選手FOCUS / IN FOCUS

馬屋原 誠 Makoto Mayahara

フォワード・LO

馬屋原  誠

――ラグビーを始めた時期と、そのきっかけは?

高校からです。中学までは野球をやっていましたが、高校からは身長(196cm)をいかしてバレーボールか、バスケットボールをやりたいと考えていました。ですが、高校入学当初にラグビー部にいた先輩から体験入部を誘われて、気がついた時には入部していたっていう感じですね。

――その後、専修大学に進まれた経緯を教えてください

自分が所属していた頃の大磯高校は弱くて、試合に大差で敗れる事もありました。それでも、高校2年生の時に思いもよらず神奈川県代表に選ばれて、3年生からは県代表に定着することができました。その実績からだと思いますが、ありがたいことにいくつかの大学に誘われました。その中で、2年生の時最初に声をかけてくれた専修大学にお世話になる事に決めました。

――専修大学ではどういった成績でしたか?

日本代表に選ばれたり賞を取ったりした事はありませんでしたが、1年生から4年生までレギュラーでプレーしていました。今は関東大学リーグの2部に落ちてしまっていますが、僕がいた頃はずっと1部でしたね。

――今までで一番記憶に残っている試合は?

大学の1年生時の開幕戦・法政大学戦です。負けてしまったのですが、初めての大学公式戦出場で、無我夢中で気持ちを全面に押し出すことができ、とにかくがむしゃらにプレーしたのを覚えています。その気持ちは、今でも忘れないように心掛けています。

――NTT東日本時代から、NTTコミュニケーションズになって変わった点はありますか?

バックアップ体制が強化されたことですね。ラグビーに集中できる環境を用意してもらったことを、非常にありがたいなあと思っています。それと同時に、やらなければならないという気持ちも当然あります。

――NTTコミュニケーションズ ラグビー部の魅力は?

プレー面としては「つないで前へ」のシンプルなチームで、難しい事をやろうとしている訳じゃない。その為に練習をしている訳ですが、目指すところも魅力もそこだと思います。チームの雰囲気は本当に良いですよ。練習中には喧嘩になるほど厳しくやっていますが、練習が終わってグランドを離れれば、みんな仲良く話している。これがこのチームの強みになっていくんじゃないかと思っています。

――今チームが昇格の為に必要なものは?

技術的なものもありますが、重要なのはメンタル的なものだと思います。ラグビーはやっぱり経験値が大事なんです。辛い時苦しい時、その逆境にどれだけ向かっていけるか、強い相手にどれだけ当たっていけるか、が勝負の決め手だと思います。

試合風景

――馬屋原選手にとってラグビーの魅力とは?

タフな部分ですね。いかにも「男」というところと言えばいいでしょうか。髭も髪も伸ばしっぱなしで全く格好を気にせずぶち当たっていく選手とか大好きなんですよ。僕も今でこそ短くしましたが、昔は肩位まで伸ばしていましたしね。スタイルでいうと、ガチンコでどんどん前に行く南アフリカのラグビーとか好きです。好きな選手は、例えばNZ代表のコリンズだったりで、男気があるところが格好いいですね。ラグビーの試合中に喧嘩すると日本だと退場させられてしまうんですが、彼らはその喧嘩も「それもラグビーだ」と言うところとか格好いいですね。

――馬屋原選手は熱くなるタイプですか

実は、高校時代や大学時代はすぐにカッカして喧嘩する様なタイプだったんです。自分ではそれほど意識していなかったのですが、いつの頃からか、カッカすることはするんですが、無意識にどこかで抑えられるようになりました。大学で怒られているうちに、これじゃダメなんだと気が付いたんでしょう。......今振り返ってみると、そのままだったらもっと早くラグビーを辞めていたかも知れませんね。

――プレースタイルが変わって競技生活が長くなったのでしょうか?

本当の事を言うと、入部して数年で辞めようと思っていたんです。でもチームがどんどん強くなっていって、上にあがっていったんです。強くなると面白くなるし、欲も出てくるもので、続けようと思いました。

――今までのラグビー歴で一番悔しかった事は何ですか?

どんなことだって負けると悔しいですよね。それは試合じゃなくたって練習でも自分がミスしたり、抜かれたりすればそれだけで悔しいですし、小さなゲームで負けてもいつも悔しいです。そういう気持ちをなくしてしまうと終わりなので、大切にしようと思っています。ですから、特にこれが一番という話はないですが、何でも負ける事は嫌ですね。

――負けず嫌いの気持ちがここまできた原動力でしょうか

実は2年前に手首を脱臼してしまって、これでもう終わりだなと思ったんですよ。ところが、その年チームはトップリーグとの入替戦まで行って、そこでまたやってやろうと思いました。モチベーションが重要なスポーツですから、気持ちが上がるタイミングがよかったのかも知れません。

試合風景2

――NTT東日本時代、30歳を目前にして日本選抜に初選出されました。

光栄でしたね......日本を代表して行く訳ですからプレッシャーもありましたが。協会関係者には「遅咲き」と言われましたし、LOというポジションは経験が必要なのでそういった面を評価してもらえたのかなと思っています。今後も代表に選ばれれば嬉しいですが、まずはチーム優先ですね。

――ベテラン選手としてどうチームをまとめていきますか

プレースタイルは変わらないので、強くなるには練習を増やすのが一番だとは思いますが、練習時間が限られた中では精度やメンタル面を上げていかなければ強くなれない。それから指導者の言うことを聞いて、若手との橋渡し役になれたらと考えています。山本監督は年齢が現役に近いですし、一緒にプレーしていましたから話しやすく考え方もわかっています。後は、自分のプレーで見せていくしかないですね......こればかりは口で伝えられないので。我々、ベテランと言われてしまう(笑)選手の背中を見て、みんなが高め合っていければいいと思います。

――馬屋原選手が今シーズン、プレーの面で見てもらいたいところは?

空中戦ですよね。やっぱり自分はそこに賭けてやってきましたし、もちろん他のプレーでも精度を上げてプレーしたいと考えています。LOは奥深いポジションですよ。

――最後にファンに一言

かなり熱いシーズンになると思うので、全試合見ていただきたいと思います。よろしくお願いします!