて、みんな優しいし、経験豊富で、聞けば絶対に何かしら教えてくれるので、先輩達が凄く良い存在になっています。

――いっしょに過ごすことが多いチームメイトは?

最近多いのは斎藤(展士選手)さんや、石神(勝選手)さんが多いですね。よく飲みに連れて行ってもらったり、石神さんとはよく「釣り」とかに行きますね。オフの日や、練習終わったらすぐに、とか。練習場の近くは、でかい魚が結構いるんですよ!(興奮)良いポイントらしいですね(自慢)。スズキ、シーバスですね。それで何回か行きましたけど、釣ったのは石神さんしかいないですね(笑)。他には同郷の小林訓也さんや石田健さんあと笠原歩さんとも仲が良いですね。

――入団してからトップリーグに昇格するまで、チームの中にいてどう感じていましたか?

1年目は少し試合に絡むことが出来ましたが、その年はトップリーグには上がれませんでした。2年目で昇格が決まりましたが、その時は一回も公式戦に出ることができなかったので、自分もピッチにいられたらなという思いはありました。嬉しかった反面、悔しかったこともあります。

――若手の八藤後選手はチームを背負うこれからの選手でもあると思います。これからの抱負を、個人として、チームとしてそれぞれ教えてください。

僕は喋るのがあまり得意では無いので、コンタクトなどの苦手な面を克服していって、プレーで引っ張っていくしかないと思います。チームとしては、移籍してきた選手も多くなって、チームの方針も固まりつつあり、強豪チームにも互角以上の戦いが出来てきているのでこれからも頑張っていきたいと思います。

――最後にサポーターの方や会社の方に向けてメッセージをお願いします。

まだ試合経験も少ないので何とも言えないですけど、試合に出られるチャンスはあると思いますので、会場で見かけた時は是非声をかけてください。会社の方も凄く応援してくださるので、感謝の気持ちでいっぱいです。これからもよろしくお願いします。