選手FOCUS / IN FOCUS

栗原 徹 Toru Kurihara

バックス・FB / WTB

サッカー少年であったが、清真学園中学に入学後ラグビーを始める。そして、中学・高校と一貫して清真学園独自のラグビースタイルを学ぶ。シャイニングアークスでは、君島良夫選手や川本祐輝選手や小峰徹也選手も同校出身者であり、不思議な縁を感じさせる。

栗原 徹

ラグビーを続けるか迷いながらも、日本代表にまで選ばれる

――ラグビーを始めたきっかけは?

中学からラグビーを始めたのですけれども、小学校の時はサッカーをやっていて、プロサッカー選手になりたいと、卒業文集にも書いているくらいサッカーが好きだったんです。入学した清真学園中学にはサッカー部が無くて、ラグビー部しかなかったので、自ら進んで始めたわけではなく、消去法みたいなところからラグビーを始めました。まさかサッカー部が無いなんて思いもしなかったので、結構ショックでしたね。中学の3年間は、ずっとラグビーをやりながらいつサッカーに戻ろうかなって思っていました。

――ラグビーを始めてみて感想は?

ラグビーはボールを持って動けるので、サッカーよりも相手にボールを取られにくいから最初は簡単だなと思って始めました。清真学園中学は、相手をかわして抜いていくとか、パスをするとか、そういうところから始める学校だったので、鬼ごっこの延長というか、サッカーをやっていたこともあって、比較的に簡単に相手をかわすことが出来たので、ラグビーもすぐにのめり込んでいくようになりました。それでも、高校サッカーを見ながら、どこの高校でサッカーをやろうかなぁと、3年間考えていましたね。

――それでも高校は清真学園高校に進学して、ラグビーを続けたのですね。

中学の時に東日本大会に出場しまして、そこで準優勝することが出来ました。そこそこ成績を残せるようなチームにいたということに、面白みを感じました。小学校の時はサッカーの県大会で一回戦負けしてしまうようなチームにいましたので、強いチームに環境を変えるだけで全国大会に出られるということが、自分でも不思議に感じました。強いチームに身を置くことで自分の伸びしろが広がると思い、清真学園高校でラグビーを続けようと思いました。

――清真学園高校ラグビー部で過ごした思い出で記憶に残ることは?

自分たちの代(高校3年時)で花園に行けたのは嬉しかったです。清真学園にとっては2回目の出場だったのにシード校に抜擢されて、初戦から強豪校と対戦するのですが、勝ち進むことが出来ました。でも、ベスト16で対戦した長崎北陽台戦で、試合は勝ちましたが、僕は肩を骨折してしまいまして、次の東福岡戦は出場できずにチームは負けてしまったのです。だから、高校最後の試合はスタンドから試合を観ることになって、僕だけ夢半ばで終わってしまった気がして、その出場できなかった試合が一番印象的ですね。

――チームメイトには清真学園出身の後輩が何人かいますが、関わりはありましたか?

歳が離れているので直接的にグラウンドでの関わりはないのですが、卒業してからも中学、高校にはラグビー部OBとして行っていたので、高校の先生からは、良夫(君島良夫選手)はセンス日本一の選手だと聞いてはいました。だからもちろん知っていましたが、個人的に関わりを持ったのは僕がNTTに入る前に食事に行ったくらいですね。川本(川本祐輝選手)と小峰(小峰徹也選手)に関しては、僕らの代を越える才能ある代だと聞いていました。でも、県予選で負けてしまったんですけどね(笑)。僕は慶應大学でアドバイザーをやっていましたので、その後も祐輝とはよく関わっていましたね。

――慶応大学に進学したきっかけは?

当時慶應の監督だった上田昭夫さんが声を掛けてくださって、誘われたのがきっかけなのですが、僕の中では大学でラグビーをするという発想があまり無かったんです。大学は受験して、大学生活をエンジョイするものだと(笑)、そう思っていましたので。そんな中で上田さんに誘っていただいて、それから大学でラグビーをするというイメージを持つようになりました。でも、大学になると練習も厳しくなると思い、少し抵抗もあったのですが、最後にはやっぱりラグビーをやりたいなって言う気持ちが強くなって、受験勉強も手につかなくなり、ラグビーのことばかり考える日が続いて、高校3年の7月には気持ちを固めました。

――大学の頃を振り返ると

僕がいた頃の慶應はちょうど低迷していた時期でした。ただ練習はハードでしたし、あたりもタックルも強いし、でもパスとゲーム運びが上手くないチームで、それで負けているみたいなところがありました。清真学園はパスとゲーム運びで勝って、あたりとタックルは弱いけれど最後には勝つチームでしたので、高校時代とは正反対のチームでした。ただ、伝統的な魂のタックルという「気持ち」の土台はありましたので、「スキル」と「気持ち」の歯車がかみ合えば、絶対に勝てるチームになるという自信はありました。最後にはそれがしっかりかみ合って、優勝できるチームになりました。

――社会人でラグビーを続けることは考えていましたか?

僕は社会人でラグビーをすることは考えていなくて(笑)。慶應出身の人はあまりラグビーを続けないのですよね。僕の憧れの選手だった人は銀行や広告代理店に勤めていたりとかして、色々な選択肢を考えていました。その中で、林雅人さん(現 慶應大学監督)に相談したときに、その当時のサントリーコーチ陣のラグビーに対する考え方がずば抜けているから、そこの下でラグビーをしなさいと、林さんに言われまして、その一言で決めました。

――トップレベルの選手がひしめくサントリーですが、どのような経験をされましたか?

サントリーは競争が激しくて、同級生で同じポジションの人がいても、私生活まで仲が悪くなるくらいぶつかり合っていました。それに、春からものすごく練習をしているチームで、練習をやっているときから、こんないい練習をしていて優勝しない方がおかしいと思うくらい、質の高い練習をしていました。練習というものが、チームが成熟していくために大切なものだということを、改めて学んだチームですね。

これからも、どんどんチャレンジしていきたい

――サントリーを退団し、ShiningArcsに入団を決めた経緯は?

まずはサントリーを退団することを、自分の中ではシーズン途中で先に決めていました。ラグビーに対しては自分の中では達成感というか、一区切りを感じていたので、このまま引退してもいいかなと思っていました。でも、もしどこかからオファーが来て、やりたければ続けようと、やりたくなければ辞めようかという、フラットな姿勢で考えていましたね。そうこう考えるうちに、僕もラグビー選手なので、またラグビーがやりたくなってきちゃったなぁって思って、それで他のチームを探しているときに、高木さんというNTT東日本時代に在籍していて、今は慶応のコーチをやっている僕の先輩から「NTTが本気でトップリーグを目指して強化をしているけど、どうだ?」という話をもらいました。その時、他にも色々なチームからオファーをいただいていたのですが、その中でも「トップリーグに絶対行く」という熱意を一番感じて、このチームで一緒にラグビーがしたいという思いが全てです。

――ShiningArcsに入団してチームの印象は?

僕の想像以上に、社員の方の応援を含め、会社全体がラグビーを盛り上げようという熱い思いを感じました。だから、それに応えなくてはいけないな、という皆さんからの良い意味でのプレッシャーをいただきました。それに、NTT東日本時代からいる選手がスタメンで試合に出られないということがあっても、そういう選手が中心となって東日本から築いたチームの文化をしっかり継承していたので、すごく良いチームだと思いました。

――入団して2年目の昨季にチームは優勝してトップリーグ昇格が決まります。

入団して1年目は、最低でもあと一歩でトップリーグに上がれなかった、というところまではいきたかったんですよ。僕が慶應の2年生のときに準決勝でロスタイムに逆転負けをしてしまって、すごく悔しい思いをしました。翌年の日本一になった3年生のときは、あの悔しさを越えるという思いがあって勝てた経験があって、悔しさというのは力になると僕は思っていました。だから、ShiningArcsが一昨年に豊田自動織機に負けたときは、皆すごく悔しがっていたので、これは大丈夫だと、次の年にはトップリーグに上がれる布石になっているんじゃないかと思っていましたから、昨年はボロボロになりながらの戦いでしたけど、順序良く勝ち取ったトップリーグなんじゃないかと思います。

――自身のチームでの役割はどのように考えていますか?

今はチームの方向性を定める必要があって、アタックにしても、例えばスクラムの場面からどうやって攻めるのか、それぞれの状況に応じた一番いい選択肢が、スタッフも含むチーム全員が同じになるように意思統一していかないといけないと思っています。チームにとってどの選択肢が正解なのか、練習中に常に問いかけるようにしています。

――ラグビーの研究はよくされるのですか?

ここ5年くらいはするようになりました。スポーツはなんでもそうだと思うんですけど、ラグビーも試合の中で、ボールがあっちいったりこっちいったりボールが動くなかで、偶然トライが生まれることがあると思います。でも僕はその偶然の理由を探したいんですよ。その理由がわかれば、偶然を作っていけると思いまして。だから試合のビデオを録って、例えばキックオフからどういう選択肢をしていったのか、その選択肢が偶然を生む一歩なんじゃないのかと、検証しながら見ることもあります。でも逆に、あえて停止や巻き戻しもしないでなぜ今のは抜けたのだろうかだとか、ライブ感覚でビデオを見ることで、ゲームを読める感覚をつけようとすることもあります。その二通りの見方を最近良くしていますね。

――今季はいよいよトップリーグで戦いますが、チームとしての目標と栗原選手の個人的な目標を教えてください。

以前に経験したトップリーグとはまた違うものになっていると思いますし、僕もShiningArcsでは初めてのトップリーグなので、僕にとっても初めてのリーグだと思って臨むつもりでいます。個人的には、チームのベテランの選手としてバランスを考えてチームがうまく回るように考えるのではなく、僕もどんどんチャレンジして、トライもいっぱい取ってチームに貢献したいです。選手一人一人がチームに貢献することで、チームって良くなっていくので、一歩引くのではなく、一歩前に出てボールを持ったらアグレッシブにいきたいです。
チームとしては、昇格した年にプレーオフまで進めたチームは無いのですが、そこを目指していきたいです。そして、シーズンを終えたときに、ShiningArcsは素晴らしかったなと思ってもらえるチームになりたいと思っています。そう思ってもらえるチームを何年か続けていくうちに、本当に目の前に優勝が転がってくると思うので、リーグの中での存在感をしっかり発揮していきたいです。

――最後にいつも応援してくれるサポーターの方に一言お願いします。

いつも熱い声援をありがとうございます。本当に感謝しています。僕たちの使命は試合に勝つことはもちろんですけど、ShiningArcsのラグビーに関わってくれている全ての人たちが、「明日も頑張ってみよう」と思っていただけるようなラグビーを続けていきたいと思っています。是非、ライブで観戦していただいて、叱咤激励してもらえたらなと思います。