選手FOCUS / IN FOCUS

種本 直人 Naoto Tanemoto

フォワード・HO

小学校時代からラグビーを始め、名門校を歩んできた種本 直人選手。人と人との絆を大切にし、周りの環境に感謝の心を忘れずにひたむきにプレーに打ち込む。ひとことひとこと噛みしめるようにラグビーライフを語ってくれた。

コンタクトプレーの面白さからラグビーに目覚める

――ラグビーを始めたきっかけは?

小学校1年生の頃に、地元(神奈川県川崎市)のラグビースクールに入っていた友達から誘われて始めました。当時わんぱく相撲大会があったのですが、そいつにだけには勝てなかったんですよ。それが悔しくて、彼から「お前も入れよ」と誘われた時からラグビーを始めました。なんか漫画の世界のようですが。

――それですぐにのめり込んでいったのですか?

元々、柔道やサッカーなどはやっていたのですが、何かちょっと物足りなさを感じていて。それで、最初に(ラグビーで)ボールをパスしたり、コンタクトプレーをした時に、凄く新鮮味があって楽しかったです。小学校6年生までラグビースクールに通っていました。

――そして中学、高校と国学院久我山(東京)に通うわけですが、それはラグビーのためですか?

ラグビー部がある学校を選んで受験したのですが、受かったのが久我山だけでした。でも久我山には、今でも自分にとって恩師とよべる偉大な先生がいらして、練習は厳しかったですが、自分のラグビー人生にとって土台となる貴重な6年間となりました。

――高校時代に、自身は高校日本代表にも選ばれていましたよね。久我山高校での成績は?

自分らの代(3年次)は、全国ベスト8でした。高校3年の東京都の準決勝で右足首を骨折してしまい、直すのに2ヶ月かかるから花園には絶対間に合わないと医者から言われました。でも、久我山の仲間が病院へお見舞いに来てくれて、「タネの分まで、決勝は絶対良い試合して花園までつなげるから、お前は治すことに専念するだけでいい」と力強いメッセージをくれました。僕はその試合を病院で見ていたのですが、すごい良い試合をしているみんなをみて本当に嬉しかったです。それを見たときに僕も改めてこのチームに戻ってまたやりたいという気持ちになり、その結果、足の怪我も著しく回復し、全国大会に間に合い、一回戦の萩工業戦に出て、またグラウンドで走れた時は、嬉しくて涙が出ました。

――大学は早稲田に進学しましたが、なぜ早稲田を選んだのですか?

高校3年の時のU19代表サマースクールで、清宮さん(前サントリー監督)から「うちでやってみないか」とお誘いをいただいて、それで自分も親父の影響(父親は早稲田出身のラグビーファン)もあって前から興味があったので、すごく嬉しくてその日のうちに家族に電話で報告しました。

――早稲田大学時代を振り返ると?

4年の時に対抗戦で優勝しました。ですが、大学選手権では決勝で関東学院に負けてしまいました。僕らが3年までは清宮監督で、4年のときに中竹監督に変わりました。清宮監督に比べて中竹監督は選手主体となって話し合って強くしようという方針で、僕にとっては新鮮でした。寮に集まってみんなでミーティングしたりしてコミュニケーションが取りやすい環境だったし、自分らの代も仲が良かったので対抗戦で優勝した時はすごく嬉しかったですね。でもだからこそ大学選手権で勝てなかったことは、今でもすごく悔しいですね。

――早稲田では、笠原選手も同期でしたね

歩(笠原選手)は今も変わってないですね。あいつも体が小さいんですけど、当時からあいつの強みである泥臭いプレーで相手に嫌われることをやる選手だったので、味方として出ている時はすごく心強かったですね。

――それから社会人になり、セコムに入団することになります。社会人ラグビーの印象は?

まずは一人一人のコンタクトの部分で、明らかに大学生より大きい選手が多かったので、体を作らないと勝てないなと思いました。大学でやってきたことが通用した部分もあるんですけど、体を強くしないと力を発揮できないという部分がありましたね。それと大学生に比べて練習する時間も限られていたので、自分で時間を見つけないとうまくなれないなと思いました。

――セコム時代の時にShiningArcsとも対戦していますが、その時の印象は?

セコムの時にNTTと試合したのは、練習試合と2008年度トップイーストリーグ第10戦で負けたときの後半戦からの出場です。練習試合で対戦したときは、正直ブレイクダウンやセットプレーではセコムが勝っていたので、そこまで意識はしていなかったのですが、今のコーチ陣に変わってからは、セコムの弱いところを分析して突いてくるチームになっていて、対戦してきて強くなってきているなと感じました。実際最後は勝てなかったですから。

高いレベルでラグビーを続けるために、ShiningArcsへの移籍を決める

――ShiningArcsに移籍を決めたきっかけは?

セコムで強化縮小が発表されたのが去年の2月中旬くらいでしたが、移籍を考えている選手も何人かいて、自分もその中の一人でした。それでセコムのディレクターを通じて色々なチームに声をかけてもらい、NTTコミュニケーションズも候補のひとつでした。そしたら、強化縮小を言われた次の日に笠原から連絡があって食事に誘われました。その時に「どうするの?」と聞かれて、「NTTを考えている」と答えたら、笠原の方は寮費がいくらかかるとか(笑)、部員が何人いて同じポジションが何人いるとか、詳しい情報を教えてくれて。笠原からセコム時代自分のプレー映像をよこせと言われて、彼からヘッドコーチやフォワードコーチに見せてくれてくれた経緯もあり、セコムのディレクターの応援もあって、すごく幸せでした。

――実際にShiningArcsでプレーした感想は?

本当に練習するチームだなって思いました。セコムの時と比べると走る量が多くて、春はタイヤを転がしたりとか、錘をつけて坂道を走ったりだとか、何でそんな高校生みたいなことをするんだろうと思ったんですけど(笑)。...その甲斐もあって後半までバテない体力ができて、チームとしても後半にスコア(得点)できる試合が多くなりました。練習の成果が結果として出たので良かったなと思っています。最初の頃は、セコムでやっていたラグビーとだいぶスタイルが違ったので難しかったのですが、馴染みやすい環境もあり、去年の夏前の時期には溶け込めましたね。

――入団1年目で、チームはトップイースト優勝、トップリーグ昇格が決まりました。

最初はセコムを離れることに色々な思いもあったのですが、移籍したからには結果を残さなくてはいけないという責任があったので、それが達成できて本当に良かったです。サポートしてくれる会社の人や家族が本当に一丸となって優勝できたのではないかと思います。他のチームに比べて、そういう一体感があって良いチームだなと思いました。

――トップイースト優勝の時と、トップチャレンジで1位を決めた試合のあと、社旗を羽織ってましたね。

勝ったときにファンのいるバックスタンドへ行くんですが、毎回決まった位置で応援してくださる会社の同じ部署の人がいるんです。その人たちから「これ目立つから」って渡されて、すごく嬉しかったです。全試合来てくださる人もいたんですよ。遠いところも来てくれて。さっきも言いましたけど、会社の人たちも一丸となってサポートしてくれて、素晴らしいユニットというか、良い文化だなって思いました。ラグビージャーナリストの村上晃一さんも、「NTTコミュニケーションズは、選手と会社の人が一体となっていて良いチームですね」と言ってくれていましたね。

――選手同士も仲が良いですよね

いい意味で上下関係が無いと言うか、お互い練習中でも練習以外でも垣根を越えて話せるのは良い環境だと思いますね。練習以外でもチームメイトとは一緒にバーベキューをしたり飲みに行ったりとか結構多いですね。フロントロー(スクラム第一列)には「フロント会」というのがあって、よく一緒に飲み行きますね。

――今年からはいよいよトップリーグで戦いますが、今年の課題は?

去年、日本選手権でトヨタ自動車と試合をした時に、ブレイクダウンの部分で自分の持ち込んだボールを確実に出すとか一対一のディフェンスで下がらないとか、トップイーストでは出来ていたことが出来なくて、悔しい思いをしました。今季対戦するのはそういう相手ばっかりだと思うので、一対一の場面では絶対負けたくないですね。あとは去年、フォワードのモールでトライを取れるシーンが無かったので、モールの強化というのは絶対やらなくてはいけないですね。去年は夏合宿やサテライトの試合でトップリーグのチームと戦って、良い試合をしましたが負けていました。でもこれからは良い試合をしても負けたら意味が無いので、一試合一試合勝ちにこだわって戦っていきたいですね。もう胸を借りるという気持ちは捨てて、一つの試合を戦うにあたって、勝つための準備が出来ている状態が完成しているようなチームにしていきたいですね。

――個人的な話になりますが、最近(今年3月)結婚されたそうですね。おめでとうございます

妻は立教大学ラグビー部のマネージャーだったんです。だから大学の時、早稲田対立教の時は口をきいてくれませんでした(笑)。ただ、ラグビーがやっぱり好きでよく応援してくれますし、僕より強気なところがあるので、試合の前にはよく勇気づけられたりしますね。試合後には、「もっとこうしたほうが良いよ」とか僕が気づかなかったことを平気で言ってきます。ちょっと黙っておいてほしい時もありますけど(笑)。

――最後にファンの方へ向けてメッセージをお願いします

去年はアウェーの遠いところまで応援に来てくださって、本当に感謝しています。優勝できたのも選手だけの力では無く、大きな声援だったり支援の賜物だと思います。僕自身としても共に戦っている気持ちになることができました。今シーズンはさらに厳しい戦いが続くのですが、また会場に足を運んでいただいて応援をよろしくお願いします。