選手FOCUS / IN FOCUS

森山 健 Ken Moriyama

フォワード・FL

その屈強なカラダつきには似合わず、中学校時代は吹奏学部に所属していたという。今シーズンチームが掲げる「ボールを動かすラグビー」にプレーする喜びを感じ、大きな飛躍が期待される。

森山 健

あのカラダつきからは想像もつかない経歴

――ラグビーを始めたのはいつからですか?

高校1年生からです。早稲田実業高校で始めました。

――何故ラグビーを始めたのですか?

簡単に言えば、運動がしたかったからです。友達が一緒に入ろうと言うので、軽い気持ちでラグビー部に入ったのがキッカケですね。それまでは運動という運動もほとんどしていませんでした。

――運動部自体も初めてだったわけですね。

部活は中学校の3年間は吹奏楽部に入っていて、トランペットを一所懸命吹いていました(笑)。僕の中で吹奏楽部も「もうそろそろいいかな」という感じだったので、ちょうど中学から高校に切り替わる時に心機一転、体育会系にしようかなと。

――強豪校として名高い早実のラグビー部ですが、知っていましたか?

いや、全く知りませんでした。ラグビーに対する知識もゼロに近かったので、ルールとかもぜんぜん分からなかったし。ただ仲がいい友達がいるからというだけで入りました。

――ラグビーを始めたときの印象は?

やってみて、意外とできるなっていう思いはありましたね。身長自体もその頃から大きいほうだったし、走るのも遅くはなかったので、普通に続けていればそれなりに上のレベルにいけるんじゃないかなっていう気持ちはありましたね。

――最初はどこのポジションから始めましたか?

一番最初は、本当に初心者だったのでWTBに回されて「ボール持って走れ!」っていう感じで。それで一ヶ月ぐらいWTBをやっていたんですけど、なかなかその頃からボールをキャッチできなくて、それでもう直ぐにフォワードに行かされました。僕、ボールキャッチが苦手なんですよ。その頃からハンドリングスキルがなく、怒られてばかりでした。そこからはもうLOですね。LOに移されて、あとはFLとNo.8を少しやってました。

――ハンドリングが苦手だと、ラインアウトとか大変だったのでは?

ラインアウトもそうですね。キックオフとかもLOの仕事で、キックオフもぜんぜん取れなかったのですけど、ずっと居残り練習とかさせられていて。でもぜんぜん上手くなれなくて。それが一番の悩みだったのですけど。

――ラグビーはどういったところが楽しかったですか。

球技なんだけど球技じゃない、と云うかボールを持って自由に走れるというのが楽しかったですね。まあ、パスも放れないし、キックもできないし。僕はサッカーとかバスケとかもすごく下手なんですよ。サッカーもトーキックぐらいしかできないぐらいなんですけど、ラグビーだったらそんな僕でもボールを持って相手にぶつかることもできるし、ボール持ってなくてもタックル1つでチームに貢献することができたので、そういった部分がすごく魅力的に感じましたね。

――早稲田大学に進学しましたが、やはり大学でもラグビーしたいという気持ちはあったのですか。

最初から大学でラグビー部に入って日本一を目指すぞという気持ちはなくて、ラグビー自体は高3で試合に負けた時に止めようかなと思ったのですけど。僕の大学は系属校で、学力テストで自分が行ける学部というのは決まるんですね。その学力テストで僕は第一志望の学部に行けなくて、自分が望んでいない学部になってしまったんです。それを考えたら大学で何もやること無いなっていう思いで、何もやらずにいるのだったらラグビー部で1つのことに熱中してみようかなって思いでラグビー部に入りましたね。

――早稲田は人数も多いし、レベルの高い人たちが集まりますが、その中でやるのはどんな感じでしたか。

最初は圧倒されましたね。高校の時は多くても30人、40人だった部員が、大学に行ったら一学年でそのぐらいの人数がいるので。チームもAからEチームと5チームぐらいあって、常に毎週毎週入れ替わりがあったので、それだけ大きな組織、チームでやること自体に最初はびっくりしました。AからEまでとりあえず一通りは経験していましたね。やはり最初の頃、若手は一番下のほうからスタートして、1年の後半に少しBチームに絡むことができて、Bチームの公式戦でジュニア選手権というのがあるのですが、そこにも出させていただいて、2年生の春先からAチームにも何回か出たんですね。でも2年生の後半に右足首を脱臼骨折して、けっこう長いリハビリが続いてしまって、そこからはもう上のチームに絡むことはできませんでした。

――U19の日本代表に選ばれています。代表を背負って試合をするのはどんな経験でしたか。

1年生の時に監督からの推薦で行くことができました。人生でも代表選手は初めてでしたし、試合前に国歌が流れてきたのを聴いて、初めての経験で鳥肌が立ちましたね。別に気負いとかは無かったですけど、これが日本代表なんだっていう鳥肌が立つような思いはありました。今、同期の猿田智広が同じU19の遠征に行ってたキャプテンだったんですよ。部屋も同じで。その時に初めて知り合ったのですけど、その3年後ですかね、NTTに入ることが決まって新人同士で集まったら猿田がいて、「ああ、あの時の!」という懐かしい思いがありましたね。

不器用な自分でも表現できるのが、ラグビーの魅力 

――NTT東日本からNTTコミュニケーションズにラグビー部が移って2年目に入社しました。

早稲田のOBに大内さん(現コーチ)がいて、ちょうど高校も一緒で、僕の高校時代に何回か東大和のほうのグラウンドにも練習に行っていて、NTT東日本というチームは知っていました。それで、僕が就職先を探している時に大内さんから声をかけていただいて、仕事もラグビーも充実させるにはNTT東日本はベストな環境なのかな、という思いで入ることに決めました。でも会社に入って直ぐに会社がチームを強化するということに決まって、練習時間が長くなったり、設備とかサポートとかも厚くなってきましたので、自分の入社前のイメージとは変わっちゃった思いはありますが、そうなったからには自分ができるところまで思い切りやっていこうかなという気持ちの切替えはできましたね。

――社会人になってからプレースタイルに変化はありましたか?

前までは試合でボールを持つ場面があっても、そんなに自分でガツガツ行くという感じじゃなかったんですけど、去年から今年にかけてけっこう体もできてきてボールを持って思い切り行けばそれなりにゲインができるということに自分で気付いたので、最近はボールをもらってアタックすることにも力を入れてきていますね。

――どんなところが自分の持ち味だと思いますか?

コンタクトプレーや、仕事量、あとはスピードです。走ることにも自信はあるので、自分のスピードを活かしたプレーで上に絡んでいけたらいいなと思います。特に派手なプレーはできるほうじゃないんですけど、外国人選手たちが派手なプレーをするその影で、僕はボールを持っていないところの密集で相手をきれいにはがして、BKの選手にボールを供給したり、そういった泥臭いプレーでチームに絡んでいきたいですね。

――今年は展開ラグビーになってくると思いますが、FWとして意識することは?

今年は走って展開してという形なので、FWでもボールを持ってパスをする機会も増えると思いますし、去年に比べたらFWがボールに絡むという機会も増えてくるとは思っています。自分もプレーしながら、楽しいラグビーになっていると思いますし、試合もすごく楽しくできていますので、そういった意味ではいいモチベーションでラグビーはできています。

――楽しく感じられる理由は何でしょうか?

去年試合をしている時とは全く気持ちが違うと言うか、楽しさが違いますね。ボールも自分で見ていても動いていると思いますし、常にトライを狙っていくという姿勢を全員が持っているので。それが自分たちの強みと言うか、これで勝つんだというスタイルを求めて日々練習しているので、やっていて楽しいし、やり甲斐はすごく感じていますね。

――若手の選手も試合に出る機会が増えていると思います。これからはチームを背負っていかなければいけない立場になりますね。

そうですね。今までは年上の方に頼ってきていたという部分もあるので、もっともっと若手が上の選手を脅かすくらいに成長していかないと、このチームには先が無いと言うか、もっと成長はしていかないと思います。小林訓也さんや佐藤元太さん、笠原さんとかと常に全体練習後にバックローだけの個人練習をして、若手から上手くなろうという気持ちは持ってやっていますね。ベテランの選手たちに比べて、練習を重ねて努力をしていかないと追いつきはしないと思うので、自主的に集まって練習をしています。タックルの入り方だったり、タックルして直ぐにジャッカルに行くための動作の確認とか、ブレイクダウン周りの練習を一個一個確認しながらやっていますね。

――今年の春のオープン戦ではMVPを受賞していましたね。チームメイトや監督からはどんなことを言われましたか?

タックル成功率が良かったこともあるし、今年のテーマでもあるローファーストタックル率でも一番だったということもあって、体を張って頑張っていたなということは言われました。今までチームの中でそういうふうに言われたこともなかなか無かったので。

――公式ツイッターでは森山選手の肉体のことが話題に上がりますが、ウエイトトレーニングは好きなんですか?

そうですか(笑)。自信があると言うか、常にウエイトトレーニングはするように心がけています。好きと言えば好きですね。とにかく体を鍛えたくって、去年の夏から腹筋をやるようにしたんですよ。で、八藤後とか磯田さんとか菊池とかで練習後に皆で集まって、フィットネスコーチの奥野さんにメニューを創ってもらって、けっこう長い間そのメンバーで腹筋をやるようにしているんですけど、それをやり出してからけっこう腹筋はつきました。

――そのメンバーで「腹筋部」をやっていましたよね。

はい、そのメニューをやり出してからコンタクトしてもブレないと言うか、すごい力強くいけるという感触が出てきたので、それはずっと続けていますね。

――今年の目標としているところは何ですか。

個人的には、まずはトップリーグの試合に出るという思いがありますね。すべてはそこからだと思うので。去年は一度も公式戦には出場できていないので、今年は何が何でもトップリーグの試合に出て活躍したいという思いはあります。もっと強く、速く。上手くなくてもいいので強い選手になりたいですね。

――森山選手にとってラグビーはどういうスポーツですか。

ラグビーは自分を表現できるスポーツですかね。そんなに器用なほうでもないし、パスもできるほうではないですけど、思い切りやれば良いタックルもできますし。不器用でも自分を表現できるところがラグビーの魅力かなと思います。

――最後に今シーズンに向けての一言コメントをお願いします。

いつもたくさんの応援ありがとうございます。会社でも試合会場でもたくさんの方々に声をかけていただいて選手の皆はすごく力になっています。僕個人としては、今シーズンはトップリーグの試合に出て少しでも皆さんに恩返しをできるように頑張っていければいいと思っていますし、チームとしても去年とはまた違った、観ていて楽しい、激しいラグビーを目指して日々頑張っていきますので、引き続きたくさんの応援を宜しくお願いします。