選手FOCUS / IN FOCUS

矢口 和良 Kazuyoshi Yaguchi

バックス・WTB/FB

矢口 和良

――ラグビーを始めたきっかけは

元々サッカーをやっていたんですけど、進学した茗渓学園中はラグビー部が強かったし、自分が中学に入学する前年度に上の茗渓学園高校が花園で優勝していたので、やるならラグビーかなと。そのまま高校でもラグビーを続けているうちに、はまってしまったという感じですね。

――高校日本代表候補に選ばれた当時の茗渓学園は、名門高校として名高かったですね。

当時、西の啓光・東の茗渓と言われて、僕ら部員たちもみんな天狗になってしまっていて、勝手に優勝できると思っていたんですよ。実際、自分を含め高校日本代表も何人もいましたし、新聞でも騒がれたりしていましたからね。......で、花園行ったら初戦(2回戦  対西陵商業)で負けてしまいました(苦笑)。本当、油断していたなと。

――その後、また名門の関東学院大に進みましたが、順調でしたか?

2年生の時に大けがをして、レギュラーから外れてしまったんです。その後けがを治して練習に戻ってからも別の選手がレギュラーに定着していて、しばらくレギュラー復帰できませんでした。1年生からずっとレギュラーだったので、自分の中にもどこかでけがさえ治れば自動的に戻れるんだろうなぁという甘い気持ちがあったんですね。自分のポジションがなくなって、あせって必死になりました。ですけど、結局その年の大学選手権を初優勝した試合はスタンドで見ることになってしまいました。それが悔しくって練習を続けた結果、次の年レギュラーに復帰し、2連覇の時はグランドに立っていることができました。

関東学院大学ラグビー部時代の勇姿関東学院大学ラグビー部時代の勇姿

――大学時代に、1番印象に残っているトライは?

大学3年生の時の明治大との大学選手権決勝で挙げた逆転トライが一番印象に残っていますね。相手の明治大学にもちょうど高校時代の同級生がいて、そいつにも負けたくないなって気持ちもありましたし、何より試合を決めたプレーをできたことがうれしかったです。

――NTTに入部した理由は?

いろいろな所から声はかけてもらっていましたが、関東でプレーしたくて高校時代の先輩がいた当時のNTT東京に入部しました。それと自分の中では大学4年間でバリバリやって燃え尽きた感があって、トップリーグでやるのは正直つらいなと。それで、その下のリーグで楽しくやりたいと思って入部しました。でも、他のメンバーもそうだったと思いますけど、やり出したらまた強くなりたいと思い始め、またバリバリにやっちゃっていますね。今は、トップリーグに上がることを目指してプレーしています。

――NTTコミュニケーションズ ラグビー部になって変ったところはありますか?

バックアップが充実したことで責任感や使命感が生まれ、それをプレッシャーではなくて良い方向に向くようにがんばっていきたいと思っています。練習や試合以外での不安要素が取り除かれ環境が充実してくるとテンションが上がるというか、自分達もそれに見合ったレベルにならなければいけません。

――自分自身のプレーで注目してもらいたい点は?

自分はスピードです。ボールをもらってから相手のラインを抜ける速さを見ていて下さい。

――スピードを保つために心がけている事はありますか?

食事には気をつけています。練習時間が夜遅いので夕食に揚げ物は食べませんし、実はジャンクフードも好きなんですけど我慢しています。また体重が増えてしまうとスピードも落ちるので、ごはんの量も半分にして残りをプロテインなどで補っています。体調管理に関しては、入部した当初は大学時代に徹底的に鍛えた体力の貯金もあって全く気にしていなかったんですが、年齢を重ねるにつれて気をつけるようになりました。

――今季の個人的な目標はありますか?

ケガなく全試合出場するのが目標です。自分はそれほどケガは多くないですが、リーグ戦は10試合の長丁場なので、必ずどこかに疲れが出てきます。うちのチームはそれほど選手層が厚くないので、ケガをしないために筋トレなどをして、コンディションの面には注意しています。

――ウィングというご自身のポジションはどう捉えていますか?

ウィングはトライすることが仕事だと思っています。何トライも挙げた試合の後は達成感が大きいですが、逆にトライできないと試合後に肩身の狭い思いをします。また、FWが必死に獲得したボールにその思いを乗せてトライするので、大きな責任も感じますね。トライは自分だけのものではなくて、15人全員のものだと思っています。

――ウィングとして今季の目標トライ数は?

聞かれると思っていましたけど、あんまり言いたくないです(苦笑)。それよりも大切なのは、その試合を決めるトライだと思っています。量ではなく質で、大事なところでトライを決めたいですね。

試合風景

――自分のプレーに関して何か課題はありますか?

ディフェンスですね。ウィングは一番外なので抜かれると目立つんですよ。やっぱり1対1で負けない守備、チームとしての組織的な守備にどう貢献できるかが課題だと思っています。自分は守備が得意な方ではないので、FBを始めとして周りとコミュニケーションを取りながらやっていきたいと思っています。

――チームの課題としては?

メンタル面......ですかね。うちのチームは結構浮き沈みが激しくて、いい試合をした次の試合でも悪い試合をする時があるんです。皆目標に向かってがんばっているんですけど、気が緩む瞬間があるので、常にそれを意識して練習や試合に臨めるチームになれば、変わっていけると思います。

――そのために矢口選手はどう取り組まれていますか?

例えば、練習のひとつひとつに小さくても自分で課題を作っています。大学時代は200人も部員がいましたので必死でしたが、今はどうしても人数もライバルも少なかったりするので、そこに甘えの部分が出てきてしまう。その中でテンションを下げず高い意識を保つために、小さな課題や目標を作って練習に臨むのを心がけています。

――今シーズンのNTTコミュニケーションズ ラグビー部の見どころを教えてください。

FWはトップリーグで通用する選手が何人もいますし、新戦力も前にガンガンいける選手が入ったので大きな武器になっていると思います。BKはアタックセンスのある選手が多くいるので、ラインアタックはすごく魅力かなと思います。前に出るプレーを見てください。

――最後に、矢口選手にとってラグビーの魅力とは?

他のスポーツにはない、一つのチームの中に身体の大きい選手や小さい選手がいてそれぞれの役割がある事です。ラグビーはポジションによって役割は全く異なっているのに、同じ目標に向かって皆自分の役割を果たしているというのが面白いと思います。