選手FOCUS / IN FOCUS

佐藤 晴紀 Haruki Sato

バックス・FB / WTB / CTB

入部初年度から公式戦に出場し、2年目の昨シーズンはトップリーグの舞台にも立つ。複数のBKポジションをこなせるユーティリティ・プレーヤーの彼は、どちらかと云えば寡黙なタイプであるが、その想いは熱い。

佐藤 晴紀

夢の国立競技場に立つことを目指して

――ラグビーを始めたのはいつ頃ですか?

始めたのは5歳の時ですね。僕の父親が、ラグビーをやった経験は無いのですが、観戦するのが好きでした。それで家の近くに「田園ラグビースクール」というラグビースクールがありまして、そこに入ったのがきっかけです。でも兄と一緒に出来るからという理由で入れさせられたので、ラグビーに関しては何もわからず始めたという形ですね。

――5歳からいつまでラグビースクールに在籍していましたか?

中3までやっていましたね。中学時代は、ラグビースクールと学校ではサッカー部に入っていました。当時はJリーグが始まった頃なので、どちらかというとむしろサッカーに憧れていましたね。それから高校ではサッカーとラグビーのどっちにしようかなと考えていて、サッカーでいこうかと思っていたんですよ。結局はラグビーを選びましたけれども。

――何故ラグビーを選んだのでしょうか?

きっかけというのは、兄が磯田金吾さんと東京高校の同期で、その3年生の時の決勝が久我山高校との対戦でした。ロスタイムに逆転のペナルティゴールを決められて1点差で負けてしまったその試合を観て、この兄貴たちが行けなかった全国というのはどんな世界なんだろうと思ったことです。あと色々な学校から声を掛けられていたのですが、やっぱり久我山を倒したいという気持ちになって、兄と一緒の東京高校に進学することに決めました。

――それだけ試合の印象が残っているということですね。

そうですね。当時は観戦には行けなくて、TVの録画を観ていたんですね。最初は勝てると思って観ていたら、最後のロスタイムで逆転されて、未だに兄や磯田さんのプレーしている姿が頭に残っていますね。兄は毎日練習を終えて家に帰ってきてからも、走りに行ったりしていて凄いなと思っていたのですが、そんな人が行けなかった全国とはどんなレベルなんだろうと思ったのがきっかけですね。久我山を倒したいと思っていました。

――そして兄と同じ東京高校に進学します。その頃のポジションは?

僕はFWが中心でしたね。スクールではCTBをやったり、FWに入ったりしていました。高校に入ってからは、やっぱり背が高かったので、LO、FL、No.8のどこでもできるようにやらされていました。

――久我山高校と対戦することはありましたか?

何度か対戦して、1回だけ勝ったことがありました。

――BKに転向したのはいつからですか?

高2になるくらいですかね。新チームになってから新人戦があって、その時はNo.8をやっていました。僕はNo.8がやっぱり花形ポジションで大好きだったんです。だからNo.8でやっていこうと思っていましたけれども、監督に呼ばれてFBをやってみないかと言われまして、当時はとにかく「嫌だなー・・・」って思いながらやっていました。それでも、BKの練習をやっていくうちに面白いと思えるようになりましたね。それからずっとBKで、FBをやっていました。

――なぜ面白いと思えるようになったのでしょうか?

やっぱりトライもパスもできるし、FBでしたから、キックカウンターで攻め入ることが面白く思っていました。それに周りを見てどこが空いているかなど、広い視点を持てるようになったので、それから周りを見て考えながらラグビーをやるようになりました。

――高校時代にレギュラーで試合に出るようになったのはいつ頃?

1年目からリザーブでしたがFWで1本目のメンバーには入っていました。それで2年目からはレギュラーでやらせてもらっていました。

――高校時代の最終成績を教えてください。

全国大会に出場しまして、2回戦で長崎北に結構な点差で負けてしまいましたね。初戦は何とか勝ったのですが、2回戦になって気合が空回りしたわけじゃないと思うんですけど、1,2本取られたあたりからチームとして心が折れてしまったみたいになりまして、それからズルズルと取られたのですが、ハーフタイムに監督から渇を入れられて自分たちの良さが出てきて。今思うと最初からそう出来たかなーと・・・

――大学ラグビーは視野に入れていましたか?

そうですね。TVで観ていて大学でもやりたいなとは思っていました。当時はまさか早稲田に入るとは思っていませんでしたが。ラグビー一本に絞ったので、極めたいなという気持ちもありました。早稲田は憧れていて入りたいなと思っていました。その時は帝京大学さんや他の大学からも声を掛けていただいていましたが、どうしても早稲田に行きたいと言って断っていたんですよ。でも、早稲田からは特に声を掛けてもらっていたわけではなくて、自分から「入りたいんです」と言いに行って、プレー映像を送ったりして、それで入れてもらえるという形になりました。だから、あの時に売り込みをしていなければ入れてなかったと思います。

――早稲田大学に憧れていたのはなぜでしょう?

小さいころも国立競技場に早明戦を見に行って、3万人とか4万人とかの観客の中でやりたいなと思っていて、今となっては国立でできるのはその2チームだけでしたので。「ここでやったらどういう気分なんだろうな」という思いがありました。それで、早稲田の選手一人一人がひた向きにプレーをしている姿を見て、こういうレベルの高いところでも果たして自分は試合に出られるのか、と試したい気持ちになって早稲田を選びました。

――ご自身ではどういうプレーに自信を持っていましたか?

僕はやっぱりボールを持ってからのランプレーですね。当時からもタックルをされても倒れないということを意識していましたので、そこは自分の持ち味だと思っています。パスを投げるというよりも、「自分でこじ開けたい」という気持ちは当時から持っていました。

――憧れの早稲田大学ラグビー部に入ってみて印象は

入って回りを見たら、まあTVで見る人ばっかりで、Bチームでも本当にレベルが高くて、全チームにレベルが高い人が必ずいたので、どうやったらこの中で勝ち抜けるのかな、と最初は思いましたね。衝撃的だったのは曽我部さん(曽我部佳憲選手・現サントリーサンゴリアス/早稲田出身)なんですけれども、パスがやたら綺麗で、どうやったらあんなパス放れるんだろうな、と思いました。でもここで試合に出られるようになれば凄いだろうなと思って、とにかく必死になって頑張ろうとしていました。

――どういうところで苦労しましたか

身長は高かったんですけど、筋肉がまだついていなかったので、ウエイトもしっかりやって、1年目はとにかくがむしゃらに前に出ようと、下手なりでも何でもいいから、一歩でも前に出て進もうとは思って当時はやっていました。パスを考えるよりも「前に行きたい」とずっと思っていました。もちろんパスしなくてはいけない場面ではしていましたけど、当時はあんまり上手くなかったので、それなら自分で行ったほうがいいと考えていました。

――早稲田大学で過ごした4年間を振り返ると?

3年生の最後に足首を怪我してしまいました。4年生になって怪我から復帰しても全く調子が上がってこなくて、ずっとBチームだったんですよ。それで、秋のシーズンに帝京に負けてしまって、チームが負けてしまうのは良くないことですけど、僕としては、ここは自分をアピール出来るチャンスだと思ったんです。その次の日が帝京のBチームとの試合があったので、そこでアピール出来て、次の試合からFBとして出させてもらいました。でも、早明戦で大ブレーキ(苦笑)・・・僕のキックが全く入らなくて、試合も負けてしまい、それからは試合に出る機会が無くなってしまいました。だから、悔いが残る部分もありますけれども、総括すると僕らの代は優勝が出来て自然と涙が出てきたので、この仲間でやってきてよかったなと思いました。僕の憧れていた早慶戦、早明戦にも出させてもらいましたし。

――国立の舞台に立てた感想を教えてください。

国立競技場は外から見ていると広く感じますけれども、中に入るとそんなに広く感じなくて、でも観客席を見ると凄い数の人がいて圧倒されました。この中で試合が出来るのは本当に一握りのメンバーなので、幸せに感じていました。試合前から気持ちを抑えるのが大変でした。僕も柄にもなく熱くなっていましたね(笑)。あそこはそういう舞台ですね。

――トップリーグで試合をしたいという気持ちはありましたか?

その時は全く考えていませんでした。ラグビーは続けるかもしれないけれども、トップリーグではないなと思っていました。けれどトップリーグに行った先輩たちを見ていて、僕も次第にトップリーグでやりたいと思うようになりました。レベルの高いところでやりたいと思うようになりました。

自分のランプレーに注目して欲しい

――昨年はメンバーとしてトップリーグを戦ってきました。実際にトップリーグのレベルに触れてみて感想は?

単純にコンタクトプレーなどは、大学よりも1段上のレベルでした。でも全く通用しないレベルではないと思いました。逆にまだまだ課題だなと思える点もありました。課題だと思うのは、僕はまずディフェンスですね。やっぱりタックルをしっかり決めないと、トップリーグの人たちは強いので、どんどん前に出てこられてしまいます。それを止めることが今の課題ですね。(アタック面では)ボールを持って自分のいい形になれば前に出られると思いましたが、まだ力強さは足りないと思っています。

――佐藤選手のような世代の選手が、これからチームを牽引していく存在になってくれればと思います。チームでの役割はどのように考えていますか?

僕はあまり発言するタイプではないのですが、僕は言うだけではなくて、体を張って体現できる選手になりたいと思います。やっぱりそういう人は信頼できますから。まだまだ頑張らないといけません。

――自身のここを見てほしいというプレーは?

今シーズンから、ボールを動かしてしていこうというチームスタイルを掲げているので、BKのランプレーも多くなっていくと思います。やっぱりボールを持った時のランプレーを見てほしいですね。あとは原点に返ってひた向きなプレーをしたいですね。苦しい時間帯がどの試合でもあると思うので、そういう時こそ自分が一番最初に動き出して、とにかく人より多く動く。そういうプレーですね。

――今年掲げる目標を教えてください。

今はCTBをやったり、FBをやったりしていて、今シーズンもどのポジションで出られるのかわかりませんが、出るためにはどこでも良いという気持ちが正直あります。そのためにはパスとディフェンスの技術を伸ばしていきたいと思います。せっかく恵まれた体をしているので、体格を生かしたランがしたいですね。