選手FOCUS / IN FOCUS

西村 渉 Wataru Nishimura

バックス・SH

今シーズン、後半の時間帯に途中出場することが多い。そして、いつの間にか自らボールを持ってランする彼の姿がある。それは反撃の狼煙を上げるサインのようにも思わせる。「何かやってやろう!」「テンポを上げてやろう!」とグランドに降り立つ彼に、怖れは無い。

西村 渉

熱血ラグビー少年だった昔

――ラグビーを始めたきっかけを教えてください

中学校2年生の時に学校にラグビー部ができて、そこら中の男子生徒に声がかけられていました。僕も先生から声をかけられて放課後練習見に来いと言われて、...それからですね。

――それまで他に何かスポーツはやっていました?

いや、スポーツはまったく何もしていなかったですね。帰宅部でした。体育とか体動かすのは好きだったので、担任の先生にも何かスポーツやれとは言われていたんですけど、きっかけがなくて何もやらなかったんです。

――帰宅部からいきなりラグビー部ってすごいですね

中学校のレベルだったらまだ遊び程度なので。...最初はホント遊びでしたね。

――ラグビーを始めて楽しかったですか?

いやー、最初のほうは、あんまり楽しくなかったですね。単純なパスだったり、タッチフットというゲームだったり、ほんと遊び感覚だったんですけど。ルールもあまりわからないので、楽しく無かったですね。ルール自体、まったく知らなかったですね。

――それでも辞めなかった理由は?

仲良かった友達がいたからなのですが、その友達が一緒にやろうよと声をかけてくれたので、辞めなかったのかなと思いますね。

――ラグビーの楽しさを感じるようになったのはいつ頃ですか?

中学3年生の頃からですね。やっぱりルールを覚えて初めて試合もしたりして、そこで悔しさとか、ラグビーの魅力を実感して楽しくなってきたのかと思います。あとは、やはりラグビーの魅力は体ぶつけることなので、そこですかね。

――コンタクトプレーは、好きなほうですか?

いや、今は嫌いです(笑)。中学校の頃はわりかし体も大きかったほうなので、ディフェンスを突破できたりして。中学校までは、コンタクトでも通用したのかなと思います。

――高校に進学してもラグビーを続けていますが、中学生のときから高校でラグビーをすることは考えていましたか?

中3の時点で決めていました。中学校が僕の家から歩いて2、3分なのですが、高校も2、3分の距離なんですよ。中学校の監督がその高校のOBで、自動的に入るって感じでした。御所工業高校(現・御所実業高校)です。

――強豪校ですが、入るに至って躊躇したりしなかったですか?

無かったですね。奈良は天理と御所しかないぐらいだし、天理は中学もあったので結構強くて、中学校の時は、歯が立たなかったのですけが、御所工業に入って勝てるようにもなったので、良かったですね。

――高校生当時のポジションは?

高校2年生の時に、今のスクラムハーフに変更しました。その時のコーチが勧めてくれて、「やれ!」みたいな感じでそれからずっとスクラムハーフです。ハーフってやっぱり小柄なイメージがあって、しんどいポジションですし、やりたくなかったんですけど。やってみると結構楽しくて、パスも嫌いじゃありませんでしたし、ランプレーも、キックも何でも出来る、ボールも一番さわれるポジションなので、結構はまっていきましたね。

――ある意味、チーム全体を動かすポジションでないですか?

そうですね。それは苦労しました。頭を使うポジションなので、そこは苦労しました。やっぱりフォワードとバックスのパイプ役としてフォワードを動かさないといけないし、バックスも動かさないといけないので視野を大きくして、...そういうところが結構苦労しましたね。その時の監督やコーチに指導されて、練習した想い出はあります。

――フォワードやバックスに文句とか注文とか色々言われないですか?

いや、高校の時は、自分が結構言っていましたね。僕、まだ気持ちが熱かったので。もう怒ったりもしましたし、熱血でいましたね。花園にも行きたかったし、打倒天理でずっと3年間やっていましたから、その目標が明確だったので、それに向けて、みんなも熱かったのでチーム全体でそういう空気は出ていましたね。今は、もう言わないですけど、全然(笑)。大学からは、そんなタイプではなくなりました。

――高校時代の成績は?

高校2年生の花園で、ベスト16ですね。高3は、県内の決勝で天理に負けました。

――花園の舞台はどうでしたか?

まず、天理に勝った時の衝撃が凄くて、かなり嬉しくて、ホントに打倒天理でいたので。それで花園行ってからはもちろん日本一を目指していたのですけども。シード校に選ばれて、一回戦は、無難に勝ちましたが、2回戦に清真学園に負けました。同期の川本(川本祐輝選手)と小峰(小峰徹也選手)の2人のいるチームに結構ボロ負けして40から50くらい点差が開いていましたね。特に川本はゴールキッカーで、ほとんど決めていましたから、覚えていますね。

――今はチームメイトですが、その時の話しをしたりしますか?

したことありますね。ザマーミロ的なこと言っていました(笑)。

――それから帝京大学に進学します。その経緯は?

帝京大は大学の中で一番最初から誘ってくれていたので、他の所も一応お話しを頂いたのですが、帝京に決めました。近畿大会の時に帝京の監督が自らの足で観に来て、直接お話し頂いて、話しも聞かせて頂いて、帝京も強豪だし、東京というのにも興味があったので帝京にしようかなと決めました。

――大学ラグビーは実感してどうでした?

またレベルが一つも二つも三つも上がるみたいで、まず体の大きさが全く違うし。スピードもフィットネスもまったく違うし、ラグビーのレベル自体も全く違うので、最初は戸惑いましたね。まずは体作りから、ウエイトですね。大学でウエイトコーチから初めて指導を受けましたし、食事の方も栄養士の方がついていたりして、そういう体作りを徹底していましたね。あとは、高校で通用していたものが大学で全く通用しなくなった、壁にブチあたりましたね。

――具体的にはどのようなところが通用しなくなりましたか?

まず、ブレイクダウンが激しくて。高校の時は自分が仕掛けてすぐラックサイドを抜けられていたのですが、大学では全く抜けないし、ボールをさばけなかったり、そういうところがありましたね。

――大学4年で大学選手権の準優勝を記録します。当時を振り返ると?

僕は大学では、3年でリザーブに選ばれたって感じですね。ラグビーを真剣に考えるというチームの雰囲気がでていたような感じがします。僕もみんなも日本一を考えていまして、何かと「日本一」というキーワードが出ていたので、本当に狙うぞという雰囲気が出ていましたね。

――帝京大で自分が変わったと思ったことはありますか?

まずはですね、ラグビーを通じて沢山の人に出会えたこと、仲間に出会えたことが一番良かったと思います。チームも多いし、レベル自体が関西より高いので、そういう環境でラグビーをできることは良かったです。ただ、三人部屋の寮だったので、それは嫌でしたね。プライベートがないし、一年は雑用係なので。良くやったと思います、僕(笑)。

――それから社会人となってもラグビーを続けようと思っていたのですか?

はい、続けようと思っていましたね。中学校からずっとやっていて、まだ上を目指したいとか、そういう向上心があったので、続けたいなと思いました。

「何かやってやろう」と試合に挑んでいきたい

――ShiningArcsの印象はどのように感じていましたか?

みんな本当に良いもの持っていて素質のある、まだまだ伸びるチームだと思っていました。ある程度の不安はありましたが、先輩が何人かいたこともあって期待度のほうが上でした。

――先輩からどんなこと聞いていましたか?

まず練習がキツイと聞いてしょんぼりしたのを覚えています。実際入ってみて、やっぱり練習はキツかったですね。かなり走りました。でも走った分、試合ではバテなかったし、試合後半に足が止まらずに走れたのでそのへんは感謝しています。

――入団してからの印象は?

ベテラン、中堅、若手が混じり合って自分たちの色とか味を出していて、まとまったチームだと思いました。フォワードも僕に対して声をかけてくれるし、バックスともコミュニケーションが上手く取れています。試合中に君島さん(君島良夫選手)とよくコンビを組むのですが、頼っているし、プレーヤーとしても尊敬しています。一番コミュニケーションを取る人なので、そういう選手がいるということは恵まれているなと思います。

――西村選手の持ち味とは?

チームのテンポを上げるのと、パスさばき。あとは自分で持って走る「ラン」が持ち味かなと。ランプレーが好きなので、空いているところがあれば、自分でも行きたいと思っています。理想は、人が予想もしないプレーとか出来ればかっこいいかなと思いますね。

――影響を受けた選手はいますか?

中山キャプテンですね。やっぱりプレーでも凄く指導してもらっていますし、練習後も良く声をかけて頂いて、コミュニケーションを取ってくれる。キャプテンとしても凄く尊敬出来るし頼っています。人間としてもラグビー選手としてもキャプテンとしても同じハーフとしてもすばらしい人なので、本当に尊敬する人ですね。ベテランなのに走り回っていて、凄いと思います。

――トップリーグという舞台で試合をして、思うことは?

今は後半から出場することが多いのですが、「何かやってやろう」という気持ちが大きいですね。それは、チームのテンポを上げることだったり、トライすることだったり、チームを勝たせるという意味でもあったり。色々な意味で「何かやってやろう」と思っています。あと、思ったのは、トップリーグはかなりレベル高いなとか雲の上の存在かと思っていたのですが、実際プレーしてみると、良い勝負出来ていますし、強豪チームにも勝つことが出来て。生意気なこと言うわけではないのですが、通用しているし、トップリーグでも十分やっていけるんだな、ということを実感出来ましたね。

――試合中に意識することは?

まずブレイクダウンでラックになってからボールを早くさばく「スピード」は、意識しています。早くバックスに供給すること。そのスピードでトライをとれるか、とれないかっていうことが決まっていきますし、正確で素早いパスでバックスの動きも変わりますから、そこは集中していますね。

――西村選手は若手の選手ということになりますが、どのような存在になりたいですか?

そうですね、やっぱり若いので元気をだして、若い人たちから盛り上げていけるような、そういう役目になりたいなと。元気にチームを明るくしていきたいと思います。

――試合を観に来てくれた人にはどういう所を見せたいですか?

今はリザーブとしての形が多いかも知れないですけど、チームのテンポを上げる、パスとラン、そういう所を見て欲しいです。「アイツが入って変わったなぁ」という所を分かってもらえたらいいですね。

――最後にファンの方々へメッセージをお願いします

いつも応援ありがとうございます。これからもっとチームとしても個人としてもパフォーマンスを上げて、成長出来ていけたらいいと思いますので、これからも是非宜しくお願いします。