選手FOCUS / IN FOCUS

川本 祐輝 Yuki Kawamoto

バックス・SO

期せずして、出身校の先輩たちと同じチームで戦うことになった川本 祐輝選手。機会を見つけては自分を育ててくれた高校や大学に足を運んで普段気づかない発見を掴むなど、「つながり」を大切にしながら次のステージに向かっている。

川本 祐輝

清真学園での、さまざまな出会い

――ラグビーを始めたきっかけは?

中学1年生の時に始めました。小学校の時はサッカーをやっていたんですけど、茨城の清真学園に中学受験で入ったのですが、そこはサッカー部が同好会しかなかったんです。小学校の時はかなりサッカーに熱中していましたが、不思議とサッカーにあまり未練がなくて、その当時、清真学園高校のラグビー部が全国区で名を上げていたので、高いレベルで出来るスポーツをやりたいなと思ってラグビーを始めました。祖父が昔ラグビーをやっていたこともあって、僕がラグビーをやることに対してすごく喜んでくれたことも後押しとなりました。

――清真学園ではどのようなラグビー生活でしたか?

校風なのか当時の監督の方針なのか、すごく自由な雰囲気でした。厳しい練習というよりは、タッチフットとか好きなだけやって、まずはラグビーの楽しさを知ってもらうという環境でした。だから中学のときは辛いなとかきつかったとか思ったことは無くて、ただ単にボール持って走ったりだとか、楕円球のボールを遠くに飛ばすことに難しさを感じながらも魅力を感じていました。ShiningArcsにも清真学園出身が4人いるんですけど、性格面とか皆タイプが似ているって、よく周りから言われますね。それは清真学園というカラーが残っているんだと思います。

――それはプレースタイルにも言える事ですか?

そうですね。チームとしても自分個人としても大阪や九州の高校生に比べて体が大きくなかったので、コンタクトプレーをせずに相手をかわし展開してボールを動かして勝っていく、というチームカラーがありました。うちの高校の出身者でガツガツ当たっていく選手はあまりいないですね。かと言って、ディフェンスは低いタックルをしないと大きい相手には勝てないので、ディフェンスの意識はすごくありました。

――当時、清真学園の成績は?

高1、高2は花園に出たのですが、高3の時は、県予選の決勝で県内のライバル茗溪学園に負けて花園には行けませんでした。花園に行けなかったことは今も悔やんでいますが、高校代表、U19代表に選ばれたり、茨城県の代表として国体3位になれたりと、個人的なことで言えば、結構充実していましたね。

――高校日本代表とU19代表に選ばれた時はどう思いましたか?

高校日本代表には、先輩たちが毎年一人か二人選ばれていたので、色々アドバイスをいただきました。自分としても一度は入りたいと思っていたので、選ばれたときはすごく嬉しかったです。U19のアジア大会は、基本的に花園に出られなかった高校の選手から選出されるので、自分は選出対象だったのですが選ばれませんでした。その後の世界大会で選ばれればいいなとは思っていたんですけど、3月の卒業間近で正直忘れかけていた頃に選出されたので、嬉しかったというより驚きのほうが大きかったですね。

――代表の中でプレーすることで自身に与えた影響は?

世界との差を、肌で実際に感じることが出来ました。でもそれ以前に日本国内で活躍していた選手と一緒にプレーしてみて、自分はまだまだだなと感じ、まず国内レベルでもっと頑張らないと差をつけられるなと思いました。

――当時、どんなことを心がけていましたか?

ラグビーを始めた頃から意識をしているのは基本プレーです。清真学園中高では展開ラグビーをモットーにしていましたが、パス一つにしろ、相手をかわす技術にしろ、キックにしろ、基本的なところがある程度のレベルに達していないとボールを動かすラグビーが出来ないですから。何かうまくいかないときは、パスにしろキックにしろ、練習で短い距離の投げたり蹴ったりを繰り返してまず基本に戻ることを意識しています。体を動かすのも良いんですが、それだけではなく頭でも考えるようにしています。イメージトレーニングというか、うまい選手を見てまず真似から入っていたりしていました。

――例えばどんな真似を?

君島さん(君島 良夫選手・清真学園出身)が3つ違いなんですけど、グラウンドが一緒だったので、中学と高校で違っていても、仲良く優しくしてもらっていました。君島さんのプレーが好きで尊敬していたので、一つ一つの動きを教えてもらっていました。そういう意味では君島さんから教わったことが、今でも自分がスタンドオフをやっている原点だなって思いますね。プレースキックを蹴るボールの置き方から歩数までも、最初は全部君島さんの真似から始めました。最終的には自分なりにアレンジはしているんですけどね。(笑)

――慶応大学に進学された理由は?

僕が高3の時は早稲田が強くなっていった時期で、高3の春くらいまでは早稲田に行きたいと思っていて悩んでいました。ですが、その頃清真の先輩が毎年何人か慶応に行くという流れがあって、先輩がたくさんいるから新しい環境に入ってもすぐ馴染めるだろうという期待と、高校時代の先輩ともう一回ラグビーしたいなっていう思いもあって慶応を受験しました。

――慶応大学のラグビー部に入部して印象は?

高校時代もタックルに対する意識が高かったんですけど、慶応はそれ以上に強くて。慶応の昔の試合はあまり知らなかったんですが、入ってみると100年以上続いてる伝統のひた向きなプレーや「魂のタックル」って言うんですか、そういうのにはすんなり受け入れられて、良い印象がありました。入学した当時は早稲田との差はありましたし、多少なりとも強いチームへの憧れはありましたけれども、差を縮めて勝った時の喜びは最高だろうなと思ってプレーしていました。

――早稲田との差は縮まりましたか?

慶応が強くなったか、早稲田が弱くなったのかは見る人によって変わるとは思うんですけど、僕が入学した頃からは少なからず差は縮まったかなと思っています。ただやっぱり、大学4年間公式戦で勝つことが出来なかったですし、試合の勝ち方を知っているというのが早稲田にはありました。ハングリーさに差があったと感じますね。

――社会人でもラグビーを続けようと考えていましたか?

慶応って、ラグビーは大学で終えて卒業後は一般企業に入ってバリバリ働くっていう先輩が多かったので、僕もその流れに乗ろうかと考えていたんです。大学4年で日本一になれば心置きなくラグビーやめられるかなと思っていましたが、正直ラグビー無しの自分の生活が考えられなくて。それに同期の中には社会人になっても続けたいのに出来ない人もいたので、社会人でもプレー出来る可能性を持っている自分の置かれている状況をありがたく思わないとだめだなと思い始めました。だから、社会人でもラグビーを続けることに決めました。また、僕の試合が同期が集まれる場になればいいなとも思っています。

10番への強いこだわり

――NTTコミュニケーションズに入社するきっかけは?

当時はまだトップイーストでしたし、NTT東日本からNTTコミュニケーションズに部を移したばかりの間もない時期で、まだ新しい、完成されていないチームというのも聞いていました。常勝軍団みたいなところに行って揉まれてみるのも魅力でもあるんですけど、まだそこまで強くないチームに入ってチームを強くしていくのにも魅力を感じて入部を決めました。

――栗原選手も高校、大学の先輩にあたりますね

栗原さんはもう大先輩で、大学時代にアドバイザーとして何度も足を運んでもらっていたので、その時から交流があって仲良くしてもらっていました。僕が就職先を考えていた時期に、ちょうど栗原さんもサントリーから移籍をしようとしていて、行き先の候補にお互いNTTコミュニケーションズが入っていたので、相談させてもらっていたりしました。だから、このチームに決めた理由の中にも君島さんがいるっていうのと、栗原さんと一緒にプレーが出来るっていうのがありました。ShiningArcsで一緒に練習して、タックル練習で体をぶつけ合ったりしたときに、かつてはコーチと選手だったので、「お前とまさかこういう風に同じチームでやるとは思わなかったな」と、栗原さんから笑いながら言われたことがありました(笑)。

――ShiningArcsで実際プレーをしてみた印象は?

最初は自分の思うようにボールを動かせないことに、もどかしさを感じていました。でも、やはり体も大きいし、強化をしているチームということもあって一人一人が持っているポテンシャルは高いなと思いました。トップイーストのチームということで、甘く考えていた部分もあったんですけど、油断していたら試合に出られないなと入部してすぐに思い直しました。

――昨年はセンターで出場することが多かったですね

入部して半年間は会社の研修が多かったので7月くらいまでは練習にも週1、2回しか出られませんでした。それも平日はウエイトだけ。土曜日にやっと全体練習するという状況でしたのでチームとして合わせられる時間も無く、スタンドオフとして試合に出場する機会もほとんどありませんでした。そうこうしている内に、夏合宿の時にシャノンヘッドコーチから12番で使いたいと言われました。正直スタンドをやりたいという気持ちがありましたし、入部当時からそのことをずっと言っていたんですけど、1年目だし試合に出ることも重要かなと思って、12番は初めてだったんですけどチャレンジしてみることにしました。高1、2年はフルバックでしたけど、それ以外はずっとスタンドオフでしたので、12番は新しい世界でした。

――スタンドオフには尊敬する先輩の君島選手がいますが

NTTコミュニケーションズに決める時に、ずっと尊敬して目標としていた選手がいるところに入って、試合に出られるのかなという思いもありました。でも残りの自分のラグビー選手としての人生を考えると、目標としていた選手に追いつき追い越すことにかけるのもいいなと思いましたし、やるべきだなと考えましたので入部を決めました。でも1年目は12番をやったこともあって、予想もしていなかった二人で一緒に試合に出るっていうことが実現しちゃったんですけど(笑)。今年は自分の中ではスタンドオフで勝負しようという思いがあります。その中でライバル意識はありますが、険悪な雰囲気になるんじゃなくて二人でしっかり情報を共有しながら、お互い切磋琢磨してやっています。あとはやっぱり自分は君島さんのコピーになっても仕方が無いので、いかにその中で自分の色を出していけるのかっていうのが、僕が秋に向けて試合に出られるかどうかの重要なところだと思います。

――入部1年目でトップリーグ昇格を決めた感想は?

このチームに入るからには、偉そうな言い方になりますが、1年でトップリーグ昇格させないと意味無いなと思っていましたので、決まった時はほっとしましたね。別に僕がどうこうした訳では無いのですが、会社とか周りの期待もありましたので、嬉しいよりもほっとしたというのが大きかったですね。それだけにトップリーグで自分がどういう風に活躍できるかっていうことも考えています。

――トップリーグではどのように戦っていこうと考えていますか?

まずは同世代の選手には負けられないという思いもありますが、チームがトップリーグに在籍し続けて上位を目指せるようなチームにしないといけないなと考えています。技術は練習でしか身につかないので、もうやるしかないんですけど、あとはメンタルな部分で負けなければ、試合中で物怖じしないで向かっていけると思います。技術と共に気持ちを充実させてシーズンを迎えられたらいいなと思います。

――最後にファンの方に向けて、メッセージを

僕のファンは少ないと思うんで(笑)。まずは顔と名前を覚えてもらうことですね。試合会場や会社でもそうですけど、見かけたら声をかけてくれたら嬉しいです。あと今はNTTの10番と言ったら君島良夫というイメージがあると思うんですけど、今年は自分として10番にこだわりたいので、それを一新できるように頑張りたいなと思っています。秋の背番号10番に注目してください。君島ファンが多いので敵に回すのは怖いんですけど(笑)、応援よろしくお願いします。