選手FOCUS / IN FOCUS

倉林 史和 Fumikazu Kurabayashi

バックス・CTB / WTB

さまざまなポジションをこなす、ユーティリティプレーヤー。ShiningArcs発足からのチーム環境変化の中、中堅選手としての立場にも差し掛かり、いろいろな人の思いを胸に初のトップリーグに挑んでいる。

倉林 史和

ラグビーの充実感に、虜になった

――ラグビーを始めたきっかけは?

中学校3年生の頃に学校内でタグラグビークラブが出来て、その頃サッカー部だったのですが、そのタグラグビークラブに入って始めたのが最初のきっかけです。その時の顧問の先生から「高校でラグビーをやってみないか」と誘われて、サッカーを続ける気もあったのですが、サッカーに対して限界を感じていたということもあり、違うスポーツもやってみたいと思い、つくば秀英高校を紹介してもらって、ラグビー部に入った経緯です。

――サッカーで限界を感じたのはどうしてですか?

県内選抜とか、選抜選手には色々と選ばれていたりしましたが、県大会レベルの選手と戦っていて、こんなにうまい選手がいるんだと、軽くショックを受けたということがありますね。

――タグラグビーをやってみて感想は?

中学校の時は、足に自信があったので、捕まることも無かったですし、最初は、ラグビーは結構簡単なんじゃないかなってイメージがありました。

――高校時代のポジションは?

ラグビーを今までやっていて、1年間同じポジションをやり続けた事が無くて、高校1年生の時はウイングとフルバックをやって、2年生でスタンドオフ、3年生でセンターをやりました。

――サッカーとは違う、ラグビーの面白さとは何でしょうか?

試合が終わったあとの充実感というのが、ラグビーの方が凄くあるなっていうことを最初始めた時に感じましたね。体を当てるし、走るし、倒れるしという部分で、体全体を使っているというイメージがありました。

――大学でもラグビーを続けようと思ったのですか?

大学では漠然的に対抗戦でやりたいという思いがありまして、対抗戦のある色々な大学を受けたけれど、ほとんど落ちちゃって(笑)、それで帝京大学のセレクションを受けた時に、監督から「やる気があるなら、うちでやらないか」と言っていただいて、帝京大学に決めました。

――帝京大学でラグビー部に入部して思ったことは?

全国から強い選手が来ていて、しかも寮生活で、3人部屋なんですよ、帝京大学って。きついんですよ(笑)。最初、川の字で寝るのですが、部屋には「部屋長」、「部屋中」、「部屋子」というのがありまして、「部屋子」っていうのが、先輩の間で寝るんですよ。あとは、部屋の掃除だったりとか、洗濯物だったりだとか。最初の1年間は、ラグビーよりその生活に慣れるのがきつくて、僕初日にちょっとポロッと泣いちゃいましたもん(笑)。ちょっとホームシックにかかっちゃいました。

――帝京大学では上下関係は厳しかったですか?

1年生と4年生はさすがにありますが、1年生から3年生まではそこまで厳しく無かったです。結構上下関係があるイメージを持たれますが、3年生の人とも仲良くなったりしていました。

――公式戦に出場できたのはいつ頃からでしょうか?

公式戦に初めて出たのは、大学3年生の対抗戦の時からですが、それまではずっと下のチームでやっていました。帝京大学には、A、B、C、D、E、Fチーム、あとは試合に出られないGチームというのもありました。

――その中でレギュラーを獲得するのは大変だったと思いますが、どんな苦労がありましたか?

自分の時には一つ上の代に、良いウイングの先輩が二人いたので、ディフェンスでアピールしました。足の速さでは勝てなかったので、ディフェンスでしっかり守るということをアピールするようになりました。

――大学ラグビーを通じて得たものはなんですか?

まずは高いレベルでラグビーが出来たということ。それと、全国各地から色々な人が集まって、その大人数の皆が、「大学選手権優勝」という一つの目標を目指すという体験は、凄く貴重な体験だったと思いますね。

――社会人になってもラグビーを続けようと思っていたのですか?

そうですね。社会人になってもラグビーを続けようと思っていましたけれど、ラグビーをやりながら仕事もしっかりやろうという思いが強かったので、それなら、NTTが当時はトップチャレンジに進出していた年で、ラグビーも強く、仕事もちゃんと両立しているチームだと思ってNTTに決めました。

ラグビーを通して恩返しをしていきたい

――ShiningArcsが強化を始めた頃から、トップリーグ昇格までの軌跡を振り返って思うことは?

ちょうど自分の代が東大和(NTT青梅橋グラウンド時代)を知っている最後の代なのですが、まずは環境ががらりと変わって、あとは人も。レギュラーに生え抜きの選手が3人しかいないだとかスポーツ新聞に書かれていますが、結局は少しずつ人が変わっていってもNTTというチームは変わらないので、これからもNTTというチームのラグビーをずっと見せていきたいと思いますね。確かにNTTコミュニケーションズに移ってから、同期だったり、色々な人が辞めざるを得ないという、チームが強くなるためには必要なことも確かにあったんですけど、それを無駄にしないという思いが、チームを強くしたと思います。

――倉林選手が思うShiningArcsというチームはどんなチームですか?

やっぱり一所懸命というところですかね。それに人間的にもみんなしっかりしているというか、大人としての魅力のあるチームというのを感じます。それで、仲もいいし...仲が良いというのは特に強いと思いますね。

――これまでの「選手Focus」の中でも、仲が良いというコメントが皆さんから多いのですが、何故なのでしょうか?

温かみがあるというか、思いやりが強い人が多いと思うんですよ。例えば、同期の人が辞めるという時は、皆で手紙を書いたり、誰かの誕生日の時も、ケーキを買ってきてクラブハウスで渡したりだとか、会場を貸しきって誕生日パーティーをしたりだとか。人が喜ぶことを積極的に働きかけるというか、思いやりがある人が凄く多いですね。

――チーム環境が変化をしていく中で、倉林選手はどのように感じていますか?

下にいたときには、どちらかというとおんぶに抱っこというか、周りが引っ張ってくれるのに自分もついていく感じだったのですが、最近は、積極的に自分から働きかけていかなくてはいけないと感じてきましたね。特に、栗原さんが入ってきてから、練習中や、練習が終わったあとに、選手を集めてレクチャーをしていただいて、その時自分は教えられている立場だったんですが、人に伝えていく力だとか、一緒にうまくなっていこうとする意識の大切さだとかを、栗原さんから教わりました。

――チームの中で倉林選手の役割は?

僕はどちらかというと、複数のポジションが出来るので、ここ何年かはリザーブで入ることが多くて、怪我人が出たらその人のポジションに入って、何週間か試合に出るこが多かったですね。でも、今年からはセンターでずっとやらしてもらっているので、センターとしての動きは以前より良くなった気がします。

――色々なポジションを任されるというのは何故なんでしょうか?

「やってみろ」って言われると、何かとやっちゃうんですよね。言い方は悪いかもしれませんが、あまりポジションに対する執着心が無かったかもしれないですね。持たなくてはいけないとも思うんですけど、ラグビーをしていること自体に充実感を感じていたので。本当は執着心を持たなくてはいけないですよね(笑)。

――自分の持ち味は?

試合に出られているときは、ディフェンスがしっかり出来ている時なんですよね。ディフェンスがまずしっかり出来ているときは、自分としても調子が良いですし、得意かどうかはわからないですけど、ディフェンスが中心になってきますね。

――今シーズン、トップリーグを体感してどう思いましたか?

初戦を迎える1週間ぐらい前から、練習していても、山下さんや、栗原さん、木曽さんだったりのトップリーグを経験している人たちの空気が全然違ってきたですよね。それを凄く感じて、トップリーグで戦っていくというのはそういうことなんだと、改めて気を引き締められる感じがありました。初戦では、みんな緊張していたというか、浮き足立ったところもあったと思います。本当に気の抜けない戦いが多いので、練習にしても引き締まった、しっかりと濃縮された練習が今年は出来ていると思います。

――大学時代に思い描いていたより、ラグビーに費やす時間が多くなったと思いますが?

最初はちょっと抵抗がありましたが、今、自分がラグビープレーヤーとして、ラグビーが出来ているという喜びもありますし、ラグビーが出来る環境を作ってくれている会社の人たちに、ラグビーを通して恩返しが出来たらなと、思うようになってきましたね。

――今後、どのような選手になっていきたいですか?

やっぱり試合の中の状況で動けるというか、周りの状況を見て動ける選手になりたいですね。もちろん体のフィジカル面も上げていかないといけないと思いますが、今はまだ状況判断が良くないので、グラウンドで冷静になれる選手になっていきたいですね。あとは、これから中堅の選手になっていくので、自分から引っ張っていける選手になりたいです。

――ラグビーの魅力とはなんでしょうか?

やっぱり充実感でしょうか。それと、人との出会いですね。同期の選手だったり、その周りにいたトレーナーだったり、栄養士さんだとか、会えば必ず挨拶やお話もしますし。秩父宮で先輩や後輩に会ったり、その流れでご飯に食べに行ったりとか。ラグビー界って結構狭いって言われるじゃないですか。誰かが誰かの知り合いだったりすることが多いので、それって結局ラグビーをしている人の連帯感というものがあるのかなと、最近思うようになりましたね。

――ラグビーを通じて得たものは?

今も昔も、ラグビーは自分のためにもやっているというのはありますが、特に大学生や社会人になってからは、チームの為にだとか、チームや周りの人たちの為だとか、その裾野がどんどん広がっているという感じがしますね。それがとっても大事というか、自分とチーム、そしてその周りの人達の為に戦っていこうという気持ちがどんどん強くなっていますね。

――最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

試合に出られることはあまり多く無いですけど、試合に出られなくても、応援に来てくれる家族や友達だったり、会社の人、そういう人たちの為に、試合に出たときは、プレーで恩返しが出来たらなと思います。これからも応援お願いします。頑張ります。