選手FOCUS / IN FOCUS

友井川 拓 Hiraku Tomoigawa

バックス・SH/WTB

自他ともに認める負けず嫌いを貫く、友井川拓選手。身体が大きくなくても、スピードやスキルでやっていけるところがラグビーの魅力だという。トライを取れるSHという存在にこだわりを持ち続け、社会人1年目の今シーズンも激しいファイティングスピリットを全面に押し出し、果敢にトライを重ね続けている。

ラグビースクール時代のチームメイトとは、今でもライバル

友井川 拓

――ラグビーを始めたきっかけを教えてください

父親がラグビーをやっていた影響で、幼稚園の年長組のころにスクールに連れて行かれて始めたのがきっかけでした。

――学校に上がってからもスクールに通っていたんですか?

小学校、中学校の部活ではサッカーをやっていたんですが、スクールは日曜日だけだったので平行して続けていた形ですね。サッカーでは、中学校の時に関東選抜に選ばれたりもしました。

――サッカーで選抜にまで選ばれる選手が、その後ラグビーを選んだ理由はなんでしょう?

元々はずっとサッカーをやるつもりで中学時代を過ごしていました。ただ自分は性格が強い方だと思っていて、それを回りからも言われるので、ラグビーのほうが向いているんじゃないかと、ふと考えたんですね。

――法政二高に進学した訳は?

元々地元の神奈川ではでラグビーの強豪校だったし、先に兄が(法政二高に)進学していたこともあって、入学を決めました。

――部活とスクールでは違いはありましたか?

スクールでは日曜だけの練習だったのが週5とか6日の練習になって、質も厳しかったし、休みが無かったのがつらかったですね。だけど、おかげで常にラグビーのことを考えるようになりました。

――3年生(2002年)の県大会決勝では桐蔭学園に1点差の勝利でした。当時を振り返ってください

1点差のまま後半ロスタイムにペナルティーをとられてしまい、PKを入れられたら逆転されるという展開になりました。その場面では何も考えられなくなって、とにかく早く終わって欲しかっただけです。そのPKが外れて優勝したんですけど、相手のSOが幼稚園の頃から一緒にスクールに通っていた奴で意識していましたし、勝って本当に嬉しかったですね。また僕にとって初めての全国大会出場を決めた試合だったので、今でも一番印象に残っています。

試合風景

――そして出場した全国大会はどんな思い出がありますか?

全国大会に出場するのは法政二高史上2度目だったんですけど、初戦で負けて(対清真学園  41-0)しまい、全国大会で力を発揮するにはスキルだけではなく経験が大きいのかなと思いました。花園常連校やその中でも上にいくチームは、ちょっとした流れの持っていき方だったり、試合運びとか試合への入り方とかで、自分たちより強いなぁと感じました。

――その後、法政大学に進まれたのは付属校だったからですか?

まぁそうですね。法政大学のBKで回すチームカラーも好きだったので、他の大学は目に入らなかったですね。

――法政大学にはSHとして入部しましたがWTBに転向されたんですね

同期にも先輩にもSHにはいい選手がいたし、監督も自分をWTBでと考えていたので、試合に出られるところで頑張ろうと思いました。

――WTBに転向して3年生(2005年度)ではリーグ戦でトライ王になりましたが

僕はフィジカルがすごく強いわけでも速いわけでもないので、自分の役目としてどうやってトライをするかということを常に考えていましたね。トライにこだわろうというのは今でも持っていて、自分のトライでチームを勝利に導きたいと考えています。

――4年生ではキャプテンでしたね

部員による投票で選ばれたんですが、全国から選手が100人以上集まってくるチームなので、正直やりたくなかったですね。だけど、やってみるとチームのみんなも協力してくれて、まとめ役がやりにくいと思ったことはなかったですね。

――キャプテンに選ばれた理由は何だと考えていますか?

僕は遠慮しないタイプなので、言うことは言うし、試合でも自分が引っ張っていこうと思っていたからですかね。法政には個性が強い奴が多かったので、その中では協調性があると思われたんでしょうか。大学時代は今よりもうちょっとまじめだったですから(笑)。

――4年生の大学選手権(2006年度)は3回戦で負けてしまいましたが、何が足りなかったのでしょう?

相手の京産大(京都産業大)は、例年とは比べ物にならないぐらい強かったです。特にFWが強くて、うちが劣勢になった時に冷静に戦えず、パニックになって流れを取り戻せませんでした。油断していたわけでもないし、分析もして臨んでいたんですけど、力が出せなかったですね。法政は毎年苦戦しながらも大学選手権でベスト4という成績を残せていたのですが、最後の年に最低限の結果を出せなかったのが悔しいですね。

うまいプレーヤーよりも、「恐い」プレーヤーになりたい

――そして卒業後の進路としてNTT東日本に入部を希望した理由は?

ラグビーと仕事を両立できる環境でやりたいなと考えていました。自分のスキルを冷静に考えれば、すぐトップリーグで活躍できる選手だとは思ってなかったし、ラグビーだけの環境も好ましくないなと思っていました。そういう条件で、できるだけ強いチームでやりたいと思うようになって、法政からNTTに進んだ先輩の話を聞くと仕事とラグビーをしっかり両立できる環境もあるということなので、このチームを選びました。

――NTT Comラグビー部に入部されてどう感じましたか?

大学と違って若手からベテランまで年齢層が幅広く、学べるものが多いと感じています。それと、大学時代にはキャプテンとしてチームをまとめなくてはいけないというのがあったんですが、今はのびのびやらせてもらっているので、そういう面は自分のプレーにもいい影響があるのかなと思いますね。

――日頃の練習ではどんなことを意識して取り組まれていますか?

遠慮しないようにしています(笑)。ありがたいことに、言いたいことを言える環境にあるし、コミュニケーションをしっかり取って密度の濃い練習にしていくことを心がけています。

うまいプレーヤーよりも、「恐い」プレーヤーになりたい

――今シーズン、またSHになりましたが

新チームにいくとSHをやらされる傾向があるんですよね(笑)、なぜだかわからないんですけど。高校、大学といろんなポジションを経験していて本職というのがないので、どこでも良いというのもありますが、SHをやらせていただいて良い方向に進んでいるとみんなから言われるので、やりがいがあります。

――ここまで全試合に出場しています。その理由をどうお考えですか?

うーん何でですかね。若いからですかね(笑)。同じポジションの小野さん、中山さんは自分にないスキルを持っている選手なので教わることも多くて、尊敬しています。なぜ出場できているかと聞かれると、答えるのが難しいですね。

――同じポジションの選手同士はどういう関係ですか?

大学の時は、レギュラー争いが激しかったので、同じポジション同士では協力というのがなかったですね。でも今は、小野さんや中山さんに全体練習後の個人練習にもつきあってもらい、いろいろと教えてもらえるので、お互いに成長していくのを感じますね。

――SHとして見て欲しいプレーはどこでしょう?

自分が一番考えているのは、トライを取れるSHになりたいなという部分ですね。パスとか上手い方じゃないので、ランプレーで貢献できたらなと思っています。上手いプレーヤーではなく、自分のトライで流れを変えられる「恐い」プレーヤーになりたいですね。それが自分の中で理想のSHだと思います。

――今シーズン、ご自身の評価はいかがでしょう

6割ぐらいの出来ですかね。まだゲームをコントロールする力に欠けていると思っています。勝っている時はいいんですけど、序盤だったり均衡している時に、もっと自分でペースを作れたらなと思っています。

――最終戦(12/24)の相手、横河電機には同級生が3人もいて、期するものがあると思いますが

楽しみですね。野本(野本滋雄選手)と田沼(田沼崇選手)は小学校から一緒にやっていた選手ですし、佐藤(佐藤慎之介選手)とも仲がいいので、大学時代にずっと味方として心強いプレーヤーだった3人が、敵になった時にどうなるのか楽しみにしています。

――最終戦に向けて意気込みをお聞かせください

横河電機は非常に勢いがあるチームですよね。試合を見ていてもスキルはうちと変わらないし、FWが強いというのも似ている。個々に凄い選手が揃っているというイメージがあるので、そういうチームには組織力で勝ちたいと思います。

――そしてチームは首位に立っています。トップリーグ昇格に向けて一言お願いします

トップリーグ昇格というのは、みんな意識していると思います。最終戦、必ず勝ちます。